2010年08月

2010年08月30日

止めどき終わりどき

時代はどんどん移り変わる。特にパソコン・INET・デジタル・IT・・・これ らが登場して以降は年単位いや月単位で新しいものが現れ、ついていくのがや っとという状態。それなのに変わらないもの、いや変われないと言った方がい いのか、確かに伝統や続けることは大切ながらこれはちょっとというのがある。 ご存知夏休み最終週恒例の日テレ24時間番組「愛は地球を救う」だ。 1978年に開始されたというのだからもう30年以上、思い起こせばあの当時24時間 もテレビが放映されるというのが斬新で「絶対に寝ずに見るぞ」なんていう猛者 が日本全国にいたことでしょう。また世の中の福祉をはじめとした人権意識がま だまだ低い頃でもあり、企画としては素晴らしかったと思う。 でもそろそろその役目も限界じゃないかな。 オイラも24時間のうち10~15分くらいしか見てなかったし、いろんなほころびを 過去多くの著名人が指摘してたけど、IT時代は一個人が意見を発信できるよう になったことで疑問点をするどく指摘しているものが寄せられたのだという。 Yahoo!ニュースのコメント欄では約1200件もの投稿がされており批判が相次いでいる。 ・三億円弱の募金集めるのに、15億円かける馬鹿な番組。 ・日本テレビは、数億円のCM収入料とタレントのギャラを、全額募金するべき ・なぜ午後8時45分にゴールなんだ? 完璧に計算されてる。 ・そろそろこの企画止めない? わざとお涙頂戴誘ってるようで、わざとらしい。 ・チャリティーの割にギャラ入るとか矛盾してるよな。 ・次から次へと障害者を餌に涙をさそうのはやめようや 度が過ぎるといやになる ・不謹慎かもしれないけどこの番組は障害者を”見世物”にしてるとしか思えないんだよね。 ・最後徳光さんの実況がかなりウザいウルサい耳障りだった!黙れ! ・24時間テレビを1秒も見ませんでした。 ・感動の押し売りはやめてほしいですね。 ・その番組制作費を募金しろ 出演者のギャラはずい分前から言われていました。またスポンサー費用もそう だし、なぜマラソン?という疑問も。 オイラは障害者の人たちが欲している商品や何かを24時間作り続けてみるとか チャレンジしたり前向きな人ばかりじゃなく深夜枠でダークな部分も紹介した り、健常者との過激な討論やもっと踏み込んでほしいのにどうしても頭の中に 「偽善」という言葉が踊る。 そしてそうなってからは全く見なくなってしまった。 何年前からかはまったく覚えてないけど多分欽ちゃんが降りてからかな? とにかく感動させよう、涙を流させようだけじゃあダメ、世の中の夢も志向も 以前とは大きく変わっているのだからチャレンジは日テレがするべきでしょう。 もしこのまま来年続けても意味がないと思う。 とにかくギャラの問題は明確にすべきだと思うし海外のチャリティは出演者も スポンサーも対価を求めてないしなにより情報公開されている。 そんなこともできないなら政治や行政に情報公開せよ!なんて言うなよ日テレ!

taka1346yu at 20:16|Permalinkテレビ 

2010年08月29日

炎天下の週末

金曜日から関空に行って関空夏まつりの土曜日手伝いをし、今日は地元の ビーチサッカーの手伝いをしてきました。 両日とも暑くて暑くてかなりバテましたが、夏休み最後の週末ということで 人手の賑わいはかなりのものでした。 久々の関空、ああいう景色が見渡せるところに行くと気持ちよかったです。 地元では決して見られないCAさんもいて目の保養にもなりました。(^^) 土曜日の売り上げはいまいちでしたが日曜日は人出が違うということでまた 日曜日組の人たちに結果を聞いてみたいと思います。 そして今日は炎天下のビーチ。 過去何度か手伝ってきましたけど今年の砂の暑さは尋常じゃない。 まず一番の違いが裸足では立てないということ、こんなこと今までなくそれ くらい砂が熱せられ、少しでも素足で歩いた人は水泡ができていました。 オイラも靴下を一応持参していたけどまさか使うとは思いもせず、さらに 暑さ対策に撒いた水を踏んで砂に出ると今まで感じたことのない熱砂の痛みが 足を襲い、踊るかへたり込まないと大火傷状態になってしまいます。 そんな中でも選手はがんばっていたので驚きでしたね。 レフリーでさえ疲れるくらいだから、彼らの疲れは相当なものでしょう。 なにわともあれ夏の終わり、暑さの方はまだまだ続きそうですがイベントは ほとんどが終了しました。続くは秋の行事ばかりということになります。 彼岸までに涼しくなるかなあ・・・

taka1346yu at 21:51|Permalinkわたくし事 

2010年08月27日

出発

今から関空夏まつりイベントのお手伝いに行きます! 暑いだろうなあ・・・ http://www.eventscramble.jp/cat17/post_45.html

taka1346yu at 10:05|Permalinkわたくし事 

2010年08月26日

えっ小沢出馬?!

ついに終わりの始まり。 世を知らず自分を知らず政をおこなえば必ず滅ぶことでしょう。 いやはや小沢出馬のニュースほどこの夏の暑さをさらに倍増させたものはない ほど不愉快きわまりないものです。もう豪腕だの実力だのそんなのは昔の話、 なにせ一人の政治家でどうにかなる時代は終わってるもんね。 しかも「いろいろ疑惑や悪いことも言われていますが、政治家を志したかぎり は国民の皆様のためになりたい、是非チャンスを一度!」と頭を下げれば少し は心も動くけど茶坊主どもに押し上げられた登場じゃねえ・・・ と思いきや、いろんな政治コメンテーターが語るには小沢本人は嫌がっていた との話も、真相は子分どもが我慢できなくなってということも伝え聞くけど どちらにせよそんな世間の気持ちもわからない連中の党じゃ死に体同然。 株価は下がり、円高は進み、異常気象の暑さ。 次に来るのは関東大震災か富士山噴火が起こりすべてをご破算にするほどの 天災でしか今のこう着状態を脱せない気がします。 少しは生きる気力、明日への活力、将来への希望が起きるようなニュースがほ しいけど、いつになることやら。

taka1346yu at 22:52|Permalinkニュース 

2010年08月25日

考えない人々

昨日の夜は地元イベントで子供たちによる火祭りが行われました。 オイラも消防団の一員として参加したわけですが、こういうときにいつもと いっていいくらい人間のある行動観察が面白いんです。 それはパニックになる人、ならない人の観察ができるということ。 どういうことかというと人が集まるところというのは少なからず危険がともな い、危険回避の心得がある人は周囲を観察しもし何かあっても脱出は可能か、 また見るポイントも人が集まっているからそこがベストだとは考えず状況を 冷静に判断してトラブルを避ける努力をしています。 かたやそうじゃない人は人が集まってところ、多いところがベストだと思い 込み、ほんの少し離れれば十分いいポイントがあるのに、わざわざ混雑して いる方を好みます。その姿はまさに飛んで火にいる夏の虫といった感じ。 両者の違いは自分で判断しているか、他人を判断の基準にしているかにあり、 これこそが集団パニックに陥ったときに自分で判断できず他人についていくよ うな人ほど災害に巻き込まれやすいというデータがあります。 何の根拠もなく行列に並ぶようなタイプはアウト。 あと実例では私が見たものではスタジアムでトイレの行列ができていたことが あり、ふと見るとほんの20メートル先にまったく混雑してないトイレがあるの にそちらに移動することなく行列の後に並んでいました。 またモノを買う場合でもどこの最後尾が一番効率がいいかなど、あまり深く 考えない人というのもけっこう見てきましたね。 じゃあオイラはせっかちかというとそうでもないと思います。 逆に何も考えないタイプは大型駐車場でも近い早いを気にしているし、行列 に並んでもその距離を詰め押し合いへし合いをしている感じです。 まあ背が高いから周囲を見渡せるともいえるんですが、生活の知恵または 危険回避の観点からも少し立ち止まって考えてみることが必要でしょう。 明石の歩道橋事故の教訓は警備の側からは反省されていても群集にはまった く教訓になっていないのが悲しいかぎりです。 そしてそういう人はいつまでも自己責任じゃなく主催者やお上に責任をなす りつけていくんでしょう。つまりは子供つうこと、少なくともわたしゃ気持 ちは若くても精神的な子供じゃいたくないですね。

taka1346yu at 23:02|Permalink人間観察