2006年12月

2006年12月26日

珍しくまたドラマに

昨日はドラマのことについてふれてたんだけど、今日の週刊誌の中に次回のNHK 大河ドラマに柴俊夫夫妻の娘が抜擢されたことについて、同じような境遇の松たか子 とは違い舞台や芝居を経験してない者には・・・と共演者は冷ややかという記事を 読んだ。きっちり基礎を積み上げた人には苦々しいものだろう。 こういうのは下積みもしてないのに抜擢される会社の人事にもよくあること、納得 する人も多いんじゃないだろうか。 まだまだ若輩者ながら下積みもしくは厳しく指導されたり、とにかく人の下であれこ れ指示を受けたことのない人間は人種が違うようにさえ感じる。 他人に気を使い、空気を読み、協調しときには自我を抑え我慢しなければならない ことを経験するのだが、そういう必要がなかった人とそうしてきたもしくは現在も そうしている人とは合わないなあ・・・ 話は戻るけど芝居なんかだと上手のな人は目、仕草がものをいうと思う。 セリフやカットによる編集じゃなくず~とシーンも伸ばせるし、そういう場合の間 なんかもときにはいい描写として感じる。 多分役者の世界ではいろいろ学び自分にあったものを構築し、さらに監督やなんか もいろいろ違う元で指導されることで円熟味を増すと思われる。 だから古参の俳優さんはいいし、名前だけ人気の「タレント」とは完全に差がある。 以前はドラマをみてたのに見なくなったのは「見るに耐えない」その芝居にあった んだというのを最近になって感じた。 やはり上手で話も面白ければ誰が出演していようが見てしまうものですわ。 見てないけど「芋たこなんきん」が人気あるらしいけど、それもまさにそういう理由 何じゃないかなと思う。

taka1346yu at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)芸能 

2006年12月25日

たまには

面白いテレビ番組がないから偶然つけてたりしたものを少しだけ見て、つまらなかっ たら次々換えていき、それでもダメなら消している。 そんな中最近時代劇を見てしまうことがある。 なめちゃあいかんねえ。 時代劇はしばりが多い、ご存知のようにその時代の設定があるから脚本家としても 難しいと思われるし、俳優さんもちゃらちゃらした現代ドラマならどんな者でも ある程度当てはまると思うが、こちらはそうはいかない。 そんなだから意外に話の展開が面白く、また役者の芝居が上手い。 ほとんどの人が舞台とか映画を経験してるんじゃないかな。 たまに現代ドラマをちらっと流すと話もツマラナイ以上に役者が下手で・・・ 舞台はカットがきかないけどドラマはいくらでもカットそして編集が出来る。 そうなると極端にいえば、おいらだってそこそこの芝居が出来るつうもんでしょう。 でも舞台ならそうはいかないもんね。 そうそう最近特殊効果やCGまでアカデミー賞が設定されてから、そちらばかりが 進化し肝心の映画の内容ががっかりなハリウッド映画、こちらもカットが多い。 話の展開は起承転結で構成されワンパターンになってるけど、たまにヨーロッパ系の 映画を見るとなんとなく違うなあと思うことがある。 それがわからなかったけどある人が教えてくれたのは、ヨーロッパは舞台の芝居風に 映画のカットも考えられているということ。 そういえばよく見ると背景と役者のシーンが長いね。 ハリウッドは役者のアップやシーン展開が速いもん。 こういうのもあって俳優、役者と言われたい芸能人は舞台を目指すんでしょう。 それにしても日本の時代劇はなかなかなもんですわ。 まあ好んで見ることはないと思うけどたまにはいいな。 けっこうNHKのものなんかは登場してる人たちも豪華でまた脚本に前持った知識が ないものほどバイアスがかからなくて楽しめます。 冬の夜長にぜひ・・・

taka1346yu at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビ 

2006年12月24日

グリーンクリスマス

今年のクリマスイブは暖かかった。 思い返しても同じような感じはあまり記憶にない。 雪国なんでけっこうこの時期はかなり寒いか雪になるんだけどな。 おいら的には恒例の一月一日元日スキーを雪があるときにはしている。 これがまた意外にいい雪が降ってることが多くて、また一日から滑ろうという 変わり者も少ないためほんま穴場。 でも今のところでは今年はというか来年になるが無理の可能性大、ちと寂しい。 有名な山下達郎の「雨は夜更け過ぎに~」の曲のようになるとウキウキする。 特に夕方あたりからそんな感じになり、夜になってなんだか静かだなあと窓を あけると一面の銀世界なんていうときは寒さよりもうれしさの方が大きい。 まあ、おいらみたくスキーがしたい人間はそうなんだけど、興味のない人には 地獄の季節になることだろうな。 スキーの方は年々衰えていくけど、楽しみ方には変わりない。 今シーズンはどんな仲間とどんな風に楽しめるだろう。 雪も降ってないのにそんなことを考えるのが今の数少ない楽しみ。

taka1346yu at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)街角 

2006年12月23日

見所がちゃうんちゃう

夜のスポーツニュースの中心は新しく大リーグに行く事になった選手たち。 何十億の契約金、年棒ばかりに目が行ってるが・・・ あちらでは高給ながらも「寄付」という精神が根付いている。 それは多分キリスト教に由来しているのだと思うけど、そのためほとんどの選手が 野球チームを支えたり、中南米の選手だと祖国にいろんな施設を造ったり、もちろん 普通に寄付をしている。 日本人大リーガーの多くもなにがしらかの形でしている。 そんなだから選手の高給に対するアレルギーは日本人より少ないと思われる。 その根幹にはファンへの感謝、貢献がありすばらしいと思う。 日本はまだまだ野球協会も一本化されてないし、選手の中にもなにかしたいと思って いるだろうけどはたして・・・ したい選手もいるだろうけど、しやすいような環境、そして税制優遇なんかももっと していいんじゃないかと思う。 ニュースも年棒の額ばかり終始するのではなく、そのお金が選手によってどう使われ ているのかを報道してほしい。 こういう寄付が上手に使われないから訳のわからない詐欺や宗教に心あるお金が吸い 取られていないかなあ・・・ ある意味心の不景気だね。

taka1346yu at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ 

2006年12月22日

ひがみ節

ふとテレビをみてると今週のキーパーソンは本間氏と森本レオ。 どちらもわかっちゃいるけど・・・だ。 つまり政治・経済の地位ある者は愛人を囲み、芸能人もよくなんちゃら相関図みたい なのが週刊誌に載ってたりするするようにまことしやかに言われてるけど真相は・・ 的な話がせきららになってしまった。 これについて意見は様々だと思うが、おいら的にはもてる男は仕方が無いと思う。 ただ今回のように地位と芸能界の先輩という図式のようにその人本人の魅力は 疑問符がつく場合は汚いという気がしてしまう。 政界では細野議員が山本モナと問題になったが、あの人はもてるからなあ・・・と いう感覚と芸能界でも浮名を流す真田広之のようなモテ男とこのたびの件を一緒に はしたくない。 ただ前にも書いたが地位や名誉もしくは影響力がある人はやはり自制してほしい。 立場を利用して異性にいい生活をさせるために金を使うというのは過去の例から 枚挙にいとまがないため、夫婦でさえ仕事と家庭は分けてほしいと願うくらいなの に、まして愛人とかだと気をひくために何をするかわかったもんじゃないから。 モテない男のひがみ節みたいな感じだが、こういうのはやはり美しい国日本といわ れた頃にはどうだったんだろう・・・えっ妾がいたって。 ただそういう人はサムライじゃなかったと思うよ。 最近の子供は我慢できないとかいうけどいい大人も我慢してほしいもんだね。 美しい国にはそぐわない話だと思うが安倍さんはそう思ってないみたい・・・かな?

taka1346yu at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)話題