2014年03月

2014年03月31日

区切り

笑っていいともがついに終わった。
観てなかったからどうでもしいし、何の思い出も感想もない。 
とはいえ32年間続いたのをどう考えるかはまた別の話で、この番組が
始まった頃はオイラもまだまだ若かったw

時代はバブル、フジテレビはまだまだ三流のテレビ局、だからふざけて
いた印象やいい加減なところがあったのが逆に良かったと思う。
他局はお硬く、世の中も笑いに飢えていたし、笑い飛ばすのも批判や
社会を斜にみる感じで面白かった。

今でこそ親、先生、指導者、上司、先輩・・・と面白い人やユーモアのある
人が人気だけど、一昔前は許されなかった感じだったのをテレビがどん
どん切れ込んでくれ、社会を変えていった先駆けだったと思う。

一般参加番組が全盛で、素人や半プロみたいな人から、いわゆるテレビ
タレントみたいな人たちを生み出す欽ちゃんの時代から、玄人受けしてた
タモリを使うことで徐々にお笑いのプロが席巻するようになりましたね。

前の番組だった「笑ってる場合ですよ」が、お笑いブームで毎日漫才師が
司会だったんだけど、その人たちをさらに操縦できる司会者といった感じ。 
そこにはもう素人が必要とされなくなり、日々の刺激のために募集すること
はあっても基本的にはプロの場になっていきました。

しかしバブルが終わり、阪神大震災のころに、この番組は終わるべきだっ
たというのが個人的感想です。
もう世の中笑ってどうなるって感じじゃなくなってきてたし、 逆にふざけてい
る印象の方が強くなり、シリアスに物事を考える人にさえ笑いを求めるよう
になってしまい嫌になってきました。(先日の安倍総理への爆笑問題の発言)

そのせいで真剣な番組も必ずお笑いタレントが登場し、議論を呼びそうに
なるとバラエティだとしてる逃げる姿勢に辟易した人も多く、ネットの登場
がテレビ離れを加速する結果となりました。

そして東北大震災が起きたここ数年に至っては、笑いよりも感動や感激
するようなこと、真剣にコツコツがんばってること、陽はあたらなくても世の
ため人のためにやってるようなこと、若い人たちのOO離れに象徴される
物事の価値観もずいぶん変わってきたんじゃないでしょうか。

そんな時に笑っていいともの司会で一日何百万単位の収入の話やちょっと
したお笑いでさえ億万長者だらけ、少し前までは芸人は貧乏だと言われて
いたのがいつしか庶民が笑えないほどのお金持ち化に唖然。

確かにテレビに出るような人はサバイバルで生き残っているんだから、才能
とかいろいろあるでしょうが、それと給料のバランスはどうなのかって。
よくスポーツ選手が億稼ぐ話が出るけど、ジャンクスポーツの司会をしてた
浜田なんて、聞きながら笑ってたんじゃないかな、腹の底では。

夢を売る商売ではあるけど、現実離れしてしまうと笑えなくなってしまった。
そもそもテレビの広告収入が高騰すればそれは一般に響く。
彼らが自分の実力だと天狗になるのも無理はないけど、みのもんたのように
バッシングされ、干されればどう表現すればいいんだろうね。

なんか話が脱線し、横道にずいぶんそれてしまいました。
笑っていいともだけが今のような風潮を生み出してきたわけじゃないけど、
少なくともそのひとつであり、今だに続いてたマンネリに苛々していたのは
オイラだけじゃないと思う。

この番組が終わるにつれ、お笑いの御大といわれていた人たちのレギュラー
番組も次々に終わったり、彼らの新番組が数少ないも偶然じゃないでしょう。
タモリも終わったんだから・・・と、この効果は絶大。

悲しい、寂しいという人もいるでしょう。
しかし一生遊んで暮らせるような富を得た人たちのこれからなんて興味もない。
泣いていたのは出演番組が減っていくタレントでしょう。

「笑ってる場合ですよ」から「笑っていいとも」へ。
そして次は「笑ってる場合じゃない」が現実になりつつあり、笑ってた人たちは
もうどこかへ行って下さいっていうのが、日本の現状じゃないかな。 
もちろんお笑いばかりじゃなく、大河の不人気、ジャニタレの視聴率低下など
いろんな方面も似たようなものです。

現実離れから現実を直視し、茶化すことなく真面目な日本がいいな。
つまらないって言うかもしれないけど、もう昔のような堅物も少数派、逆に少し
は真剣になるくらいがいいと思う。 
今の日本でヘラヘラ笑ってる人の方が笑われてしまいますよね。 

taka1346yu at 23:48|Permalinkテレビ 

2014年03月27日

深すぎる闇

ようやく袴田事件に光が差しました。
この事件を知れば知るほど警察・検察・裁判所というのは一体だれの
ため、何のためにあるのか疑問でしたし、こういうのが死刑廃止論の
根拠にもなってしまうため、苛々した人は多かったでしょう。

明らかに冤罪と思えるような内容と、一刻も早くDNA鑑定すれば結末
もはっきりするというのになぜ?
オイラが調べた範囲で、冤罪の多くに時間がかかるのはその当時に
捜査・審判した人たちが定年退職もしくは死去するなど、責任が及ば
なくなるのを待ってるからというのがありました。

いわゆる無謬性というやつで動いているため、過ちを認めないという
歪な構造が、逆に正義じゃなくなっている恐ろしさを感じます。
自分たちの面子、上司が間違っていても言えない、道筋が出来ると
その他のことは無視する、派閥争い・・・クソだな。

硬化した捜査手法が冤罪を生み、真犯人を取り逃がす。
今は変わってきたと信じたいけど、いやいや最近でもいくつもあったし
何よりその反省として取調べの可視化が言われていながら、改善しよ
うという気配すらないことに、あきらめ感いっぱいですね。 

とはいえ、証拠の重要性、自白は信用しないなど状況証拠による判断を
しないとなると、和歌山カレー事件の林被告は無罪といわれています。
(砒素の成分は林家にあったものと一致するというデータはある)

みなさんはどう考えますか。 
そろそろ日本にある性善説にたったいろんなシステムを変えていった方が
いいと思いますね。 

taka1346yu at 22:31|Permalink話題 

2014年03月26日

デジタル反応

いまやネットはテレビ・新聞・ラジオと肩を並べる、いやいやそれ以上
ともいえる即時性と信頼性を勝ち得たメディアになってきました。
お陰で既存メディアをみる機会が減った人もかなり多いようです。

早いことはうれしいけど正確・真実かはまた別問題で、とりあえず
そういう事件事故があったという事実を受け止めるようにしています。
というのも、情報はソースが肝心ですからね。

誰が発信したものかで後々180度変わることもあり、早い段階で
それらのニュースに振り回されてしまうと収拾がつかなくなります。
例えばネット遠隔操作で係争中の片山氏のように、早々と犯人だと
決め付けるようなコメントをたくさん見ました。

オイラも怪しいとは思ったけど(現に真犯人が声明を出さない)、そこは
はっきりしてから、特にブログなんかには書こうと考えています。
すぐに思いつきでやってしまうと訂正とか、謝罪をしなければならないし、
いくら無責任な立場とはいえ、小さなチリのような意見も集めれば無視
できないくらいのものになるでしょうから。

ネット上ではすぐに正しい・間違い、イエス・ノー、良い・悪い、などをあまり
考えなく脊椎反応のように答えているものが多いと感じます。
オイラはそれをデジタル反応と呼んでいて、ニュースサイトなどの読者
コメントには注視するようになりました。

先日のものとしてはまず小保方さんのSTAP細胞に関する報道でも、すぐ
に「怪しいと思った」などと書き込んでる人がいました。その根拠もまだ
掲載されていない時期だったのに、疑惑があるという報道段階ですぐにそう
した意見を書くのは危険でしょう。

あと元プロ野球選手の清原氏の薬物疑惑なんかでも同じような印象を受け
たし、最近では意図的な心象操作をしようとする安倍首相や橋下市長なん
かへのものはさらに注意深く見るようになりました。

先日ニュースを見ていたら冤罪に関する特集をしていました。
最後の締めくくりの中で、逮捕されたからとはいえ、容疑者の段階なのだか
ら、裁判で結果が出るまで犯人扱いしない方がいいなどと、オイラが物心
ついたころから言ってるようなコメントをしていました。

いやいやそういう話じゃない。
現行犯逮捕があるし、社会的な影響力が大きいようなものでは逮捕に
よって混乱を防ぐ場合もあるし、一概に慎重になれというのではなく、
 もっといえば警察発表ばかりじゃなく、容疑者の言い分も掲載するとか、
それが無理なら「以上が警察の主張です」と付け加えればいいでしょう。
 
特に中韓に対しての報道には慎重に反応したいものです。
こちらはいろんな思惑が見え隠れするもので、デジタル反応はそうした連中
の思う壺にはまってしまう可能性がありますから。
読んで、まず一度飲み込み、それからじっくり考えたいものです。 

taka1346yu at 22:40|Permalinkひとりごと 

2014年03月24日

ようやく・・・

やっと体調がよくなってきました。
やはり健康でないと何をするにも気力がわきません。

同じ時期に家族が入院してしまい、ここんとこ書くこともしていませんでした。
それも本日無事退院!
少しずつ復活していけるでしょう。

それにしてもインフルエンザはきつかった。
昔の人が死んでたのもうなずける。
今は栄養がいいですし、室内外のコンディションも整えられますからね。

彼岸も過ぎて暖かくなってきました。
そろそろジョギングも再開しないと! 

taka1346yu at 20:27|Permalinkわたくし事 

2014年03月16日

しんどい

ここんとこ家族が入院したりしてて疲れたのか、それとも飲みが続いた
こともあったからなのか、風を引いてしまいました。

と思ったら、友人からの電話でインフルエンザが流行っているとのこと。
確かにのどに来てるし、節々も痛い、寒気も少々。
たぶん微熱もあるでしょう。

しんどくはないけど、やはり不調には違いないです。
食べたり、寝たりしてて普段なら一晩で治るのが三日目。
やっぱインフルエンザかな?

手洗い、うがいで防止してください。
今夜も早寝します・・・ 

taka1346yu at 22:51|Permalinkわたくし事