2013年01月

2013年01月31日

どっち?

今日はスキーを教えに行ってて、異なる二つの学校を見て珍しく考えさせら れました。一つは名門校そしてもう一つはインターNS。 どちらも良い学校というか、素晴らしい生徒という点では同じ。 しかし性格がすごく違っていて興味深かったです。 まず名門校は先生がきちんとされていました。 公立校のように言葉使いや態度が荒い人はいないし、品性や社会人としても きちんとされている印象があり、そのためか生徒も統率がとれていました。 普通、こういう感じだと子供らしさがなくなるものです。 その点はまったく問題がなく、明るく元気で、中に少し病弱な子がいたけど、 オイラの目が届いてない時にその子の道具を運んであげたりしてて、優しい 面も見せてくれました。 片やINSでは先生が大雑把というか、これがまた面白い。 そのため、細かいことは言わないし生徒は伸び伸びしていました。 終了時間とか、点呼とか厳しい学校が多いけどまったくおかまいなし! 驚いたのは、遅い子を面倒見ているうちに、先生が先に行ってしまい困って いたら、先の方で残りの生徒と休憩していてジュースを飲んでました。 普通の学校はそういうのは絶対に禁止!到着するとオイラにもおごってくれるし。 そんな調子だから、普通よりもハードル高く挑戦させたら、そういうのにも がんがんトライしてくるし、失敗を怖れないチャレンジ精神には日本人には ない何かを感じさせられましたね。 よく海外に出るスポーツ選手が壁とする環境の変化、道具へのこだわり、今 だと上下関係や周囲に気を配りすぎる繊細さもあるでしょう。 そういうのにまったくおかまいなしの姿こそが日本人には必要かなと。 これだけ極端だとどっちがいいのか複雑です。 名門校の規律、仲間意識、協調性、賢明さも捨てがたい。 INSのパワー、行動力、自立心、気骨も素晴らしい。 そう考えると、将来日本国内だけで生きるか、海外でもやっていくのかで 方向性が決まるのかなあと。 ただ国内だからといっても、やはり若い人には海外に負けてほしくないし、 ざっくばらんすぎてしまうのもどうかと思います。 これに対して答えは出ないでしょう。 どちらにせよ、オイラにとってはすごく刺激的な一日でした。 明日もINSの生徒とレッスンします。 彼らのパワーをもらってきます!

taka1346yu at 23:05|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2013年01月30日

後釜に

連日にぎわしている体育会系の体罰暴行。 その集大成ともいえる柔道界の件、その処分の行方もやっぱりという感じ。 柔道や格闘技系というのはパワハラが起きやすい土壌の基礎に、厳しい上下 関係や派閥や出身地など様々な要因があると聞きます。 今回も切捨てが出来ない事情がまさにそれで、出身大学を調べればすぐに わかることだし、橋下市長がテコ入れしたいのもそういう部分でしょう。 ただこういうのは日本全体に及ぶ問題なので、柔道界の処分に意見する人たち も、自分たちも同じようなことをしてないか胸に手を当てる必要があると思う。 何かの役職や就職もそうだろうし、情実と呼ばれることが巣食う日本。 実力や人格の素晴らしい人ばかりが選ばれるとは限らないどころか、クズが 重用されることも目立ちます。 それどころか嫉妬や妬みもあり、自分の後釜の方が良かったなんていわれたく ないとでもいうような、クズ人事は枚挙にいとまがありません。 そういう小さなことが多くの人に、あきらめ日本を感じさせています。 政治家は「適材適所の人事」なんてお題目のようにいうけど、何十年も積み重 なったこの体たらく、最近ではテレビや新聞メディアの凋落がいわれているけ ど、そうした組織にも同じようなことがあるからこそじゃないかな。 よくOOさんに代わる素晴らしい人はいないなんていうけど、ほんの少し見渡 せば、いい人はそれこそた~くさんいますよ。 逆にそうじゃなかったら、この国はとっくに滅びていると思う。 政治も変わりつつあるけど、日本的なこうした根っこも早く変わってほしい。 それにはまずある世代が一番問題で、そこが滅びれば解決する可能性は高い と思ってます。あと10年以上はかかるかなあ・・・

taka1346yu at 22:49|PermalinkTrackBack(0)話題 

2013年01月28日

奴らに痛みを!by天道ペイン

今日はいよいよ安倍首相の所信表明。 どうなるかわからないけど、一応は期待したいところだし、それなりの布陣 それなりの心意気も感じた。 たぶん今回の演説を聞いてほとんどの人は納得したと思う。 ある一部を除いては・・・ね。 相変わらずマスコミのクズさには呆れてしまいますわ。 多くの国民はまずは経済を何とかしてほしいと願っている。 この長く続いた不況から脱出したいと! またインチキ政権が放置した東北の復興も急いでほしい。 なにはともあれ、この二つの課題を抜きに語れないはずなのに。 アホどもは言う「憲法改正は?」「教育は?」「竹島の日は?」「靖国は?」 どう思います。 こういうのは手を突っ込まなくても、トップの心意気がはっきりすれば別に 変えなくてもいい問題でしょ。 「つべこべ言うと変えちゃうよ」て脅しておくだけで十分。 なにせ安倍さんが首相になった途端、多くのことが劇的に変ってる。 経済抜きに語る奴ってほんとうにこの国がどうなるかの行き先じゃなく、 利権側にいるため自分の財布が気になるとか、経済では部数が取れないテレビ や新聞、そしてイデオロギーの人々だけでしょう。 なにより一番腹が立ったのは民主の細野氏が「無内容」と発言したこと。 やっぱ政治家は批判も上手じゃないとね。 サヨになぜシンパシーが持てないかの決定的部分がそこにある。 ウィットやジョークを交え、ユーモアのセンスがあると聞く耳も持ちやすい。 が、よほど頭に来るのか、性格がもともと攻撃的で頑固なのだろうか。 「ヒトラー」だの「独裁者」だのワンパターンの繰り返しで、心に響くもの がまったくない。細野さんの言葉もまったく同じ。 逆に自民党の連中はウケを狙い失敗してるのは痛いけどね。 ニュースじゃまったくやらないけど、今の段階でもすごく変ろうとしている。 最初からトップギアじゃなくローから発進しているようで、よくよく観察 するとセカンド発進みたい。ほどよいクラッチとアクセル感覚。 もちろん絶賛することもないけど、今までが酷すぎたからね。 その時代にまったく痛みのなかった連中に痛みを与えてほしい。 それがオイラの願いです。

taka1346yu at 23:44|PermalinkTrackBack(1)話題 

2013年01月27日

空気

大阪から帰宅しました。 今回の大阪国際女子マラソン、福士選手は残念でしたね。 競技場の電光掲示板を見ながら、30キロ過ぎの時点では優勝かと思って いたのに、トラックに入ってきたのはウクライナの選手。 そのスピードは驚くべきものでしたね。 絶対にあきらめない精神を見せられたとき、1位と2位との差には何かこう ものすごい違いで、高山の水と洞窟の水のように同じ水、同じ清らかでも 明るい地へ出て行くものと、どこに向かうのかわからない迷走しているもの のような不思議な感じがしました。 それにしても大阪の空はきれいで美しい。 ずっとどんよりしていた田舎から、雪のない大都市に出てきたわけです。 人出も考えれないような違い、久々に人いきれを感じました。 とはいえ、空気はやはり田舎が良い。 空気、気温、湿度は自分にあった場所が楽というか、なんというか。 この時期の都市部は乾燥しているため、トゲトゲしい印象がします。 その点、田舎は体に優しい何かこう天然の塗り薬のような感じ。 帰宅後横になるとしばらく寝てしまいました。 湯につかり、寒さにかじかんだ体を元に戻し、ようやく帰った実感! これでまた明日からの別の目標に向かっていけるでしょう。 今回は寒くて辛かったのと、みんなで大阪を満喫した楽しさと二通りでした。 たまにあるこういう刺激は心底ありがたいと思います。

taka1346yu at 23:33|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2013年01月26日

ぼちぼちしたら・・・

今朝は恒例の大阪国際女子マラソンのお手伝い。 ただし外のイベントです。 すごく寒い。 いつもこの時期はかなり冷えます。 今回もこの冬一番。 ゴハンを食べたらぼちぼち出かけます。 明日の大阪は快晴でしょう。 いいレースに期待!

taka1346yu at 03:19|PermalinkTrackBack(0)わたくし事