2010年12月

2010年12月31日

ついに今年も最後の日がやってきました。 オイラにとっては激動の1年、忘れられない年になりました。 良いことと悪いことを比べるとやはり悪かったです。 来年はいい年でありますように、それしか言えません。 神頼みでもよくないと知りつつ、どうしても自分の努力にも限界もありと なにやら言い訳モードになっていますが、やはり何かにすがり付きたいかな。 変わらない方が良いんだけど時は無常に過ぎていきます。 子供から大人へ、責任ある立場へそして体の衰え・・・ そうなるとどうしても変わらなければならないようになります。 来年も嫌なことやいろんなことに向き合うこととなるでしょう。 でも1年後の今日、自分によくがんばったと言える日にしたいものです。 今年も稚拙なこの場所に暖かく見守ってくださった方々のご健康とご発展を お祈りし、感謝の挨拶にさせていただきます。

taka1346yu at 22:20|Permalinkわたくし事 

2010年12月30日

今夜は消防の年末警戒に行きます。 これが今はオイラにとっての年末を感じさせてくれる行事。 とはいえ、すぐに年明けにまた初出があります。 今年は消防の人たちに迷惑をかけることとなり心苦しかったですが、それで も入団しているからこそまだ許してもらえた部分でもあります。 そうじゃなかったらゾッとしますね。 さてさて今年最後の出動、ぼちぼち出かけますか! 雪が降らなきゃいいですけどね。 戸締り用心!火の用心で大晦日を迎えましょう。

taka1346yu at 18:13|Permalinkわたくし事 

2010年12月29日

いよいよカウントダウンに入りました。 世の中は仕事納めで休みに突入だろうけど、自営業は無関係。 まだまだ最後まで続きます。 とはいえ、年々不景気が進み政治の事業仕分けはさっぱりなのに、家庭の方は しっかり財布の紐をしめていますから忙しくなくなりました。 ずっと前なんて大晦日の夜9:00くらいからようやく大掃除なんていうこと ばかりで、まともに紅白の最初から見たことも無かったというのに、最近は 掃除も紅白もゆったりのんびり、いいのか悪いのか・・・ 自分ちのそういうこともあり、盆やクリスマス、正月に外出できなかったこと でスポーツを諦めてきたものですが、それはそれで仕方ないかなと今の年に なると後ろ髪をひかれることもなくなりました。 昔はうらやましく、くやしく、悲しかったのにそのお陰で進学させてもらった ということを知るまでにずい分時間がかかりましたね。 最近の子は家族サービスだの休みには家族旅行だのそういうのが当然だという 印象があり、またオイラのようになかった家庭ほどやりたがる傾向にあります が、子供のためを考えれば疑問に思います。 本当の親からのサービスを考えると仕事のお陰で生活できているのだから、休 みの日は休ませてあげるのが感謝というものでしょう。 まあ親の中には子供と過ごしたい人もたくさんいますから、オイラが言うのも 全てじゃないんですけどね。 うちの街は観光地なんで年末はどうなんだかと思いながら満員状態。 よく考えると田舎やふるさとがある人ばかりじゃないから、そういう方々が 年末年始に来て過ごすんでしょう。 オイラにとっての最近の年末は消防の年末警戒が風物詩となっています。 最後に気のおけない仲間達と過ごす時間はすごく楽しい。 今夜と明日の二日あり、オイラは明日行くことになっています。 カーンカーンという警鐘音が鳴っています。 今日の順番の人たちが巡回しているんでしょう。 火の用心そして体調管理に気をつけてあと2日過ごしましょうね!

taka1346yu at 20:46|Permalink街角 

2010年12月28日

明るくなりたいけど

ここにきて急加速のような日々。 何をしていいのか、どういう準備や片づけが必要なのか、整理整頓ができない まま過ぎ行く感じです。 困るのはお店やサービス関係は年末年始関係なく開いているのに、役所は29 から3日まで休み、銀行は今年は日にちのせいもあるでしょうが、3が日とも ATMも休みということでした。 こういうダブルスタンダードは困るな。 休むなら全部を休みにし、開けるならすべて同じにしてほしい。 日本にはこうした???なものがたくさんある。 パチンコは賭け事で現金に換金しているというのに未だに知らんぷり、なのに カジノはダメだという。 繁華街の違法営業も有名だし車でも車検は厳格なくせに、左ハンドルの車が OKというのはさっぱり理解できない。 そういう曖昧なことが許される時代はもう終わりにしないといけないでしょう。 そう考えると一番曖昧なのが民主党の存在でした。 公務員改革を叫びながら内部にはその母体となる組合を抱え、企業献金は一向 に止められないし天下りなんてまったく出来ない。 そのやってほしいことは手つかずで子ども手当てや外国人参政権などどうでも いいようなことには強行に打って出ようとするから国民は大混乱。 その上事業仕分けで無駄をなくすなんて言っておきながら来年度の予算は 史上最高額で国債も最高水準に達してしまい、史上最低の内閣という烙印を 押してもいい結果となってしまいました。 先行きにまったく明るさは見られません。 いつものように外圧でしか変わらないから、2012年は多くの国でトップ が交代したり選挙があったりするの待ってるしかないんでしょうか。 ならば、2011年は停滞してしまう年ということになるでしょう。 明るい題材を探しているのになかなか見つからない。 見つけようとすればするほど先のようにダブルスタンダードに目が行きます。

taka1346yu at 20:23|Permalinkひとりごと 

2010年12月26日

うれしい訪問

明日から甥っ子と姪っ子が来る。 来る前はすごく楽しみなのだが、来るといろいろたいへん。 しかしあっという間に滞在期間が過ぎ、帰るとなると寂しくなる。 次はいつかなあ、それの繰り返し。 明日は何度目の訪問になるだろう。 今回は年末の手伝いをしてくれるという。 知らない間に大きくなり頼もしくなってきた。 たぶん満足にできないだろうけど心底うれしい。 その気持ちがね。 小さい頃からよく気がつくし、そうやって手伝いもするからひいき目に 見ても良い子達だと思う。 一週間くらいの滞在になるだろうか。 そのうちもっと大きくなったら来なくなるだろうから、この時間を楽しみたい。 でもやっぱ2・3日すると・・・ でも帰る日のことは想像したくない。

taka1346yu at 21:25|Permalinkわたくし事