2012年08月

2012年08月31日

ブルームーン

気がつけば8月も最後となっていました。 それ以上に今年も残り4ヶ月、あ~1年が早い! ここにきてようやく涼しくなっていますが、9月も猛暑の予想。 あれこれ考えたり、ぼーっとしているうちに月日は流れていきます。 ただ残念なのは、コツコツ積み重ねることで何かが身に付くことを 年をとるごとに知恵や技術として蓄積されることは知っていても。 スポーツなどの筋力や気力が衰えていくのは悲しい・・・ まあ、どちらも充実してしまうと若い人たちに譲ろうという考えは 絶対に起きないでしょうから仕方ないですね。 最近は彼らからいたわってもらうようになり、うれしいやら悲しいやら。 また若者についての年齢感覚が十把一絡げになっているのもなんだか。 というのも、自分より6歳以上離れた人たちはみ~んな同じ! 向こうもこちらを同じように見てるでしょうけど。 さてさて、明日は休み・・・のんびりすることにしよう! 本も買ってきたし、来週はまた予定がびっちりだから、しばしの休息。 こうやって月日の流れを感じる時はヒマな時しかありませんから。

taka1346yu at 22:17|PermalinkTrackBack(1)ひとりごと 

2012年08月30日

残念ながら・・・

迷走韓国について自分なりの思いを整理するため、報道や記事などいろいろ 読んで、まだ決定的ではないけど感じることがありました。 まず、オイラの心の中にあった親韓部分は枯渇に近くなったと言って良い。 もともとそんなに好きじゃなかったけど、サッカーや親睦旅行で何度か渡韓し、 親切にしてもらったり、思ったほど反日じゃないのを実感して徐々に好きに なってきた。実際ネットでも擁護してきた方だと思う。 ところが最近のなりふり構わぬ強硬手段に、さすがに腹が立ち、呆れ、そして 今では悲しさというか絶望感さえ感じる。 自分たちはぎゃあぎゃあ言うくせに、言われるとさらに逆ギレ。 五輪で見せたスポーツと思えない低レベルな行動・・・ 過去にもワールドカップをはじめ、いろんなところでもあった。 ただ、韓国はまだまだ発展途上の国、こちらがそこまで気にすることはないだ ろうと「冷静に大人の対応」をしたのが災いしてきたんでしょう。 それを連中は「何もしない」と判断してきた。 また強く言えばひれ伏し、言いなりになり、日本は猿のように黙る・・・と。 経済的に自信をつけた頃は余裕もあったが、落日の今、過信がやばくなると その矛先を歴史の捏造、慰安婦、そして領土と本当にしなければならないこと をそっちののけで暴走し始めたようにみえる。 それにしてもみっともない。 サムソンにパクりを指摘されると逆切れ!自分たちの不利な部分が指摘される と、すぐに相手の粗探しをして目先を交わすという方法に出る。 顕著な例が日韓戦でサッカー選手がプラカードをあげた問題で、すぐに応援 席で旭日旗があったとか、体操のユニフォームのデザインがどうだの、ガキ の喧嘩レベルのことを言い出す始末。 選手と応援席、デザインのケチをつけた国は皆無・・・頭がおかしい。 日韓のいろんな密約もどうも韓国側が水面下で「日本が要請したことにして くれ」と頼み込んでいたことも白日の下にさらされはじめた。 そういうのも「まだまだ遅れているから」と日本も承知してたでしょう。 それを良いことに何かあれば日本のせい、日本から言い出した・・・ まあ、いろんなことは多くの人がすでに知ってるし、オイラもこちらでちょ くちょく書いてきたけど、それでもまだのんびりと見てた。 ていうのも、実際韓国に行くと反日は少なく、メディアや政治家が煽ってい るていう印象が強かったからね。 しかし、それもそろそろ終わる。 最近あるモデルの女性のブログが決定打になった。 彼女は韓国好きでハングルまで覚えたそうだが、先日行った時に散々だった という内容が書かれていて、読んだ人も多いと思う。(現在は削除) その内容に呆れたのは、何も関係のない一般の日本人にまで領土問題をはじ めとした様々なことを言う韓国人たちの姿。 ハングルを知らないからと罵詈雑言の嵐、だが彼女は・・・ こういう二律背反な人間とは絶対に付き合えない! 正々堂々ならまだいいけど、陰口ほど頭に来ることはない。 韓国に行きたい気持ちはお察しの通りです。 日韓の問題が解決されないうちはもう行きたくありませんし、彼らの文化に も触れたくないというのが正直な気持ちですね。 ただ、そこまで考えた時ふと思ったことがあります。 というのも、今回の問題は裏でアメリカが糸を動かしているんじゃないかと。 いくら政権末期の李大統領とはいえ、過去の政権に比べはるかにおかしい。 また、こちらにも書いたけど戦後の日韓関係を陰で動かしていたとされる 重要人物が、この2~3年の間にかなり亡くなってます。 最近でもある2名が死期間近と報じられました。 つまり、韓国とはいつまでも平行線のまま、一度整理するために吐き出し、 韓国は日本に依存しなければやっていけないということを知らしめ、恩義を 感じさせる。日本は平身低頭してくればそれ以上は何もしない。 こういう高度なシナリオはどうでしょうか? ただすぐにはわからないでしょう。 数年か、十年後か、それくらいになるかもしれない。 とはいえ、どちらにしても今のようなままだと何も進まないでしょう。 日本のシステムも戦後の勤続疲労が出始めています。そろそろ・・・ 余談:アホ新聞の冷静な大人の対応が笑える。それが土下座外交だっつうの!

taka1346yu at 22:29|PermalinkTrackBack(1)わたくし事 

2012年08月29日

バランス

なんか自分のブログを読み返すと怒ってばかり。 読んでくださる方からすると、日々怒ってばかり?と勘違いされてしまいそう。 いえいえ、普段は落ち着いています。 飲むのも大好きで、最近は記憶がなくなるという加齢状態もみられていますが、 そういう時でも明るくニコニコしている・・・そうです。 仲間たちといろんな話をしてますんで、それなりにストレス解消というか、 言いたいことを言い合って楽しんでます。 それにしてもテレビをつけても、ネットを見ても不愉快なことばかりですね。 何か良いことはないか、楽しくなるようなことはないか考えてしまいます。 何もないときは録画してあるガチで泣けるものを見てます。 映画、アニメ、ドラマ・・・そういうののやつ。 心が洗われ、清々しくなるようなもの。 こういうのに触れておかないとバランスを崩してしまうでしょう。 ホント、良いニュース、ないかなあ・・・

taka1346yu at 23:07|PermalinkTrackBack(0)ひとりごと 

2012年08月27日

言い方

ここんとこ毎日のように中韓のニュース。 そしてその中で一番聞くのが「遺憾」という言葉、これなに? 知ってる人もいるでしょうが、この言葉は「残念」「心残り」のもう一段階 くらいきつい言葉だといわれている。 つまりは「ひじょうに残念」「滅茶苦茶心残り」そんな感じかな。 また「痛恨の極み」というのも使われることがある。 ここんとこ聞かないけど「慙愧に耐えない」というのもあった。 「自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること」で一時政治家が使 っていたけど、ほとんどが曲解で使用していたため、今では聞かれなくなった。 また「断腸の思い」というのも聞いたよね。 はらわたが、ちぎれる程のつらい悲しみ。 また、悲しくて耐えるのが難しい思いのこと。 こう聞くと政治上で使われるようなものじゃのがよくわかる。 死語になりつつあるのが「不徳の致すところ」。 自分に十分な徳が備わっていなかったため、今回のような好ましくない状況に 至ったのだ、という表現。自分に責任があると表明する言い方。 まあ、事件があった後はこれらの言葉がよく使われるんだけど・・・ そもそも外交上の問題で残念とか、悲しいとか、そういうもんじゃないでしょう。 やはり「怒り」「抗議」「謝罪要求」が当然! いろんなことをされてひじょうに残念ですってアホか? 自分ちの自動車に傷つけられて残念です。 歩いてたら急に蹴りをいれられて残念です。 万引きされて、自転車にぶつけられて、石を投げられて・・・全部残念かい? 難しい言葉を使えば賢く、一定の表現をしていると考えているんでしょうが、 そういうのが橋下市長のようなストレート言う人々に負けてしまう。 「もうね、役所なんか滅茶苦茶ですよ」「こんなことでやってられると思い ます?あきれて物が言えませんよ」良い悪いは別にしてわかりやすくないと! 政治家や役所の声が国民に届かなくなっている。 お茶を濁したり、いかようにも取れる発言、そこには言質をとられまいと 姑息な言い回ししか考えてないように思う。 相手国にも腹が立つけど、自国の政府にも頭に来るのがそこなんだよなあ・・・ だから強硬派といわれる連中が台頭してくる。 そういうのもを善しとしないなら、考えて言ってほしいよね。 もちろん新聞やテレビも!

taka1346yu at 22:38|PermalinkTrackBack(0)話題 

2012年08月24日

白黒

竹島問題はなかなか面白くなってきた。 テレビでは「島根県竹島」と表記するようになってきたし、この問題に伴い 過去のいろんななあなあを解決しようという動きがある。 中でもオイラが興味深いと思うのは、昔からある通名問題。 いわゆる韓国名、日本名という二つの名前を持つことについて、こちらも 知らないうちに改正入管法でハードルがあがっていました。 在日コリアンら特別永住者には新たに「特別永住者証明書」を交付。 本名のみが記載されるため、通名では暮らしにくくなるという。 ん?本来二つの名前がある方がおかしいんちゃうの? そして竹島や通名についての新聞記事がほとんど的を射てないのがおかしい。 竹島については日韓両国政府が熱くならず冷静な対応を見せるべき、なんて 勉強しかせず、ケンカもロクしたことがない頭でっかちが、高みから偉そうに 語っているけど、じゃあ仕掛けてきたのは?悪いのはどっち? 自分たちは曖昧な立場で、何の不利益も被らないから何とでも言える。 特に気になるのは韓国に対して強く物を言わないこと! こういう卑怯な連中がネットで多くの人が意見を言えなかった時代に、完全に ミスリードしてきた罪は重い。 また通名問題については。 従来の外国人登録証では通名を書く欄があり、本名と通名は事実上、 自由に選択できた。 しかし会場にいた20代の在日コリアン男性は「大学の卒業証書は通名、特別 永住者証明書は本名で、 就職の際に本人であると証明するのも難航が予想される」 「本名を名乗ることでいじめにあう現実が今も根深くある。 自らの出自を隠さないで生きていける社会の実現に向けて、多くの人に現状 を知ってほしい」 なんやそれ? 戦後、もう何十年になるの?しかも最近は韓流ブームで日本人の意識が変っ たんじゃなかったの?逆にいえば、いつまでも隠すから問題は解決しないん だと思う。実際、通名の知り合いは特にどうってことなかった。 それよりも使い分ける人間の通帳の二重取得や納税問題など、闇の問題の方 がはるかに大きい。また昨今のナマポについてもはっきりさせる必要がある。 都合の良い時は弱者、その陰で大儲けし脱税や北への送金・・・ それは韓国の未来志向、謝罪と賠償の使い分けと同じ図式じゃないかな。 そういう卑怯、ずるい、狡猾という日本人の思いが、彼らに対し負の感情を いつまでも思い続ける原因だというのをわからないとね。 また、正々堂々名のっている人たちにも失礼だと感じる。 新聞はいつまで語らないんだろういや語れないんだろう。 ほとんどの社説や論を読んでも「なるほどそういう考えがあるのか」という ような「さすが新聞」という感想は少ない。 逆に「どこの国の新聞」「どういう思考回路でこういう意見が出る?」 特に外国を相手にしたものではそういうのがほとんど。 もう戦後に区切りをつけなければならない時が来たんだと思う。 憲法、公務員、一極集中、公共事業、政治システム、教育、エネルギー・・・ 残念ながら邪魔をするのは旧来の連中、そして新聞もまたその一部。

taka1346yu at 18:14|PermalinkTrackBack(0)マスコミ