2011年07月

2011年07月23日

元気

この週末は金曜日から神戸に行き、今日の法事。 終了後は自宅に戻り、これからBBQに参加します。 少し疲れ気味だけど楽しいことならいけますね。 ぼちぼち出かけます。 明日の予定はこなせるかなあ・・・

taka1346yu at 17:37|Permalinkわたくし事 

2011年07月21日

台無し

あ~あ・・・ため息ですなあ。 テレビではほとんどやってないけど、ネットしてる人ならもうご存知のこと、 なでしこジャパンの一人熊谷選手がやってしまった。 あの最後にPKを決めた選手で画面にもアップになった子。 思い切り良く決めた後の姿に感動させられたというのに、まさかこんな落とし 穴が待ち受けていようとは・・・ 詳細はこちら 法政大学生がなでしこ熊谷との合コン内容をツイッターで暴露…ネットで祭りに いろんな見方が出ていた。 「彼女は悪くない、悪いのは男子大学生」「いくら酒席といえぶっちゃけ過ぎ」 「合コンに金メダルを持っていくのは・・・しかも公式スーツで」 オイラが思ったのはまず注目されているという自覚がない、普通ならお世話に なった人とかにあいさつに行くとかあると思うけど合コンはないと思う。せめ て一週間は空けてほしかった。また内部のいざこざをどう表現したのかはわか らないけど言うべきじゃないでしょう。 そして男子大学生。 こちらについてはもうどうしようもないレベルのアホとしか言いようがない。 自慢したかったというのはわかる。でもどう書けば相手に迷惑がかかるとか 他人から見ても大丈夫なのかという判断も出来ないのか。 過去の炎上の例を知らないのかなあと思う。 そしてアップした連中の末路が悲惨なことも、ほとんどが退社・退学、中には 一家離散で悲惨な目に遭っている人もいる。 これだけ怖ろしいというのが出回っているというのに情けないなあ。 またそれら炎上の書き込みや経過を見ていると、そのほとんどが可愛げもない し、逆切れしてさらに炎上やユーモアのセンスもゼロ。 だから少しは肩を持ってあげたいと思うようにしたいけど、出来ないくらい 酷いものが多い。だからこそ総攻撃をくらってしまうんだけどね。 せっかくの感動や喜びがトーンダウンしてしまった。 今日も多くのなでしこ達が地元に凱旋したのが報道されているのに、熊谷選手 は姿を見なかった、当然といえば当然か。 20歳だから間違いもあるし仕方ないにせよ、大きな勉強をしてしまった。 こういうのはあまり気持ちいいものじゃないから絶対にこれで最後にしてほ しいし、何よりTWITTERをめぐる騒動も起きてほしくないと思いました。 もちろんオイラ自身も気をつけます!

taka1346yu at 22:41|Permalink話題 

2011年07月19日

スポーツマンシップ!

なでしこ優勝の狂喜乱舞は続く、あのビデオは何度見ても気持ち良い。 ていうか、ダイジェストではわからないことがたくさんあった。 体を張ったディフェンス、パス戦略、同点に追いついたコーナーキックでは インジャリータイムに相談してたり、2-1でリードのアメリカが普通なら パス回しで時間稼ぎするのに、しなかったミスなど思うこといろいろ。 スポーツでも特に集団競技はたいへん。 チームごとに主力選手がいて縁の下の力持ちに、ムードメーカー、自己犠牲 をしてくれる人、辛口のご意見番にパシリ・・・そういういろんな個性が 調和し一つになると思った以上の力を出すことがある。 逆にバラバラになってしまうと本当に強いチームでも崩壊する。 過去に一流といわれ優勝間違いなしとの呼び声のチームが敗退し、ノーマーク のチームやダークホースが頂点に立つこともあった。 今回のなでしこでは、選手も確かに良かったけど何より監督が素晴らしかった んじゃないかという見方をしている。よく星野ジャパン、岡田ジャパンなんて いう言い方をするけど佐々木ジャパンという言い方は一切なかった。 完全に澤と山郷に預け、自分はそっと支えるやり方と試合前に震災のビデオを 見せるなど、気持ちを鼓舞するやり方にも長けていたという話。 たぶん50歳以下の監督は今後こんな感じの人たちになっていくことでしょう。 ところで、こういう優勝の後に必ずあるコメントがある。 過去にはWBCの優勝、南アW杯の健闘、オリンピックでの優勝なんかで みんなが大喜びしている姿を見ると「気持ち悪い」「感動をありがとうって 何?」「ずっと応援してたの?」なんていう声。 中にはみんなが同一方向に向かうとすぐに戦争を連想するバカもいる。 そういう奴らに限って集団で旗を持って向かうくせにね。 自分たちが邪な考えで集団化してるから、他人もそう思うんでしょう。 健全に人を心から称えようと思う純粋な気持ちの人はな~んも感じない。 またずっと見て来なかった人が喜ぶのはいけないことか? マイナー選手の中には世界一になって注目してもらおうというのをモチベー ションにがんばってる人もいるのに、勝っても応援されなかったら、それこ そ悲惨というものでしょう。 一番うれしいのは日本では野球派、サッカー派なんていうのがある。 そういうのを越えて双方のファンがお互いの健闘を称えている姿なんかが とても良いと思う。ネット上では韓国人が日本の健闘振りを嫉妬したり 貶めたりする書き込みをみて不愉快になることがあるけど、国内で同じような ことをするのはホントみっともないと思うね。 どんなスポーツでも人気にはきっかけがある。 また個人的に興味を持つときもきっかけがある。 その多くが世界一や五輪優勝とか善戦したときが多い。 ずっと応援してないのに・・・なんていうのが無関係だとよくわかる。 素直に喜べる人は、その人自身に何かあると素直に喜んでもらえます。 健闘を称え評価する、それこそがスポーツマンシップというものでしょう。 競技をしてなくてもスポーツ観戦するにも持つべきものだと思います。

taka1346yu at 19:05|Permalinkスポーツ 

2011年07月18日

決勝、快勝、優勝!

いやあ、サッカーで優勝なんつう日がついにやって来るなんて・・・ 世界との絶望的な距離を知っている世代には涙。 それが女子とはいえ、うれしいに変わりありません。 サッカーで優勝というのは単に勝つことと少し違います。 よくいわれるのが国ごとに戦略・戦術・技術・育成そしてチームワークがあり、 その上で運を引き寄せないと頂点に到達できません。 そこには国民性でもある身長・体重・体質を踏まえた日本式サッカーとでも いうべきものがあるため、今回の優勝はその日本式が結果を出したということ にもなります。 陸上の短距離は黒人が圧倒的、中距離は中東勢、長距離、フィールドなどスタ ート時点からDNAレベルで向き不向きがある競技がごとにあるというのは もはや常識となりました。 それを踏まえてサッカーを見た場合、先の話のようにやり方次第でチャンスが あったとはいえ、サッカー後進国だった日本が追いつくにはまだまだ先だと いうのが多くのサッカファンの見方だったでしょう。 今回の決勝は結果PK勝ちですが、内容は遜色ありません。 0-0なら少々不服もあります。しかし試合を1-1で終え、延長も1点リード されながらまた同点に追いつきそして勝利を手にしました。本当に立派! 今まで一度も勝ったことのない相手に土壇場で勝利するなんていうのは、 競技を超えても素晴らしいことではないでしょうか。 まさに死闘を制した決勝、恥ずかしくない試合内容でしたね。 今の時間に澤選手のMVPも発表されました。 日本サッカーのスタートの始まりの日になったのではないでしょうか・・・

taka1346yu at 07:11|Permalinkスポーツ 

2011年07月16日

商店夏祭り

今日は地元商店と有志によるわが町の夏の風物詩の祭りです。 手作りの店が素人によって出されている姿は面白いと思います。 さてさて今日は朝から準備、暑い中しんどくなり少し休憩に帰りました。 これから戻り夕方からパレード、夜のビンゴ大会へと続きます。 人出がどうなるかきになるところですが、今のとこはぼちぼちかな。 あまり暑くなり過ぎると外出を控える人が出るでしょうから、少しくらいは 涼しくなってもらわないとね。ただ風があるのでいつもよりはマシかな。 それではそろそろ戻りますか!

taka1346yu at 16:02|Permalinkわたくし事