2010年05月

2010年05月30日

イングランド戦

今夜のイングランド戦は前回の反省を踏まえ、どれくらい修正しているのか 興味をもちながらの観戦、スタメンは一部変更があった程度で特別どうって ことなかったけど、なんかいい感じ。 ふと見ると俊輔がいない。最近は守備をしないとかケガをしてるとかとにかく 万全じゃなかったのは確かでしょう。また全盛期を過ぎた選手、名前だけで どうになるようなものでもない。 今の日本はとにかく動ける、やれる、走れる人がいい! そしてその通り試合も早々と動いた。 結果は残念だったけど、負けてもこういう内容ならファンもそれほそ頭に来ない と思うな、得点チャンスもあり、ディフェンスもけっこうがんばったし、失点 も仕方がないといえる範疇。 ただしコンディションに助けられたともいえる。 次回の親善試合でまたもとの代表に戻ってないことを願うばかり・・・

taka1346yu at 23:35|Permalinkスポーツ 

2010年05月27日

アップル社すごいね!

グローバル化、国際化、ボーダレス・・・誰もが素晴らしいと絶賛する。 まあ良いことも悪いこともあるでしょう。 しかし商売においてそれと逆の方向に動く人たちがいた。 いわゆる独占とか互換性のない製品を作る会社がそう。 パソコンで思い起こされるのは初期のNEC、他のソフトとは互換性が無く 最初はシェアが大きかったから良かったけどそのうち他の会社が多数参入し 互換性ができると一挙にPC98シリーズは消えた。 有名なベータ対VHS戦争で負けたSONYはそのトラウマから、方式さえ 自分のところが取れば勝ちで、後は互換性が無くても大丈夫と勘違い。 プレステの人気はすごかったけど1.2.3と続くうちにソフトが使えない 不便さにいくら性能がよくても消費者はそっぽを向きだした。 そしてマイクロソフト、未だに未完成ともいえるWINDOWSシリーズ、それでも MACには追随を許さなかったけど、アップル社は眠ってなかったね。 iPodを皮切りにした数々のシリーズで巻き返し、なんと21年ぶりにMS社 の株価を上まわったという。 不景気になればいくらいい製品でも互換性がないと買わないでしょう。 同じ会社のものを買えなんて時代遅れの考え、もちろん良い物なら同じのを 買うけど、往々にして一社独占になると性能が落ちてしまう。 iPadがパソコンの形を変えてくれるでしょう。 そうなるとマイクロソフトは過去のもの・・・そんな時代が来るかも。 だってパソコンでやることもだんだん限られてきたからね。 融合と互換性そして簡単、安いじゃないと!

taka1346yu at 20:57|Permalinkニュース 

2010年05月26日

寒すぎる

寒いですねえ、衣替えの6月1日がここ数年それまでに暑くなってしまうため 死語になりつつあったのに、今年は昔に戻ったみたい。 一昔前はこんな感じだったと思います。 ここ数年がおかしかったんですね。 そう考えると温暖化はどうなっているんでしょう? そもそも人間の力ごときで解決できるものなんでしょうか。 まあもう少しすればそちらの方も結論が出ると思います。 そこんとこは冷静に見守るしかないでしょう。 これだけ寒いといろんな影響があります。 着る物はもちろん食べ物に室内のレイアウト、まだほかほかカーペットは そのままだし、布団も一度は薄手にしたのにまた戻しました。 いつまで続くんでしょう。 たまの晴天がすごくうれしい変な春です。

taka1346yu at 23:09|Permalinkひとりごと 

2010年05月25日

引け!去れ!辞めろ!

この道は~どこ行く道~♪ さながら第二次大戦末期の大日本帝国のような弱体ぶり、これから大きな大会 に向える状態じゃないことはサッカーファンならずともわかる。 この一年な~んも変わってない。選手も戦術も戦略もそして責任のありかも。 ついに岡ちゃんは昨夜の負けで進退伺いをした。 この伺いつうのもやっかい、だって今の時期だよ、本当なら半年前にでもやっ とけつうの、今だともし大敗しても「ちゃんと伺いを立てましたよ、やれと 言ったのは協会だから仕方ないよ」って逃げたも同然。 協会にしても日本帝国とまったく同じ、情報も戦略もなければ川淵天皇が指名 したということでビクつき、誰も解任なんてできない。 そのくせ責任の所在はないし、選手にしてみりゃ南アフリカで玉砕だわな。 初めてのときはしゃあないと思ったけど今よりはずい分よかった。 日韓は最後のトルコ戦だけが???だったが、それでも十分合格点だった。 良かったのはこの二大会だけだね。 ドイツでは強烈な個性であった中田がチームの不協和音を引き起こし、今回は 協会と監督が将来の人事とか、自分の地位ばかりで無茶苦茶にし、さながら 天下り法人と同じような組織になっている。事業仕分けしてもらえ! 昨夜の試合でもう少し長い目でと思った心優しいファンもかなり減ったでしょう。 オイラは完全にアウト派ながら一応修正があったか、何か進展は?と思いながら 観てたけどあきませんわ。プロとも代表とも呼びたくもない状態。 過去成績が悪くても海外から呼び声があったのに、今回はそれすらもないく らいヒドイものになりそう。 本田を生かせず、松井も殺し、旬が過ぎリーダーシップの発揮できない俊輔 と遠藤頼み、そしてなぜ大久保?なぜ長友?なぜと思う選手の起用。 総理大臣はコロコロ変わるだから日本代表の監督が代わったってどうってこと ないのになあ・・・まあこの反動はかなり協会に向うだろうね。 入場収入や全国のサッカー選手の登録費用でも成り立っていることに気づけ よな、まあどうなってもいいわ。一度やられないとダメなんちゃう。 南アフリカ大会はサッカー界がプロ化したのと同じくらいの再編の引き金に なりそうな気がする。なぜなら前のようにW杯出場ではなくもっと高い目標 になっているんだもんね。アマチュア時代の人は一掃しなきゃ!

taka1346yu at 22:32|Permalinkスポーツ 

2010年05月23日

負けても

今日は地元の団体のソフトボール県大会地方予選があり、応援で行ってました。 結果は残念ながらの惜敗。 9割がた勝ちながら最終回に逆転されてしまいました。 反省会ではそれぞれが見直し多くの意見が出るのを聞いていましたが、やはり 負けは次につながるものだと感じましたね。 またくやしいという気持ちが成長させてくれることでしょう。 そう考えるといろんなスポーツに関係している身としては昨今の「勝利か」 「楽しむのか」という二つの命題について私の結論ははっきりしています。 やるからには勝ちを目指すのは当然。 でも人数不足、経験者不足、運動不足な人までいるのが現状でしょう。 子供のスポーツでも似たようなものです。 チームでの勝利を目標にしても本当に難しい。 逆にメンバーを絞り、集中的に練習しやればある程度のところまではいけます。 ただし翌年や再来年も同じことができるかというとこれまた困難。 ですから楽しむというのはちょっと勘違いしやすいけど、個々の能力を上げる、 チームの和を結束させることで劣る点をカバーする、長年そのスポーツを続け るなどがプロやセレクションを目標にしない者には背伸びをしない程よいもの だと思いますね。 今回は今までお世辞にも上手ななかった人が活躍したり、以前よりも成長 していたりと次回への可能性を見せてくれました。 一時はチーム存続まで問題視されていたのに喜ばしいことです。 そんな春の一日を過ごしました・・・

taka1346yu at 23:46|Permalinkスポーツ