2011年10月

2011年10月31日

登山の反動

地獄がやってきた、筋肉痛という地獄。 これがもう尋常じゃないレベル。 やはり運動不足のツケはあまりにも反動が大きかった。 今日はあまりにもヤバイと思ったため、電気治療してもらった。 普段なら自然治癒を待つんだけど、今週末のリレーマラソンを考えると 少しでも早く回復させておきたい。 今年肉離れを悪化させたのは、最初に軽い肉離れをやり我慢できると放置して 次の運動をしてしまったことにあった。 同じ轍を二度踏まないようにしっかり治しておかないとね。 ただ嘆くばかりでもなく、この痛みが引いた後の筋肉は強化されている。 痛みは筋繊維の断裂でそれが治癒されると太いものになっている。 骨折の後、その部分が太くなるのと同じです。 明日には少し痛みも引いてると思うけど、もう一度治療に行くかは悩ましい ところ、明日様子見て水曜日にでも行くかな。 このまま練習なしでリレーマラソンの当日になりそう。 一応3周6キロ走る予定だけど大丈夫かなあ。 ま、何とかなるでしょう!

taka1346yu at 22:16|Permalinkわたくし事 

2011年10月30日

大山登山ばなし

今週の土曜日も雨の予報、しかし先週と同様秋晴れの一日になりました。 何年ぶりかの大山、今回は装備も増し心を引き締めて迎えました。 前回のアタックで二つのトラウマがあったんです。 一つはなめていたことで下りの三合目で足が痙攣を起こし、足を引きずりな がら下山したことで感動が薄れたこと。 二つ目は暴風雨のなか挑んだため山頂からの眺めも工程も楽しむことができず 単なる苦行のような登山になったことです。 ですから次に行く時は日本海を眺められる単独峰として有名な山頂からの眺望 と二本のストックと登山用の服装、靴、備品などを充実させ、少しでも負担を 軽くし満足のいくものにしたいと周囲にも吹聴していたんです。 そしてようやくその日をむかえられました。 今年は肉離れのため、ほとんど走ってないし筋トレもさばっていたのが気が かり、大山の過酷さを知っているだけに不安、とはいえ筋肉痛とか怪我なん かはしてないことで万全の体調ともいえます。 まだ暗い6:00に仲間7人と出発しました。 現地に着いたのは8:00を少しまわったくらい、いろいろ準備し8:30に 登山を開始しました。噂には聞いていたけど人の多いこと。 前回は悪天候の影響でほとんど人はいないし、駐車場も自分たちだけだったの に今日は満車に登山道も渋滞していました。 でも、結果的にはそれがよかったと思います。 自分のペースで行くとオーバーペースになりがちだったのが、途中止まったり 休憩を増やしたことで体への負担は思ったより来ませんでした。 が、それでも9合目の最後の木道で足が痙攣、途中調子にのって走ったのが どうやら影響しているように思えました。 何とか山頂に着いたのが11:30くらいだったと思います。 前回は2時間半くらいで登ったのが今回は3時間まあまあでしょう。 この日の景色は最高で疲れも吹っ飛ぶような秋の大パノラマ!紅葉と大山 特有のがけが織り成すコントラストとはるか遠くまで見える日本海、まさに 絶景という言葉がぴったり、そのためすぐに下山するのももったいなくて かなり長い時間いました。 ほとんど一杯だった山頂も昼ごはんを食べた登山者が三々五々下り始め、 気づけば数組しかいなくなりました。確か2:00に下山したと思いますか ら2時間半もゆったりのんびりしていたと思います。 なにせ大山の恐怖は下山、山頂でも多くの人が信州のOOよりも楽だとか これくらいなら・・・なんて会話が聞こえていました。 そうじゃないんです、大山特有の階段上の登山道は行きはよいよい帰り は地獄の足への負担が通常なら靴とか足先にくるのが、ふとももふくらはぎ にある瞬間急にやってきます。 そしてそれは5合目から3合目くらいにかけてやってくるんですよ。 そういうのもあって我々は山頂でのんびりしていたわけです。 休養と栄養補給で前回の失敗をしないよう心がけました。 さて不安な下山、もう同じ轍は踏みたくない。しかしすでに痙攣を起こして しまったため安心はしてられません。 オイラは心の中で決心しました。 止まったら終わる、しんどくてもノンストップ・・・ 相棒のストックで体を支えながらなるべく小さな歩幅で歩きました。 それでも少し滑るため踏ん張るとザザザと流れます。 これは後々疲労を溜めていくことでしょう。 人間の本能か抜かれるのを避ける人もいます。 もちろん抜かさせてくれる人もいますが、そういう様子見も疲労の原因に なります。案の定5合目辺りまでは知らない人たちがけっう早いペースで 降りていました。しかしその後はごぼう抜き、やはり足に来てるみたい。 歩き方やペースに異変を起こす人たちを尻目に痙攣を起こす前に一挙にと 無心に進みました。恐怖の3合目も越え、念願のスタート地点へ。 到着時間は3:20、1時間20分のまあまあなペースでした。 その10分後に仲間がやってきて、さらに30分後に最終組が来ました。 今回は初登山だった人たちも無事下山でき、みんなで労をねぎらいました。 駐車場から山頂をみて「よくあんなとこまで行ったなあ」と思わず言葉を 交わしました。 数年間心の中にあったもやもやともおさらば、ようやく大山の呪縛が解けた 最高の登山といえます。 そしてここから別の闘い、筋肉痛との闘いに移っていくことでしょう。 家に着いたのは8:00、すでに真っ暗となっていました。 新しく道具についた泥やキズに何ともいえない思い出を感じました・・・

taka1346yu at 22:36|Permalinkわたくし事 

2011年10月29日

大山登山

今日は何年ぶりかの大山登山をしてきました。 好天に恵まれ最高の登山日和、景色も最高。 しかしまあ聞きしに勝る人の多さにびっくりしましたね。 今夜はバレーの練習があるけどキャンセル、ただし飲み会には参加しよっと! では、言って来ます~

taka1346yu at 20:35|Permalinkわたくし事 

2011年10月27日

TPPは要らん

「とくダネ!」でTPP反対派の京大准教授・中野剛志ブチ切れ→Twitterで 田村淳が苦言呈すというタイトルが出ていた。 動画があがっていたのでTPPのことも知りたくて見てみた。 ただし田村なんつうアホのことはどうだっていい。 この教授はTPPに反対ということでなぜどうしてなのかとして、参加国は まだ9カ国、そのほとんどは農業製品中心で工業製品は日本のみなのに日本 では農業のことばかり議論している。 日本の場合農業製品は1.5%、工業製品は98.5%あきらかに論点はずれ アメリカが狙う意図は自国の救済であり、日本への侵略なのにまったくわかっ ていないと憤る。 酷いのはTPP参加によるGDPの伸びが2.7兆円と試算されていたけど 但し書きとして「10年間」というのが抜けていたとしてぶち切れていた。 これくらいやってくれた方がわかりやすかった。 オイラも今まで日本の国益を考えるとどちらがいいのかわからなかったけど、 この人のお陰でようやく結論が出せそう。 面白いのはじゃあなぜ日本が参加しようとしているのかに関して、オバマ大統 領が中間選挙を控え窮地に立たされているのを何とか助けてあげたいだって? え~~~~じゃあ何、地震の被災者よりもオバマ?この間は韓国だったしもう いい加減にしてほしい。もちろんアメリカや韓国の救済は日本の利益になるの もわかっているけど、あまりに順番がひどい。 そうそうその震災の復興にしてもまた港に防御壁だって? これも地元の意見を完全に無視、住宅地を山奥側に下げればそんなの必要な いし、要るにしても陸上に簡単なのを作ればOK、どうもダムの建設に似て ることを考えればはっきりいってゼネコンのためでしょう。 国民のためと言いながらどこを見ているのかわからない政府と政治。 日本がよくなるにはどん底を経験する必要があるけど、それは奴等に行って ほしいが何かいい手はないものでしょうか・・・

taka1346yu at 21:57|Permalink話題 

2011年10月25日

独裁とテロ

大阪市長選挙の告示があり、橋下府知事の参戦で関西のニュースに彼が登場 する機会が増えたのだけれど、その際いつも飛び出す言葉が「独裁」ときに は「やり方がテロだ」なんていう言い方もある。 オイラはそのたびにすごく嫌な気分になる。 そもそも独裁って何?テロってどういうときに使う言葉なの? 万引きは泥棒、援助交際は売春なんていう言葉の入れ替えはある。 しかしどうも何かが違うような気がして仕方が無い。 まず橋下氏のやり方が自分のやりたいことのために選挙をし、議員を増やし 多数決で勝てるようにした。まあ独裁といえばそうかも、でも選挙っていう フィルターを通しているし、その後も自分が通りやすいような選挙制度にし たとしたら独裁と呼べるかもしれないけど仕組みはそのままだからね。 逆にいつも思うのはやり方が独裁というだけで、議論の場にのろうとしない 連中が一番卑怯だと思う。なぜなら彼らの意見は少数、多数決では絶対に 勝てないから議論して採決して負けるのを避けているだけ。 悲しいかなそれが民主主義だから、橋下氏は賛同者を増やそうとやろうとし、 そのためにいろいろぶち上げたり、人目を引こうという節はあれどそれも 賛同者を増やすための手段としてやっているんだから。 彼の反対派が今までやってきたことはそのままでいいの? 特に教員に関しては最低の教育、日の丸・君が代に反対する教師たちが教えて いる結果が大阪は日本で一番生活保護が多くなってしまった。 最近のデータではきちんとした教育が良い働き手を生み、それがきちんとした 納税者になる。だからこそ教育は大切という結果が出ている。 反対派の行動はある意味反社会的な人間ばかりを育てる思想テロとしか思えない。 政治家はある程度強い意志を示す必要があると思う。 それが間違っていたら聞く耳を持ち、修正することも大切で、橋下氏がよく ぶちあげるんだけど中止してしまうこともある。それが一番良いとおもうんだけどね。 その姿をワンマンと呼んでいいと思うけど独裁はないわな。 自分たちの長年のやり方を変えない姿こそが独裁体制のように思う。 まあ兵庫県人なんで部外者ではあるけど、近畿の中心であり西日本の代表、 今後の日本の行方も期待されています。 最後は府民・大阪市民が決めるとはいえそれを反対連中は何ていうのか。 もしも愚民だと言うのなら、そういう考えこそがテロリストを生む土壌 になることを肝に銘じてほしい。今の一番の敵をみんな知っているから・・・

taka1346yu at 21:09|Permalinkニュース