2008年08月

2008年08月26日

久々の運動

今日は久々にサッカーの試合に出場。 ここんとこ運動してなかったんでかなりきました。 それにしても涼しい、これが続いてくれたらいいけど また暑くなるだろうな。 というわけで疲れました。 今夜は早く寝るとします。

taka1346yu at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)休み 

2008年08月25日

「おバカ」ってなんや?

オリンピックが終わりテレビもいつもの番組が戻ってきた。 といっても見たいものがあるわけじゃなし、時間つぶしにチャンネルをかえる 程度で本当に見たいものはビデオ録画というのがおいらのパターン。 そんな感じだけど今日ざ~と見てたらどうもクイズ番組は虫唾が走る。 ご存知のようにアホなタレントが登場してて画面の隅に「おバカ」と書いて あるのが頭にきた。 「おバカ」っていうのはちょっと可愛げがある。 賢い人や真面目な人また子供なんかが無邪気に面白いことをしたときにおバカ な行為として使うべきで、アホ・バカタレントに使うのは違和感がある。 芸人でも昔から藤山寛美とかドリフや新喜劇のように計算した芸でバカなこと をするというのは笑わせているのであって笑われているんじゃないといわれて きた。芸人でもプライドの高い人は計算外で笑われると激昂するというのを 耳にしたこともある。 ところが最近のタレントは「クイズ」や「常識」といったものが答えられない ということで、これははっきりいってアホ・バカちゃうかな。 決して「おバカ」ではないし計算であってもそんな脚本こそバカでしょう。 しかもそういうバカを笑いものにして楽しむなんておいらには絶対無理。 韓国では病身舞という身障者や不愚者を笑いものにした差別的な最低の芸が あるけど、それと変わらないと思うもん。 そしたらなんと中学生が集団で身障者の子供を長時間暴行し、枝をマイクにし て「痛いですか」なんてやってた事件が起きた。 直接バカ番組とは関係がないにせよ、どこかでつながるものがあると思う。 芸人が自ら体を張ってるうちはまだ我慢できた。 それが若手タレントやバカを笑いものにする傾向になり、それをいじり大御所 などと呼ばれて喜んでいるような番組は早く去ってほしいし、そういうのが視 聴率をとるからと同じようなものを制作し、またそれに加わるスポンサーは 呆れてはててしまう。 確かに高尚で真面目なものばかりも面白くないし、クイズ番組もなかなか良い ものもある。そろそろこのくらいにしておかないと・・・ メディア自体がバカにされてしまうよね、いやもうされてるか。

taka1346yu at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

2008年08月24日

兵どもが夢のあと

オリンピックが終わる。 今後はどんなことが出てくることやら、こんなの過去にない。 上海万博までもてばいいけど・・・ ニュースを見てたら日本選手団長のインタビューで野球とマラソンを批判 してた。当然でしょう、どちらも選手村を離れホテル泊まり(男子サッカー もと言う話も)、マラソンは故障を知りながら直前までだまっていたことで 補欠選手を準備できなかった。 独自調整の結果、成績が振るわなかった野球とサッカー男子などについては 「強い選手を各球団から五輪直前に集めてチョチョッと練習すれば勝てると いう甘いものじゃない」と指摘。 「普段から五輪チームを組織し、一年以上前からトップ選手を集めて合宿や 海外遠征をするなど連帯感を高めないと勝てない」と今後の編成、強化方法 に注文を出した。 プロは結果を出さなければ過程が問われてしまう。 自由には必ず責任がついてくるもんね。 何を言われても仕方ないわな。 テレビではメダル取得選手たちが出演する番組が目白押し、善戦した選手も 登場するなかこれら人気種目では出場もしてなかったような扱いが笑える。 ちったあ冷や水を浴びることも大切でしょうね。

taka1346yu at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ 

2008年08月23日

負けから学ばないと

野球もサッカーも見るのもするのも大好きな身、だからこそ今回の五輪代表の 結果はあまりにも悲しすぎる。結果以上に人選・采配・過程がね・・・ どちらも勘違いしてないかと思う。 というのは大リーグやヨーロッパのリーグなんかがそちらをメインにして国の 代表試合なんかに非協力的なのは有名なんだけど、どちらも高給だしファンが リーグを大事にしていたりという現実がある。 でも日本の場合はどうかなあ、サッカーなんかはまだまだJよりも代表に注目 という感じだし、野球でもWBC優勝効果はかなりでその後注目されなかった パ・リーグの選手が優勝後は扱いがまったく変わったと思う。 それなのに・・・・ サッカーに関していえばチームが出し渋り。おいおいW杯ドイツ大会の後 それまで代表の試合はチケットがかなり売れてたのに最近は急降下してる。 確かに長い目で育てる、チャンスを多くの選手に与えるというのも必要だけど もう次の大会の予選は始まってるぞ~。 アンダーではけっこういい成績をおさめているから注目しているファンも多い のに、A代表の岡ちゃんといい今回の反町といい疑問符だらけ。 そんな状態が続けばファンが離れてしまう気がする。 野球の場合はようやくプロアマが同じ席についたところで全体を統括する 日本野球協会のような組織作りがない。 今回の件でいえば星野監督とその周囲の人たちの人選のみで、もっと他の意 見が入るような仕組みがないのが残念。 だからチームも補償とかそういうのもあって渋るんじゃないかな。 まあソフトボールとなでしこの活躍でしばらくそちらが注目されることで 反省してくれることを期待するけど、のどもと過ぎれば何とかにならない ことを祈るばかりです。 ピッチがどう、コンディションがどう、ストライクゾーンがどう・・・ がんばった女子では出てこないもんなあ。

taka1346yu at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ 

2008年08月22日

勝ちに不思議あり 負けに不思議なし

今日のオリンピックはスポーツの明暗を見た感じ。 まず野球は昨日のソフトボールのこともあり興味津々だった人も多かった でしょう。女子に続け~てなもんだったけど・・・ 7回まで見てて藤川が投げた時点で見なかった。 まあどっちでもいいや勝てばそれでいいくらいのもんでWBCほどの真剣さ がこちらにもない。だいたい本気の選手選考じゃなかったし。 随分経ってからテレビをつけたら右上に「明日三位決定戦へ」て書いてある のを見て負けを知った。2-1だったから2-3?2-4?そしたらなんと 2-6で負けたというから穏やかじゃないね。 今回は球団の協力、JPBあげての協力、選手のモチベーションそしてなに より首脳陣の采配能力これら全てが疑問符だっただけに結果は驚かない。 それどころかこんな状態でメダルが取れるなら野球はレベルが低いと思って しまうに違いないしもちろん勝利の女神も微笑まない。 とはいえ、負けるのは気分がよくないもの今日は昨日のようになんか燃える ものがないかなと思ったら男子の4×100で銅メダル! 強豪が脱落したとはいえそれも実力のうちで棄権したわけじゃないんだから 堂々の結果と言える。 こちらはインタビューで先輩のあきらめなかった挑戦を口々に語る姿を見て 勝利の女神が微笑んだ理由がわかったように思った。 その姿は苦杯をなめてきたソフトボールの選手たちとだぶる。 メダルを獲得してそれを見せたいと思う先輩たちがいる競技と金メダルなら 講演料が上がるだのボーナスがもらえるなどというレベルの野球とでは差が つくのは仕方がないでしょうね。 思い返せばどんな種目も山あり谷ありで順調にきているのなんてほとんどない 状態、それは日本全国でスポーツしているプロからアマチュア全てにいえる ことで、頂点を目指す難しさ、頂点を維持する難しさからチームを続けると いうものまでたくさんのドラマがある。 残りわずかのオリンピック、今回は過去例がないほどいろんな気持ちを味わい ました。それにしてもサッカーと野球の男子は日本を代表するプロスポーツの はずが・・・もう言いたくないわ。

taka1346yu at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ