2008年02月

2008年02月24日

カズヨシ

ミウラカズヨシといえば「ロス疑惑」「疑惑の銃弾」そして「フルハムロー ド」の三浦和義だったのを久々に思い出した。 騒がれていたのは1984年(昭和59年)だったというから、あれから 20年近くたってしまった。 多分30歳以下の人にはまったくわからない事件だったと思う。 当時の人気最高番組「俺たちひょうきん族」では故景山民夫がフルハムミウラ というリングネームで登場し子供たちを大いに笑わせてくれたものだ。 そして裁判は長引き大手出版社が名誉毀損で訴えられるなど事件そのものの 記憶は徐々に薄らぎ、三浦和義という存在は犯罪者からお騒がせ人物として 変わっていったように思う。 1990年に三浦知良がサッカーの本場ブラジルから凱旋帰国した。 それでも当時は「和義」の方が印象があり、カズは「たけしのスポーツ大将」 で素人相手にラモスと一緒にサッカーをしていた。 キングと呼ばれるのはまだ数年先のことでJ発足1992年以降となる。 バブルにJ発足そしてW杯と90年代は三浦カズの時代。 ダンディなカズが雑誌やCMに登場するかたわら、たまに見る和義氏はその 反対に白髪だらけでメディア相手に丁々発止を繰り広げた勢いもなくなって いて1998年に無罪で再登場したときにはカズヨシはキングカズのものと なっていた。 その後は賑わせたのが万引き・・・おいらははめられたんじゃないかと邪推 したけど映像もあり、それを見たとたんにこの人は本当は根っからの犯罪者 なのかもしれないと思った。 今の段階ではまだどういう扱いがなされるのかまったくわからない。 思ったのは「カズヨシ」という名前のこと、彼の名誉毀損がその後にも 影響し、オウム事件のときに青山という弁護士が登場してメディアをけん制 した遠因になったんじゃないかというのと、アメリカでは殺人事件の時効が ないのはスゴイなって感じた。 キングカズがもうそろそろ引退かなあって思っていたときにこの逮捕。 いやあどちらにせよ、カズさんはすごいね。 ただ苗字は違うけど森田一義だけはどちらにも負けずに残っている、

taka1346yu at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ニュース 

2008年02月23日

あと一歩

今日は少年サッカーのフットサルの引率で出かけた。 チーム発足5年、人数も少なくなかなか結果が出ないうえ両隣の町が強豪と いう厳しい環境ながら少しずつは足場が固まってきているはず・・・ という思いで試合にのぞんだ。 人数が少ないチームでは11人より5人の方がメンバーを集めやすいし けっこう良いメンバーもそろえられる。 今回はなかなかいいんじゃないかと期待はかなり膨らんだ。 4チーム4ブロックで上位2チームが決勝リーグ進出する。 さてさて試合、我がチームはまずまずのブロックに入れた。 これならいけると思ったし1試合目は終始こちらのペース、しかし勝利の 女神は微笑んでくれなかった。2試合目はなんとか勝利し3試合目に勝てば 2位が見えてくる。強豪でもないし可能性は十分そして試合開始から圧倒的に 攻めまくり勝利は時間の問題かに思われたが・・・ 一瞬の隙でやられてしまった。残念ながら最終結果を待たず敗退。 う~んドーハの悲劇のときに日本が世界まであとわずかというところまで いきながら願いが届かなかったときを思い出す。 ラモスも語っていたけど「まだ何かが足りない」んでしょうか。 子供たちの情熱、ひたむきさとチームの歴史というのが頭をよぎる。 勝利への執念や経験は簡単じゃないことは確かで、オイラ自身もスポーツして るとからこそ彼らにまだまだ足りないと感じる。 それでも今回の悔しさは我々の一つの糧つまり歴史になったと思う。 次につながる収穫は十分あった。 なによりその思いを子供たちと共感できたことがうれしい。 ドームでの大会、一日中吹雪だった。

taka1346yu at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ローカル 

2008年02月22日

休み

消防の監査のためお休みします。 明日は大雪になるという予報だけど京は暖かかったなあ。 週末はどうなりますやら・・・

taka1346yu at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)休み 

2008年02月21日

休み

ご近所さんバレーチームの練習。 初練習、体は大丈夫かなあ・・・

taka1346yu at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)休み 

2008年02月20日

ひでぇな

今日は東アジア選手権の二戦目中国戦、少年サッカーに行かなきゃならなくて ビデオ録画することとなった。そのため試合終了後に観戦。 中国となると試合以上に興味が尽きない。 なにわともあれ動物もとい中国人たちのマナーに注目、それに訳のわからない ブーイングや意味不明に盛り上がる歓声とちと痛すぎる。 さあ国歌斉唱、おおっとなんか違う。 気づいた方も多いかもしれないが音声がデカイ!ははあスピーカーの音を 上げてブーイングが聞こえない作戦に出たか、単純だけど効果的だね。 ここで芽を摘んだのはなかなか、TBSアナなんかここぞとばかりに誉めそ やすんだもん嬉々としてたぞ。 「今日はマナーを・・・お客様に気持ちよく・・・」 いやいや動物にはそんなの関係ねえ。 試合開始、序盤は良かった、つうかサッカーになっていたね。 日本が立ち上がり慎重だというのをついて猛攻をしかける作戦はさすが、 でも良かったのはそこまで、体力がなくなり技術の差が出てくると格下が やるのがラフプレイ、恐れていたとおりの展開。 拍車をかけたのは審判だったのが最低、でも宗主国様をなんとかしなくちゃ ならないだろうから必死だったんだろうな。 レベルが低すぎてわざとという感じじゃなく未熟さが目立った。 それにしても中国の選手はヒドイね。 ただあいうのは球出しが遅いからやられるともいえる、そういう点では日本 代表はもう少し方法があったと思う。こちらもまだまだかなあ・・・ こんな低レベルの大会で選手生命を脅かされるのなら止めた方がいいね。 さもなくば審判くらいは参加国以外がやった方がいいと思う。 勝ち方よりも勝ちを優先する国にスポーツはしてほしくない。

taka1346yu at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ