2010年09月

2010年09月23日

中国とクレーマー

今日は最高の番組があった、なにせクレーム処理で相手を満足させればそれ でいいのだという、笑えすぎて涙が出そう。 最初は食い物屋、そのほとんどが料理の速度、これは普通に考えたらきちんと したところなら時間がかかる、なのにセンターキッチン&電子レンジでチンな ら早いんでしょう。客が時間が遅いとクレームをつけたことに反応。 続いては旅館、チェックインで時間がかかっただの晩飯でどうたら、こういう とこはカメラで客を監視しながらサービスを決めるんでしょう。 また来た客も自分の先を読んでくれたと満足する低脳しか来ないんでしょう。 見ていて最高に面白かった。 客はクレームを言うもの、ある程度のサービスさえしておけばクレームなんて ゼロだという考え、これがアホらしすぎて最高。 どんな人でもどれだけ尽くしても満足なんていうことはない。 ほとんどの人は「黙ってる」ものだというのがオイラの考え。 逆に自分の考え以上のことなんてほとんどない。 唯一あったのはオークラと帝国だけっす。 ここのサービスは感動&目からウロコ、そのかわり普通じゃないほどの値段。 あのね、安いとこでサービスなんてちんぴらの恐喝しかないのよ。 お店のためとか全部うそ、そんくらいの気概でクレーマーに向かわないと 奴らは楽しみでやってるから次次やるんだよねえ。 その証拠にやっても無駄みたいなとこにはしない。 本当に自分の正義を貫くなら相手がどうであれやるはずなのに選んでるのが よ~くわかる。 今回の番組を見て感じたのは自分とこのクレーマー対策でしょう。 中国と対応は同じだからその仕方あるいは考え方でわかるんだよね。

taka1346yu at 20:22|Permalinkテレビ 

2010年09月22日

淡々とした日々

ちょっとした雑学ものを読んでいたときこんなのがありました。 「年をとると爪が伸びるスピードが早くなる」 そうそうと思ったけど真実は違いました。 爪の伸びる速度は変わらないけど爪を切った日から時間を感じる感覚が早く なっていて、前回から今回の間は若い時期と同じなのにそれを早いと思うか 遅いと思うかの違いなのだとか。 確かに一日、一週間が長いさすがに一ヶ月はまだ長いと感じますね。 これが一年さえ短く感じるようになれば後は・・・ 最近は外見はもとより体力の衰えも加速されたように思います。 気持ちだけは若いままだったのがついていけなくなったこともいくつかあり、 だんだん挫けることが多くなった昨今です。 ただ他人を説得したり物事に怖気づかなくなったり、そういう経験がものを いうようなことはさすがにしっかりしてきました。 なにか刺激がほしいけどそういうのも以前ほどじゃないかな。

taka1346yu at 22:43|Permalinkわたくし事 

2010年09月21日

改竄野郎

大阪地検の前田検事の犯罪は権力のある公務員が一番やってはいけないことだ と誰も思っていることでしょう。 でもどうしてこうなったのか、何がそうさせたのか、そこをきちんと調べて いかないとまだまだこういう問題は続くでしょうね。 性善説と性悪説があり、一般の世の中は性悪説で動いている。 町内会やちょっとした団体でも総会を開き一応会計とか金の流れをみんなで チェックしているけどそれでも不正はたびたび起こる。 ところがなぜか公務員の世界では性善説にも似た無謬性という言葉がよく使わ れており、それは理論や判断にまちがいがないことという意味がある。 昔は安い給料でも一生懸命働いてくれる真面目で勤勉な日本人の典型のような 人たちがやってくれていたので尊敬の念も込めそうだったと思う。 しかし今では民間よりも給料が高くなり給料を下げようとすれば「有望な人が 目指さなくなる」などという言葉が出た時点で無謬性は死んだと見て良いでし ょう。それどころか・・・おおっと本題から逸れていく、そんな死んだといわ れる中でも検察だけは正義の城といわれていましたが・・・ 鹿児島での冤罪、富山の事件しかりこの頃ポツポツとおかしな感じでした。 それらと今回全てに共通しているのはレッテル貼りと自分たちの描いたストー リーに絶対に間違いないという根拠の無い自信と無を有にしてしまう怖さ、 この人が犯人、ならばこうしてこうしたはずだからこうだと脚本を作り上げる。 村木元局長も「政治家が口利きしているはず」「上司が関わっているはず」 「知らないはずが無い」など思い込みが先行し、やってるとしたら動機は 真っ先だしやってないとしたらなど様々なパターンを考え検証するのが彼ら の仕事なのにいつのまにか小説家になっているんだから訳がわからない。 教師・公務員・警察・・・信用が第一の職業に徐々に異変が起きています。 よくOOだって人間なんだかなんて逃げ口上をいいますが、制服や肩書きが 人格を作るともいわれています。 バッジをつけているのを悪用されてしまえば何だってできてしまう怖さも あります。裁判員裁判になってよかったと思えるのがある意味悲しいこと なのかもしれません。

taka1346yu at 22:13|Permalinkニュース 

2010年09月19日

いつからこんなバカに?

今中国はひじょうにヤバイと思う。 なぜかここにきて強硬な外交を展開している。普通にみれば増長、傲慢、威嚇 ととれるだろうけどオイラは国内がかなりヤバイと感じています。 日本国内にいる反日日本人は中国が好き、それには中国の寛容さ特に残留孤児 を育ててくれたとか、過去の戦争責任は問わないとか、シルクロードのような 風光明媚な場所や文化・歴史に影響された点が大きいと思う。 70年代や80年代などは中国自身が戦略的に中国が好きになるようにし、 実際そういう日本人がかなり増えたのは上手いなあと思ってました。 オイラも喜多郎のシンセサイザーを聞きながらシルロードを見、山崎豊子の 大地の子で泣き、反日まではならなかったけど一度は大陸に行ってみたいと 思ったのが今から考えると嘘のようです。 なぜここにきて日本人を怒らすのか、反日日本人さえ黙らすのか。 また沖縄問題や米軍基地縮小しようという人までいたし、防衛費節減傾向に あったのがこの数日の強行発言で真反対になりそうな気配、このまま中国の やり方が一時の感情ではなく戦略化するとしたら米軍増派はもとより防衛費か らなにから対中政策を見直せ!という日本人がかなり増えるし反論も許さない ほど世論が一致してしまうかもしれない。 オイラは中国の戦略はしたたかで上手に日本人を切り崩してると思ってたけ ど、ははあ反日教育を受けた世代がけっこうな役職になってきたんでしょう。 困るのは中国自身で日本の右派がずいぶん大人しくなっていたのにね・・・ 内憂外患のことわざどおりになりつつありますね。 とはいえ、今こそ冷静に!すぐにカッカすると思うつぼ、黙って知らんぷり しながら軍備増強・米軍と手を結ぶ、そして中国にもいるはずの対日友好派 とも手を結ぶ必要があるでしょう。 ひょっとしたら前原さんがわりに親米だから、それに反応してるかもしれない けど、今回は日本の保守も呼び起こそうでホンマ下手うったなあしか思えません。

taka1346yu at 23:23|Permalinkニュース 

2010年09月18日

小沢色一掃GJ!

テレビではしきりに新内閣のやつやってて、そのたびに「小沢を応援したか そうじゃないか」ていうのを言ってるのが間抜け。 どう考えても小沢を応援した奴なんてポストがほしかっただけでしょう。 だいたい本人が出たくかなったんだしね。 友人だという石井氏でさえ「出馬は筋が違う」と話してたけどそれが普通の 感覚であって、意地汚いのがバレバレ。 そんな連中を入れなかったのは一応評価したいと思うね。 ただまた???なのが岡崎トミ子とかいう人、まだよくわからないけどネット なんかの過去の経歴を見るとちょっと引く。 消費者・少子化はいいとしても国家公安委員長はどうだか、また前回問題に なった法務大臣だけど今回の柳田稔氏はどうなんでしょうね。 そしてとりあえずは前原外務大臣にバシッと中国・アメリカ問題をやって ほしいと願います。

taka1346yu at 22:45|Permalinkわたくし事