2013年05月

2013年05月30日

今日のあれこれ

いよいよオーストラリア戦を前にした、代表の調整です。 本田選手を欠いてもなかなかの顔ぶれ、相手はヨーロッパの強豪の一つブル ガリア、しばらく元気がなったけど復活しつつあるようです。 試合開始から終始、ブルガリアペースでしたね。 日本はパスカットもいいし、ディフェンスもそんなに悪くないけど、気になっ たのは、ボールを獲った後に周りを見て探すこと。 これでビルドアップの時間をかなりロスしています。 特に日本は俊敏なパス回しをすれば、かなり得点の期待が高まるため、逆に 少しの遅れで相手の守備の時間を作ってしまい、チャンスを逸していました。 シュートがゴール枠内に行かない不正確なものにもなったでしょう。 ブルガリアがミドルでさえも枠にいく姿を見て驚いたし、何より案外小柄な 選手が多いのに、フィジカルの強さに驚きました。 まだ時間があるんで、これから調整してくれることでしょう。 疲れもあったろうし、悪くはなかったんでAUS戦に期待します。 話は変って、今日は橋下市長の問責決議がどうなるか注目していました。 大阪市長の問責は初めてのことだそうです。 そしてその原因が市政の混乱と大阪のイメージダウンということだけど、 ネットを通じて国内、国外の反響を見ていると概ね悪くはない感じ。 反対なのは特亜、サヨ、日本のメディアくらいでその他の国々は沈黙してる し、日本国内の一般市民の意見もよく言ったというのを目にします。 そういう状態での問責? なんていうか、内容よりもいつもの橋下憎しだけの印象があり、あまりいい 戦術じゃないだけに、落としどころがどうなるか注目してました。 そしたら否決だって、もう笑うしかない。 そうなると市政を混乱させているのは議員ていうことになる。 びびったんだろうね。 市長が問責が可決されたら、辞職して選挙で信を問うと発言。 そして解散選挙を恐れ、急にトーンダウンしてしまった。 本当に情けないというか、恥さらしとしか言えない。 日ごろは「独裁だ!」なんて、叫んでいるけど独裁政権下の多くの国でも それに抗う政治家はたくさんいた。それなのに・・・ 屁たれ大阪市会議員、もう完全に市民に見限られたぞ。 そしてメディアも相変わらずの憎い視点ばかりだけど、そうすればそうする ほど判官贔屓の強い大阪では逆効果でしょう。 やっぱ政策の方をきちんと見て、実現・実効性を語ってくれる対橋下戦略で ないと、自分の生き残りだけじゃねえ。 これから負け犬の遠吠えがどうなってるか調べたいと思います。

taka1346yu at 23:20|PermalinkTrackBack(0)スポーツ 

2013年05月29日

スロージョギング開始

どうも体調が優れない。 原因はやはり運動不足みたい。 野球をやってるけどパワーがなくなったし、サッカー指導では走ったり、蹴る こともあまりしなくなりました。筋力はずい分弱っていると思われます。 そして今日、久々に蹴ったら、まったく力が入りません。 足にすごく違和感、こりゃあやばいと。 練習中だったけど、軽くスロージョギングしました。 ちょうどテレビで見てて、これくらいはしなくちゃと思ってたんで、 負担は少なく遅筋を鍛え、無理なく体を絞るものです。 実は最近首が痛くなりました。 こちらの原因も下半身が弱くなり、全身の血流が悪くなっているからだと 自己分析しています。 また、運動せず、食欲も同じなのに体重が減ってます。 加齢により痩せてはいるんでしょうが、その分筋肉も減っているんでしょう。 そう考えると、やはり何かしないといけない時期になってます。 そして一番は走ることなんだろうけど、もう無理は出来ませんからね。 トータルで考えて最良なのがスロージョグ! しばらくはがんばってみようと思います!

taka1346yu at 21:13|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2013年05月27日

ドッキー快挙!

久々にいいニュースが飛び込みましたね。 ドッキーこと井戸木鴻樹プロが全米シニアプロ選手権というメジャー大会で なんと逆転の優勝。日本人の全米メジャーは樋口久子プロ以来2人目だとか。 原田伸郎のパーゴルフを視聴してる人なら、ご存知のドッキーですが、選手 時代はそれほど目立った成績はなく、最近シニアツアーに移ってからめきめき 頭角を表し、優勝や賞金王にもからみ、その結果で全米出場したみたいです。 主な結果はないとはいえ、フェアウェイキープ率ナンバーワンを何年にも わたり誇っていたので、実力はかなり高いでしょう。 あとは運とか、小柄な体格の難しさ、ケガとかが関係していたようです。 そんなドッキーですが、人柄もよく、番組内でもナイスショットをすると 「ありがとございま~す」と謙虚に答える姿にファンも多いし、関西プロ選手 の中でもかなり信頼が篤いと評判でした。 オイラもシニアの大会は応援していたのですが、まさかの全米! しかもそれを観てたら、一番好成績だったのは室田さんのはずで、確か3日目 のボードには名前すら出てなかったのに、最終日にいきなり優勝。 びっくりしました・・・ メディアの反応がよかった。 「誰?」ていう感じ、たぶん若く見えたろうから、本当に驚いたでしょう。 アメリカの番組でも高評価でした。 ゴルフをしているとパワー信仰があります。 とにかく飛ばす人に憧れ、どれだけ飛ばしたかが武勇伝みたいな感じ。 もちろんオイラもその一人で、以前は300なんて軽いし、打ちっぱなしに いくとスゴイ振りと音に観客も来るほどでした。 しかし・・・スコアはさっぱり・・・ そんなこんなで一時は退いたゴルフも、野球やサッカーのようなパワーや スピードを必要とする競技が出来なくなり、2年前に復活しました。 当然、以前のようには飛ばせないけど、正確性の重要性を知り、軽くしかし 確実に打つことを知ってから、スコアが各段によくなりました。 それはまさにドッキーの体現しているフェアウェイキープ率を重要視する ゴルフに近いものがあるでしょう。 ずっと前に飛ばしまくってた頃、言われたことがありました。 「300ヤードも1打、30センチも1打」 今では若い子にその話をするときもあります。 何より、パワーを必要としないため、これからも長く楽しめます。 そして年をとってもドッキーのように活躍する選手がいるのが、何となく うれしい気がします。いろんな意味で祝福したい気持ちでいっぱい!

taka1346yu at 22:58|PermalinkTrackBack(0)スポーツ 

2013年05月26日

体がうれしい時期?

ちょくちょく書いてるけど季節の変わり目になると、やたら眠くなる時期が あるんですよ。四季は四つあるから1年に四回。 今の春から夏だと、あまり湿気がないし気温もちょうど気持ちいい。 夏から秋は少し涼しくなって気持ちよくなり、秋から冬もこたつとか、そう いう暖房器具のもと心地よくなります。そして冬から春もしかり。 そのたびにやっぱ動物なんだなって考えてしまいますね。 人間は動物なんだけど、自覚としては違うみたいなとことがあるけど、思考 とは違う本能の部分が知らず知らずのうちに感受しているんでしょう。 それに対抗して理性や我慢があるけど、快楽とか欠乏に対する欲求はどうして も抗えないところが動物なんですよね。 もう少しすれば一年で一番やっかいな梅雨がやってきます。 外出する気もなくなれば、活動自体したくなくなります。 また家にいてもむしむしジメジメでイライラしますしね。 そうやって思っても農業してる人たちにいわせれば、梅雨がなければ作物は 大打撃、たいへんなことになりますから悩ましいところです。 それにしても昼夜の寒暖差の凄まじいこと。 暑くて布団をはねのけ、風邪を引くなんていうこともあるでしょう。 ときたま朝にくしゃみが続くこともあります。

taka1346yu at 23:06|PermalinkTrackBack(0)わたくし事 

2013年05月25日

日本への戦略

最近中国と韓国についてふと思うことがあります。 両国ともよく知られた反日国家で、その難癖は理解不能なレベルどころか、 おまえさんたちは日本よりも自国がたいへんじゃないのか?と言いたくなる くらい実際どちらも尻に火が付いています。 歴史認識とか反省とかいうけど、それも70年前のこと。 中国はそれよりも文化大革命や天安門事件が近々だったし、韓国についても 朝鮮戦争や光州事件など生々しいものがたくさんあります。 日本人なら戦争はとっくの昔で、問題はバブル後から復活だったり、最近では 民主党政権の打撃からも回復したいところで、はっきりいって中韓なんてどう でもいいのに、逆に彼らはそれが気に入らないんでしょう。 嫌い嫌いと言いながら、見てよ、振り向いてよ、気にしてよ・・・ん~うざい! それならば、好かれようと思えば見てあげたいけど、よく男の子が好きな子に ちょっかい出すようにいろいろしてくるよね。そんな可愛いもんじゃないけど。 そしたらついに日本も大激怒状態になった。 自民党政権下でも両国におもねる議員がいたけど、自民大敗時にそういう老害 が一掃されてしまった。いま観察すると調整役さえほとんどいない。 その結果、とうとう振り向きもしないし、見捨ててもいい世論。 逆に過去のように媚びてしまうとやばいくらいになっている。 そして、オイラが考えるのがここからなんですよ。 どういうことかといえば、それでもなおパク・クネ大統領は反日を慰安婦の 件で揺さぶってきました。しかしこんなのは戦略にもならない。 日本もそもそも日韓基本条約があるし、大体責任を感じる人間自体ほとんど 生き残ってないどころか、戦後他国に戦争をしかけてない。 はっきりいって、暖簾に腕おし。 そうこうしているうちに、中韓ともデフォルトの可能性が噂されている。 中国も最近は反日が少し影をひそめたし、韓国は7月にスワップ終了。 それでも止めない、いや止められない反日・・・ ん?ひょっとしたら、一回自国に大打撃を与え、そこを日本が救済。 そして、そこから親日とまではいかなくても反日を終了させようという腹づ もりは考えられないだろうか。もしそうなら賢いけど。 ま、この可能性は20~30%くらいだと思いますけどね。 もしオイラが韓国の大統領なら、そうするけどならば少しは今の時点でも 関係を保ちたいところ・・・やっぱ違うかな。 とにかく、嫌ってるような国にどうこうしてあげようなんて無理でしょ。 日本人の性格を知っていれば、戦略は簡単なのに本当にバカだと思う。 その点では大戦後に跳梁跋扈してた周恩来、訒小平、朴大統領・・・ 彼らはしたたかで賢いなって思いますね。

taka1346yu at 22:17|PermalinkTrackBack(0)ひとりごと