2010年12月

2010年12月25日

聖夜に思ったこと

クリスマスの夜だからこんなことを考えました。 なんやかんやいっても宗教って大切だな。 それは中国という国を思ってのこと、なぜこの国はこれほど・・・ 以前に他人が信用できないとか、いくつか挙げました。それは石平拓殖大学 客員教授が中国人の視点で分析したものでなるほどと思いました。 そしてオイラが考えたのは中国が長年宗教を禁じてきたことが何よりも 根深くそれは中国共産党よりもさらに深いものじゃないかと。 日本人は戦後教育もあり宗教=善からぬものという意識を植え付けられました。 学校教育でも非科学的と宗教色を感じさせるようなものを排してきました。 それでも伝統や文化、風習はまだまだ生きており、盆・正月・祭りなど神道、 仏教を中心にクリスマスのキリスト教となんやかんや言っても宗教行事や その価値観は知らず知らず心に根付いていると思います。 さてさて話は戻りますがそれと中国人がどう関係あるのか。 日本人はお天道様とか因果応報とか運を天にまかせるなど、人知を超えた力 というのをどこかで信じています。 また死後の世界も多くの人が完全否定するところまではいってないでしょう。 ご先祖様を大切にしたり、極悪人でも死ねば仏様になったと罪を許したり 精神世界をすごく大切にする傾向があるでしょう。 中国人は神様・仏様・死後の世界も否定してますから完全現世利益主義であり 今がよければ良い、自分さえ良ければいいという考えが強いんじゃないかと 思いますね。不正に得た利益や不正行為も国にさえ罰せられなかったらOK で、目に見えない世界なんてな~んも思ってないでしょう。 ですから寄付とかボランティアとかそういうことが世界の中で一番希薄じゃ ないかなとも、まあ結論からいえば付き合うには難しい相手ということです。 奇しくもネットで中国国内のクリスマスを苦々しく思う人が70%以上もいる とのこと、宗教は毒だというのがかなり刷り込まれているようです。 目に見えない世界を大切にするのは優しさの基本、世界でいろいろバカにされ ることもある日本ですが、根本的にはどこに行っても優しい人が多い。 クシスマスツリーに目を細める人たちが私は大好きです。

taka1346yu at 21:27|Permalinkひとりごと 

2010年12月24日

白雪静夜

今夜はホワイトクリスマスになりました。 今日を境にいっきょに年末へまっしぐら! あっという間の一週間になることでしょう。 冬至も過ぎたことだし、今後は明るくなっていくとはいえまだまだ暗い。 寒いのも重なり、何かしようっていう気力がそがれるここ数日、いいこと がないかなあ、やっぱ宝くじを買っとけば良かったかなと考えてしまいます。 それにしても静かな夜。 雪のせいもあり車が少ないんでね。 でも消雪パイプからの水の音がゴーゴーいってます。 ここしばらくの週間天気はすべて雪、ほんまかなあ・・・ 月曜日は神戸まで甥っ子と姪っ子を迎えに行くんで、あまり降らない方が いいけど、降らないのもなんだしとジレンマ。 思い出せば昨年の正月は確か雪だったような気が。 それでも雪は少なかったシーズンでしたね。 今年はひょっとすると何年かぶりの大雪かも。 さて明石家サンタを見たら寝るかな。 明日はのんびりなんで夜更かしして寝ます。 残りあとわずか元気に頑張りましょう!

taka1346yu at 23:08|Permalinkひとりごと 

2010年12月23日

祝デンソー優勝!

バレーボールの全日本選手権最終日は23日、東京の国立代々木競技場で行 われ、女子決勝はデンソーが、3大会ぶりの優勝を狙った東レをフルセット で破って初優勝! 一見オイラには無関係なんですが、実はちょこっとだけ関係が・・・ 近所の子がデンソーに入っていて、まだ新人なんでレギュラーじゃないけど それでもそういう関係から陰ながら応援していました。 最後のメダル授与後も映っていて、今後は是非ともレギュラーとして貢献し てほしいし最強メンバーのもとで練習すればいずれ・・・と期待もしてます。 スポーツが好きな人が多い地でありながら、指導者がいないことで長年プロ 選手とか全日本クラスで活躍するような人材が出ていませんでした。 オイラは大学で多くのアスリートに会い、彼らと接することで「運動能力は 負けないのに、やっぱ指導方法だな」と痛切に思いました。 自身も彼らに指導してもらったことで高校時代までとは違いかなり伸びたも ので、いま少年サッカーやスキーを教えているのもそういう願いがあります。 そしてこのたびの子も日本を代表する指導者の下でがんばり、全国大会に出場 し、プロへとなったわけですが、実はオイラのご近所チームに中学生くらい から、ちょくちょく来てくれて、おっちゃんの下手くそバレーを見ながらバカ 受けしながらも、スポーツは楽しいということを感じてくれたようです。 オフには帰省し、練習に来てくれたり何かあると顔も出してくれます。 激励したいところだけど、そこはプロの世界まだまだわかりませんらかね。 ケガをしないように!ということだけ伝えています。 来年一度応援に行こうという話をしていました。 そのときは出場するはずという情報もあり、行ってみようかと思います。 一度ケイタイ越しにチームの人たちと和気藹々やってる声も聞かせてもらい 雰囲気がいいなあと思ったものです。 そんなチームが優勝して本当にうれしい。 近所のバレーにも良い刺激になりそうです。

taka1346yu at 23:15|Permalinkスポーツ 

2010年12月21日

いじめ卒業文集

先日起きた高校生を通学途中に刺した事件。 この時期になると無差別事件が起きるなあと思いながらニュースを見てました。 しかしこれがワイドショーになると訳がわからない。 見なけりゃいいんだけど昼時は暇つぶしに見てしまう。 今回の件で気になったのは容疑者の卒業文集で「OOしそうな人」とかいうの があり、中でも「事件を起しそうな人」なんていうのが何位だったという結果 をさもありなんて映し出していた。 こういうのをな~んも考えないで紹介する番組の編集者たちの感覚を疑う。 これってイジメじゃないの? 確かに容疑者のやった行為は許せないものだと思う。しかし文集にあのような ことを書き、記録として残されることをどう考えるのか。 メディアは学校のいじめ問題をあれこれ追及する。 自分達に正義があると思えば暴走モードに入るくらい突っ走る。 なのにおまえらはいじめの温床になっている行為を見過ごすのか!!! 高校生はああいうのが面白く、他人の痛みも理解していない。 オイラも卒業文集や文化祭などでふざけて他人を傷つけるような行為をする 寸前に担任教師から大目玉を食らった。 「今は乗りでいいかもしれないけど、何十年経ってから恥ずかしいと思うぞ」 「子供が生まれたときに見せられるか」 この言葉に大勢が納得し、一見普通になった文集だが今見ても問題はない。 それが教師であり、教育のはず、なのにメディアときたら完全にスルー。 確か新潟女児殺害事件のHも卒業文集に散々書かれていて、同じく何の問題 提起もしないまま報じていた。 今回のことは事件が起こしたから善しとしている。 でも日本全国の99%以上の何もしてないのに書かれた連中はどうなんだろ う。そういうことを見過ごす教師はどうなんだろう。 しかも疑問を提起しているのがマスコミが悪の巣窟としている巨大掲示板の 方、どちらが正義なのかよくわからんねえ。 まあ今後どこのメディアが問題視するか注目しようと思います。

taka1346yu at 18:37|Permalink話題 

2010年12月20日

西に東に

今日は小春日和の一日。 思わず良い日だなあって空を見上げたくなるような感じでした。 用事で出かけたついでに本屋さんに行き2冊ゲット! KAGEROUがあるかなとあったら立ち読みしてみようと見たら売り切れというか入荷は予約でとのこと。 帰ってからヤフオクを見たら山のような出品、なんやこれ~ まあ買わないんですからあれこれ言いません。 しかしまあ、なんですねえ・・・あるサイトでは「単に流行に弱い人間がいる だけ」という批判もありました、同意です。商売ってこんなんでいいのかなあ。 そして今日は冬用タイヤに交換しました。 クリスマス寒波が予想され、前回と違いけっこう長引きそうだし来週は遠出も あるため、今のうちにと思い換えました。 「明日以降、交換が多いんじゃないですか」て店の人に話したら、「前回の雪 のときにほとんどの人が終えましたよ」とのこと、遅い方でした。 兎にも角にも厳しい本格的な冬将軍の到来に備えないと・・・雪国ですからね。 気づけば10日あまり、オイラの場合は最終は消防の年末警戒が〆になります。 ホント1年が早い・・・ ここからの数日は濃密な日が続きます。 そして白銀の世界が彩りを与えてくれるでしょう。 日々是修業、良いことも悪いことも糧にしますか!

taka1346yu at 23:08|Permalinkわたくし事