2012年01月

2012年01月20日

9月入学

東大が9月入学にするという話がおもしろい。 ニュースで見たら世界でも4月入学はほんの少しなんだってね。 そんでもってどうして今のようになったかといえば、経済の年度末に合わせて というのだから良いのか悪いのか。 あと四季も関係してるって話もあったように思うけどたぶん後付けでしょう。 ところでメリット、デメリットを調べたら海外のスタンダードと日本の入社 という問題くらいで特にどうってことなさそう。 入社システムもそろそろ新卒のみ採用を止め、中途採用や就職戦線の方法など 考えるようにした方が良いと思う。 日本はなにせ入り口は難しいけど、一度入ると何でもあり。 サバイバルとか実力はどこへやらで新陳代謝がよくない。 そういうのも改革して欲しいんで、いっそこの機会になんて思うが、こっちは 絶対に無理だろうな・・・ ところで日本全国が9月入学を考えると、運動会はどうなってしまうだろうか。 まだクラスの面子もわからないうちに運動会はきつい。 こちらは学年最後の梅雨明けに!なんてことになるのがいいかも、ただし熱射 病で倒れる生徒続出なんてニュースがありそう。 最近は聞かれなくなったけど夏休みを境に不良になるというのがあった。 一学期は普通の子が二学期には髪を染め、タバコをふかしというパターン、 それが一学年上がったら急になんてことになるだろうか。 一学期が9・10・11・12月、二学期が1・2・3・4月、三学期が 5・6・7月ていうのは悪くない気がする。 寒い時期のほうが勉強に集中できるから、学年の最初にが~とやって暑くなる ような頃には復習みたいにしてのんびりとね。 ところでなぜ海外は9月にしたのか調べてみたけど特にどうっていうのがなさ そうなのが面白い。言われているのは昔の暦、国の生産穀物、夏休みの考え方 じゃなかろうかというもので確たるものは微妙ですね。 それでいくと日本も稲作と会計が関係していたこともあり、東大が変え他の 大学が追随したとしても小中高は無理かな。 入社の方は変えられる可能性はあっても3月卒業9月入学になれば半年を どうするかが今後の課題でしょうね。 ボランティアなんて言ってるけど自衛隊入隊でいいんちゃうの。

taka1346yu at 22:49|PermalinkTrackBack(1)ニュース 

2012年01月19日

助っ人

ダルビッシュの契約が成立したらしいとのこと、スゴイねえ。 これについては高い安いといろいろあると思う、でもオイラは一昔前の日本 プロ野球には助っ人外人と称した連中が来日し、その中の何人かは完全に 旅行気分、小遣い稼ぎのような奴がいて地団太を踏んだものです。 そう考えると高額の契約をし日本人が活躍しようが、ケガをしようがその頃の ことを思い返すとカンラカラカラと笑いが止まらない。 とはいえ、松坂・松井・ダルの契約あたりで十分ペイしてるかもしれないけどね。 ところでWBC2013年大会はどうなったんだろう。 そもそも日本人がこれだけ期待されるのもその時の優勝があるはず、確か収益 の分配で揉めていたけどどうなったことやら。 ああいう国際大会は盛り上がるというのに、一部の国の利権が影響して運営が 危ぶまれてしまうとなるとそのうち無くなってしまうでしょう。 五輪もなくなったし先細りが見えてきそう。 だいたい選手の年棒も今の観客動員を考えると少し違和感があるしね。 もし国会議員や公務員の問題が解決したら、次はスポーツ選手や芸能人なんか の必要以上の高額収入にもメスが入るかもしれない。 ファンがあっての・・・これを忘れたら必ずアウト。 どこまで考えていることやら。

taka1346yu at 23:18|PermalinkTrackBack(1)わたくし事 

2012年01月18日

人間模様

イタリアの豪華客船の事故は船長のお粗末な対応に思わず笑えてしまいますが 死者も出てしまい笑うに笑えなくなりました。 確かに屁タレ船長は情けないしだらしないけど、話によれば「女子供を先に」 と若い人が言っているにも関わらず、我先にと救助ボートに乗ろうとした年配 男性もいたとのこと、他にもスタッフが先乗りしてたなど問題の根はもっと 深いところにあるように感じました。 ところで豪華客船の造船や内部紹介などのドキュメンタリーが好きで見ること があり、キャプテンも登場するのですがそのほとんどが紳士というか、すごく 立派な方ばかりでまさに海の男という印象。 だから今回のような出来事に「あんな立派な船を屁タレに任せていたのはなぜ だろう」と疑問が湧いてきました。 一切話題になってないけど、下手したら保険金目当ての座礁ではないだろうか と勘ぐってしまいます。 実際、船の事故ではそうしたことでよく調査が入ったり検挙されています。 詳細はわかりませんが天候が悪かったとか、波が荒かったという情報がない ため、ひょっとしたらひょっとします。 それにしても人間の本性というか真骨頂は危機的状況でよくわかるというのを 持論にしているため、パニックになったり状況も把握しないまま行動すること は絶対にしたくありません。 先日も死のことに触れました。 いつ死ぬかもわからないと考えていれば、宿泊したり電車や地下鉄に乗ったり 自動車を運転したりと、外出する時は避難方法や危険回避の方法を常に心に 留めているものです。 家にいても火事はもちろん、泥棒や不審者などの対策なんかもそうです。 いざという時、落ち着いて行動するためにも絶対に必要ですからね。 お陰で火事の経験や不審者がいたとき、交通事故なんかもきちんと対応する ことができました。 自慢しているようですが、はっきりいって気が小さいと思ってます。 小心者だからこそ気が動転しないように努力しているんでしょう。 たらればを考え、またいつ死ぬような目にあうかも考えておかないとね。 そうそう昔バイクに乗っていた頃、よくこんな話をしていました。 「バイクに乗ると最低3回は死ぬと思うような目にあうよ」 キャリアの長い人ほど納得してくれます。 オイラもバイクは3回、スキーは2回そして自動車ではあわや列車にもうあ かんと覚悟したことがありました。 意外に覚悟して体の力を抜いたことで無事だったりしています。 万が一を少しでも多く考えているとまた別なことも見えてきます。 少なくともみっともない行動だけはしたくないと思います。 そうそうイタリア人は・・・なんて言う人もいるけど、沿岸警備隊の人たち の交信を聞けばやはり海の男だと思いました、 あの船長が特別だったと思うべきなのかもしれません。

taka1346yu at 20:13|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2012年01月16日

助手席

今日は久々にT市まで行ってきた。 母が亡くなって今年は3回忌になるだろうか。 母の生前、よく頼まれて連れて行ってたところに用事があり、手続きをする ためだったんだけど、ここしばらくは思い出すことがなかったのに当時のこと が急に思い出されてきた。 連れて行ったら駐車場で待ち、その後は彼女の好きな回転すしに行って帰る。 これがルーティン、そして今日は一人だというのを身にしみて感じることになった。 母はくも膜下で一度倒れ、その後13年生きたわけだけど、お医者さんから いつ再発してもおかしくないと言われていたため覚悟が出来ていた。 その点、親友などは母親をガンで失い、それも急転直下ということもあったた め、死を受け入れるのがたいへんだという印象がある。 よれよれのお婆さんが歩いているのを見て「あんなおばちゃんでも生きてるん だもんな、うちの母親の方がよっぽど元気だったのに」と話した時なにも言えなかった。 ところで明日は阪神淡路大震災から17年ということになる。 それまで災害で人が死ぬのは台風が多かったけど、近年では何千人単位での 被害がなかっただけに青天の霹靂だった。 しかし当時の感想として日本全国どれくらいの人が明日はわが身とか、死は いつでも訪れるという気持ちになっただろう。 また自然災害に対してどれくらいの畏怖と対策を考えていただろう。 申し訳ないけど今回の東日本大震災にしても地震発生後と警報後の行動を 見ていると親身に感じていなかった人が見受けられた感がある。 逆にいつでも死を考えていれば自然災害だけじゃなく交通事故、不意の出来事 でさえ慎重になれる。 そういう点から普段の運転でさえ、スピードを出したり、車間距離をあけな かったり、ライトを点灯しないなど不用意な人が多い。 いつ死ぬかもしれないという思いがない人ほど生がだらしない気がする。 おまえは一生懸命生きているのかと問われるかもしれない。 それならオイラはこう答える。 「いつ死んでも悔いはない」 生に執着すれば美味しいものを食べ、モノを欲しがり執着し、名誉を欲する でしょう。でもオイラはどうだっていい・・・ 震災の被害、事故死など日々報道されている。 でも日本では死体が出てこないから近親者の葬式でもない限り死体を見る ことはないでしょう。だから死が遠いのかなと思う。 思い出は悲しいものです。 やはり生きている者同士の会話ほど尊く素晴らしいものはないと思う。 帰路の助手席でいつも母は寝ていた。 あの頃の光景が思い出になってしまったことは美しくもなんでもない。

taka1346yu at 23:13|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2012年01月15日

ネット株軒並み急落

食べログのやらせをきっかけにその他のネットの口コミに関するものの影響 がかなり出てきているんだとか。 特に 「食べログ」を運営しているカカクコムや「アメーバブログ」のサイバー エージェント、オンラインゲームなどのGREEやDeNA、ソーシャル・ネットワー ク・サービス(SNS)のミクシィといったインターネット企業の株価が急落中。 とはいえ、オイラもたまに利用してるけど実態とかけ離れているからね。 特に食べログは最初から信用してなかった。実際行ったことある店を考えれば すぐにわかるし、楽天の利用からそもそもああいうポータルサイトの裏側が 実にいい加減でそのうち必ず問題になると思っていたから。 本当はなにをいまさら感バリバリ。 その延長でステマの問題も出てきているけど、アメリカ並みに規制されるのか は今後に注目でしょうね。 そもそもネットの口コミを考えると実名だと本当のことが書きにくい。 そこのとこは既存のメディアと同じ感じ、そして匿名だと今回のようなヤラセ やサクラまた攻撃の可能性も考えられます。 一番いいのは主催側がある程度実名に近い形で把握しておき、例えばミクや FBなどと連携しておき、書き込みにはハンドルネーム化くらいにしておく のがいいかな。会員登録のページを見ればはるか遠いのが現状で、今回の件が あってもまったく改善されてないから今後も当てにならないと思う。 株についての下落は一応10%前後です。 今後の回復ははたしてどうなることやら?

taka1346yu at 23:55|PermalinkTrackBack(0)ネット