2013年01月

2013年01月25日

深海に生きる

大島監督がお亡くなりになられた。 特にファンでもないし、映画も見てないから、どちらかといえばタレントと いう感じで、だからスルーしてたんですけどね。 テレビの追悼特集を見てたら監督の座右の銘が紹介されていました。 ご覧になった方もいるでしょう。 「深海に生きる魚族のように、自らが燃えなければ何処にも光はない」 実はオイラもこの言葉を座右の銘にしていました。 そこまで言うのは大げさだけど好きな言葉としてね。 実際中学のアルバムだったか文集の寄せ書きか何かに書いてます。 当時は成績も普通、スポーツも普通、容姿は今よりもかっこよかったって言っ てくれる人がいたけど、とにかく普通。 そういう人間てひとことで言えば自信がないものです。 自信がないと余裕がありませんから、他人のことや将来のこととか頭の中は からっぽになってしまい、自分が何をしたらいいのかさっぱり。 そんな自信喪失の頃に見かけた言葉でした。 腐っていちゃダメだ、他人を頼りにしてもダメだ、まずは自分から! そう言われているような気がして少しはこの言葉のように燃えてみようと。 自分が見えない姿と「深海に生きる魚族」というのがまたじーんときたし 「自ら」というのに自立と独立を促されているようで、いつかは独りで 何かをしていかなければならないと強烈に感じたものです。 ただ勘違いか、紹介した人が間違っていたのか 「深海に生きる魚族のように、自らが輝かなければ何処にも光はない」と ほんの少し違って覚えていました。 話は元に戻り、同じように感銘を受けていた大島監督になんか親近感がわい てきましたね。反骨精神と頑固ながらも優しい人、思いやりのある人いわれ また他人の才能を掘り出すことにも長けた監督のようにはなれないけど、 同じ言葉を好きだった縁でなんとか近づきたいと思います。 ちなみにテレビでは誰の言葉か紹介してませんでした。 ハンセン病の歌人:明石海人氏のことばです。

taka1346yu at 22:02|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2013年01月24日

叩けないよ ~

久しぶりに少年サッカーの練習に参加。 ここんとこ続いた体罰の報道を考えても、叩いて教えるなんて考えられない。 叩いた理由でミスでなんてとんでもないけど、中にはやる気が見られなかった、 反抗した、規律を乱したというものもありました。 でもね、そんなことくらいいくらでもあるよ。 もっといえば近所の住民でも思い通りにならない。 本音をいえばそっちこそ体罰を加えないとわからないんちゃうのかと。 でもね、やっぱ叩くつうのは余程のことだと思う。 オイラは何度も書いてるように教える相手、後輩を殴ったことは一度もありま せん。ただし先生と先輩に殴られて反発はしまくりました。 「何で叩かれなあかんねん」「理由を教えろ」ってね。 その答えをはっきり教えてくれた人なんて一人もいなかった。 それよりも辛抱強く言葉で指導していただいた先生と先輩には今でも愛情と 信頼を感じています。生意気だった自分を本当に変えようとね。 叩く人間は単なるイライラと「何でおまえはわからんのかアホか」みたいな 選民主義的なメッセ-ジだけ、痛みからは一生消えないと怒りと憎しみ。 だからオイラを叩いた人に会うと今でもコソコソ逃げ出す。 逆に言葉できちんと指導していただいた方には素直にこうべを垂れる自分が いる。その経験もあるから体罰には絶対反対! 厳しく教えたり、叱ったり、怒りをぶちまけたことはある。 でも叩かないとわからないだろうと考えたことは一度もないな。 たぶん、その時は自分の理論であったり教え方の敗北だと思う。 そうなってしまったら、潔く指導者という立場を放棄すべきでしょう。 スポーツも日々刻々と変わっていきますが、指導書の中に体罰をして効果的 な成果が上がるなんて一つもありませんしね。 オイラなりには叩いたことなければ、本当に好きだと思って教えてきたから 今でも彼等に合うと笑顔で近寄ってくれる。 最近は低学年の子も教えたりするけど、みんな自分から「教えて」とタメ口 で来てくれるし、そういう子が少し大人になり丁寧語に変った時が一番さいこう。 強制ではなくどこかで学んで自然とこちらに敬意を示してくれる。 そのときはコーチというよりもいい大人、いい社会人として見てくれている かなと、うれしく感じます。 言い訳のように体罰を肯定する意見をみると本当に頭に来る。 確かに非行や不良行為に対する体罰は認めなくもないですが、それも時代が 変わり、現在は警察に対応してもらうなり変えた方が得策だと思う。 子供たちの自分を見る目、それが一番正直です。 もちろん利害関係や損得なくイコールじゃないとね。 最後に断っておくと、良い人みたいに書いてるだけど競技中は豹変しました。 相手を傷つけたのなんて数知れず、ただし年取ってから骨折した時はとうとう 自分もやられてしまったと思いましたけど。(^^;) 試合中はガチになるけど、練習は抜くタイプだから、指導者の中にはそういう のが気に入らない人がいて対立することが多かったです。 こっちは本番に強いタイプなのにって。 ホント、いろんなタイプがいると思う。 ただし誉められてダメになる子だけは一人もいません・・・

taka1346yu at 21:30|PermalinkTrackBack(0)スポーツ 

2013年01月22日

やりよった

桜宮の生徒がやってしまいましたね。 記者会見で「礼儀やマナーなど人として大切なことを学んできた。 桜宮高の 伝統は正しいと思っている」って言ってたけど。 ネット上に橋下市長への暴言、飲酒喫煙の写真やなさけなくなるものばかり で、バカ発見器の本領発揮したものが次々と・・・ 下手したら人生終わりレベルの醜態に合掌。 その他にも学校にまつわるダークな情報もありました。 入学に関するもの、大学の推薦や口利きは、長年異動がなかった答えともい われているし、在校生や保護者が必死なのもそのせいだと。 それにしてもここまでの罵詈雑言、一体なぜと思うとやっぱ報道の仕方にかな り問題があったと思う。市長に対する攻撃がほとんどで横暴だの逆にイジメだ のそのほとんどは感情論で、本当の問題を作り出した顧問や校長や教師たちは 一切咎められないという不思議なものばかり。 ところが、こうした一連の行為以降はテレビはぱったり終了。 たぶん、このまま火がつけば生徒の質にまで広がり、最後には廃校にしても いいという過激な意見も飛び出してくるでしょうね。 ネットの方も当初は市長叩きの風向きがかなり変わってきました。 ざっと見渡しても「反市長だったがさすがにここまで腐っていたとは」 「最近の高校生とはいえ、さすがに許せない」「大阪の恥いや日本の恥」など 厳しいものが目に付きます。 今日は顧問が告訴されたというニュースもありました。 アルジェリアの事件もあり、今後の行方が気になります。 それにしてもやりきれないですね。 ある炎上した子が自分のところに書き込むユーザーにこう反応したそうです。 「私のところに勝手に書き込まないで」たぶん、こういう感覚なんでしょう。 パソコンは自宅にあるけど、ネットは外出と同じなのにね。 こうしたことは、いつ誰が教えてくれるんだろうか。 ちなみに、オイラも以前掲示板を管理してた時、不愉快なものやマナー違反 なものを辿ると学校っていうのがけっこうありました。 学校はど~なんてだろう? そうそう話は少し変って、公務員の退職金削減で早期退職のニュースが! この中には役所、警察、学校といろいろあったけど、仕組をそうしたんだから 損だと思う人は仕方ない話だと思う。 ただふと思ったのは、ずっと前でまだ先生が尊敬されていたころは、「給料 が安いのに先生はたいへんだ、でも熱意といい本当にありがたい」なんて 言われてた。それが変化したのはストをやり始めた頃じゃないかな。 教師は聖職じゃなく労働者だといい、悲しくなった人は大勢いたと思う。 オイラはそれはそれでいいけど、なら地域の人や保護者が問題ありとした場合 に、クビに出来るようにしてほしかった。 尊敬されなくなってから、暴力やサボタージュする人が増えた実感があるし、 思い起こせばサヨ教師やサヨ思想を教える人もいたしね。 そう考えると「橋下さんの改革は早すぎる、教育はもっとゆっくり」なんて 言ってた人もいたけど、それじゃあダメだろうな。 さてさて安倍首相は教育もご熱心だったけど、どうするかな。 とにかく奇麗事だけは何とかしてほしいと思う。

taka1346yu at 20:27|PermalinkTrackBack(0)話題 

2013年01月21日

麻生さん、下手だねえw

麻生さんの発言が物議をかもしたが、本人がすぐに訂正し鎮火した。 しかしよく言ったという声は多い。 政治家の失言について、良いことを言ってるのに受けを狙ったり、面白くし ようとするのが良くないよね。 内容が正論でも眉をしかめてしまう結果になるから。 今回の件も終末期医療について、自身の個人的生き方として「さっさと死ね るようにしてもらわないと」という言葉にシンパシーが感じられない。 もっと上手に、家族に経済的にも精神的にも負担がかかる、社会的にも多額の 税金がかかるなど言い様はいくらでもあるというのに残念。 オイラはおかんのことを思い出す。 最初にくも膜下で倒れて手術し、再度動脈がはじったら終わりと言われていて、 それでも13年がんばってくれた。 その二度目が来た時、お医者さんに聞かれ、父が言ったのは「自然のままに」 だった。延命は即答で断った。 もちろんオイラも同意したが、ただ「妹家族が来るまでは間に合いますか?」 とだけ付け加えた。 一晩中苦しみの声、お医者さんは「もう意識も痛みもないので・・・」と。 そして翌朝に旅立った。 おかんは、いわゆるぽっくりだったので家族としてはほっとしている。 葬式でガンやその他長患いした人たちの話を聞くと、やせ細り苦しみ、その 姿を見ると「もうがんばらなくていいから、早くお迎えが来ないのか」 そう思うくらい可哀想だし、辛いというのを聞かされました。 家族もたいへん、本人はもっとたいへん、ならば・・・ そう思う人は多いように感じます。 お金に余裕がある人はけっこう延命を頼むみたいですね。 しかし父が言った「自然」という言葉は重たいと思う。 母の命日についてまったく違和感がないけど、もしも延命治療後だったら・・・ 自然じゃなくなってしまうと「たら」「れば」で迷う気がする。 また麻生さんが言うように、本人が希望し、「もういいですから」と決める のも不自然だとは思いません。自身が決めた命日もそれでいいと思う。 生かすのも優しさ、死なせてあげるのも優しさ。 ニュースでは医者や政治家が会議してなかなか結論が出ないって言ってた。 こういうのは、それこそ国民投票で決めるのが良いと思うな。 一部の識者が決めるんじゃなく、多数決で決め、もちろん例外も認めれば いいけど、国としての方向性が出ることで納得もいきやすい気がする。 ちなみにオイラも出来たら安楽死を希望! 最後に! 死を考えるとことは生を考えることにつながりますね。 S高校のように死んだ生徒よりも在校生のことばかり、こういう人たちは 決して心の幸せはつかめないだろうと言いたいです。

taka1346yu at 23:27|PermalinkTrackBack(0)ニュース 

2013年01月20日

いろいろ思う

鳩山さんという人はあれなんだろうね。 その場その場で何も考えずに「賛成」「同意」「納得」を連発するんでしょう。 沖縄に行けば基地は県外、米軍司令官と話せば海兵隊は抑止力、そして・・・ つまり目の前の人にはいい顔をする。 離れていれば強気の発言、でも近くで話すと・・・これの連続。 八方美人という言葉があるけど八方変人。 信用もないし好かれないだろうけど金持ちだからな、使いようはある。 困るのは罵詈雑言を言ったら、言った方が「アホにそこまでいわんでも」みた く注意されそうなのがね。 もう政治家じゃないし、この先はどうなることやら。 たぶん脱原発や沖縄サヨ、韓国に利用されていくんでしょう。 テレビが不人気なのだという。 まあ、ネットをやってる人にとっては当然というか、まだ見てるの?て。 特にフジテレビは断トツでTBSも窮地。 何度も書いてるけどもう少数意見に配慮なんて今の日本にはいらないよ。 少し前まではまだまだ強権的なことが多く、少数意見というよりもサイレント マジョリティだったから取り上げてほしかった。 それがいつしか、本当の少数というか一般人はそう思ってないよという方を さも大多数のように操作するようになってきた。 今回の大阪市の騒動も一部の反発を取り上げているけど、大多数は橋下市長 を支持しているし、300万都市で500人前後の反対なんて・・・ねえ。 役をしたことがある人ならわかると思うけど、全会一致なんてないよ。 絶対に反対する人もいるし、中には理解不能の反対もある。 最後は多数決で決定するんだけど、わからん奴はそれでも抵抗するから。 聞く耳もいつしかモンスターを生む結果になったしね。 ここ最近ネットでよく目にするのが、日本の円安に韓国のウォン高に対して 不快感を表明していること、これって何なん? この前までは品質と技術で勝ってるって言ってたやん。 日本はずっと円安で苦境に立たされていると言ってきた。 そしたらなぜ円高にしないのか・・・ 今になって原因が民主党政権にあったっていう事実、これにもう。 先日の飯島元秘書官が官邸に入ってわかった事実として、恐ろしい連中が 跋扈していたというのをばらしていました。 これじゃあ韓国大統領が竹島入りしたり、強気な発言をして何も言えなか ったのも理由がよくわかりましたね。 やってほしいことはやらず、やってほしくないことをやろうとすると言われ たけど、それ以上に国を滅ぼそうとしてたんだと。 やはり左巻きは同じような国を見てもそうだったように、伝統・文化・歴史 を壊そうとするのが特徴なんでしょう。 しかしいろいろ頭に来ることもあったけど、それらが修正されれつつあるこ とでイライラもかなりなくなってきました。 まだまだ不景気も続き、先は見えてこないけどほんの少し灯りが見えた、そ んな感じですね。

taka1346yu at 23:28|PermalinkTrackBack(0)わたくし事