2014年04月

2014年04月19日

国も沈む

韓国のフェリー事故の痛ましさをどう受け止めたらいいか。
とはいえ事故以上にいろんな思いが心をよぎる。

日本でも例えば亀岡での通学の小学生に突っ込んだ事故で、無免許
の運転者への罰則、通学路が抜け道になっていて普段から交通量が多
かったなどの予想できた問題点。
同じく京都でてんかんの持病があった者の事故も物議をかもしました。

事故や死人が出ないと何も変わらない。
犠牲者がその後の法律や条令を変えることは多いけど、出ないと変えら
れないことに苛立つ人は多い。
それでも数多くの犠牲の上に世の中は進んできたと思う。

特に航空機事故ではいったん事が起きると大惨事になるため、原因追及
がしっかりなされた後には、全世界的に防御策が通達されるなどその改善
にかなり力を入れるのは有名な話です。

さてさて今回の韓国の事故に戻ると、はたしていつの時代の事故?っていう
ようなことが次から次に出てきます。
というのも、こういう話は過去にどこかで聞いた話で、普通は同じ惨事が起
こらないように対策がなされているはずなのにさっぱり。

そこに国としての対応性、想定能力、それらを実際に行う人間力などいろん
な方面の力が必要とされれるのに酷いどころの話じゃありませんよね。
またそれらの基本となる情報の信憑性から、処理能力、判断力についても
杜撰というか稚拙というか滅茶苦茶という印象です。

個人的に一番腹立たしいのは、日本の申し出を公開しなかったこと。
断るのは別にかまわないでしょう、それは国の事情だから。
下手に外国の機関が来れば混乱することもありますしね。 
でも「日本から何もない」と騒ぐ韓国民が出てくることが腹立たしい。

こういう点でも事実にないことや、都合のいいこと悪いことを使い分ける
ダブルスタンダードがすべての問題の根底にあることが気づかないのか。
そうした情報統制が結局は足を引っ張り、悪い方向へ向かっていく重大な
要因になっていることに気づけない悲しさ。

事実は必ず時間が経ってもわかってしまうというのに、目の前の不都合から
抜け出したいための浅はかさが賢くないと思うし、そうした人が上にも下にも
数多くいることが韓国の最大の悲劇だとも思います。 

また問題点を見抜く目が完全に別方向というのも痛ましい。
日本なら「救助の訓練や誘導訓練はしてなかったのか」「改造について国の
安全基準や許可はどうなっているのか」「航路についての法律は?」など
そういう指摘が出てくるのにまったく出てこない。

それ以上にがせネタやしまいには詐欺とか、救援物資の盗難まであるという
のだから、どこまで後進国なのだろうかと思う。 
たった一つの事故から、なぜ韓国という国が経済的に成長し、普通なら国民性
も向上するのに、一向にそうならない根深いものを見たような気がしました。

日本人は逆に冷静すぎるという批判もあるけど、今は感情をぶちまけている時
ではなく、何が最善最良なのかを判断し、その後に法律で裁かれればいいと
いうことこそが、法治主義の発達している国だと思いますね。
そう考えると韓国民が国とか法律を信頼してないのがみえてきます。

日韓基本条約が韓国国民の感情で反故にされかねないと日本人は怒るけど、
逆に韓国民の中にも法律に対する不信が生まれてしまうのでしょう。
結局はネットにもよく書かれているけど最後はブーメランなんですよね。

生存者はいるのかすごく気になるけど、今のままでは助かる気配も感じられ
ません。また責任者となりそうな指揮者も誰なんだか。
犠牲者は浮かばれるのでしょうか、それとも・・・ 

taka1346yu at 23:38|Permalinkニュース 

2014年04月16日

テレビの行方

四月に入り、改編期ということなのか新番組がちらほら。
ほとんど見ないけどネットでは視聴率の低下があちこちに書かれている。
特に朝でははなまると昼はいいともの後が、またドラマとプロ野球中継の
苦戦など、炎上商法ならぬ低視聴率を伝えることで逆に注目させようと
しているのか、毎日毎日でウザイ。

オイラは知らないけど、映画からテレビに移るときがこんな感じだったろう
と想像しますね。映画館から離れ、製作者もテレビは二流だなんて言って
たのが、どんどん人材も流れていく。
そんなテレビがネットの悪口ばかりを流している間に終わりを迎える・・・

ある本を読んだらこう書いてありました。
多くの人はテレビ局を大企業のように思っているけど、実際の規模はそうで
もなく、就業人数や規模でいえば中堅企業になる。
思っているよりも小さく、逆に大企業に影響を受けやすい、つまりはスポンサー
や視聴者の声に振り回されやすいということ。

それがペイチャンネルのようならまだしも、国からの免許制ということもあり
冒険できなくなってきた。人材も人気企業になってしまったことで、一流大学
に縁故採用が跋扈し、いいとこの坊ちゃん、嬢ちゃんだからけになってしま
った辺りから、終わりが始まったというのに納得がいきます。

視聴率低下ははっきりいって仕方ないでしょう。
いまオイラの周囲でどれだけの人がテレビ番組の話題を出してくるか?
子供の頃は教室での話題はテレビ中心といわれたけど、最近ではそれも
どうかと思う。週に何回か会う少年サッカーの子供たちも言わないから。

ただ数字、数字いうわりには本当のとこはどうなの?ていう疑問の方が大きい。
ご存知のように地上波はデジタルになり、カードを差し込むようになってるわけで
それなら、一台一台のデータがきちんと取れるはず。
今までのような一部の家庭の視聴率を全体として調べなくても、もっとはっきり
何万何千何台の家庭が見ているかわかるでしょう。

最近は出さなくなってけど昔は総合視聴率というのがありました。
まずは基本となるどれだけの世帯がテレビを見ているかという重要な数字で、
同じ1%でも3000万人か、2000万人かでは全然違いますからね。
そしてその総合視聴率自体がかなり激減しているのに一向に出してきません。

これは本当に大問題でしょう。
なぜなら、広告費は回りまわって我々の購入代にも含まれているんですから。
例えばあるシャンプーのCMに5億かけているのと2億かけているのでは誰が
考えても値段が変わることくらいわかるはずです。

注意して見ていただくと高級車のCMがないのにお気づきかな?
レクサス、クラウンの新車が出てるし、ここ最近は外国車が好調なわりにテレビ
でCMはうっていません。どちらかといえば燃費車や軽自動車が多いです。
つまり自動車会社はそうした高級車の購買層がテレビを見てないと分析しており、
テレビはどちらかといえばお金を出さない人向けになっています。 

ちょっと考えたらわかるけど、趣味に金を使う人はペイチャンネルを見るでしょう。
情報がほしければ本や雑誌、ネットで調べるものです。
テレビの情報は「無料」「調べない」「影響されやすい」「安い買い物」の人たちの
ものというイメージが強くなっているのです。

その証拠にテレビ局はこれだけ番組がバラエティ化し、横並び化し、マンネリと
いわれながら変えようとしないのも、視聴者層も同じだからなんでしょう。
オイラからすればファミレスの食いもんメニューを食べつくすとか、いちいち芸能
タレントがコメントをいうような番組なんて見るのも時間の無駄だと思ってます。

またグルメでは絶対に辛口の意見が出ないし、討論番組では例えば日韓問題だ
と双方ともいつもどこも同じコメンテーターしか登場しません。
今日は韓国の定期就航船が沈没した事故が報道されているけど、早くも日本製
がどうのこうのなどというくだらない報道している局がありました。

ここまで批判めいて書きましたが、ドラマについてはNHKの朝ドラをみてます。
これを見てるとつくづく思うのは、出演者つまりはキャスティングよりもまずは
脚本ストーリーということですね。
半沢直樹がヒットしたのは主演の役者ではなく、あくまで物語。
相棒もそう、朝ドラも他の誰かがやっても同じくらいの視聴率を取るでしょう。

つまらない、つまらないと書いてますが、そうじゃなくて本当にいいもの面白いもの
なら、今のご時世でも必ず一昔前のように多くの人が見るだろうな。
オイラが局の人間だとしたら、プロ化を進めてきたわけだけど、また素人参加の
ようなものや素人に脚本を募集するとか、一般からの発掘を考えると思う。
そうした冒険すら考えられないというか、真相は頭を下げたり、頼むというような
ことすら出来ないくらい空気が澱んでいるんでしょう。 

taka1346yu at 23:44|Permalinkテレビ 

2014年04月14日

怖いものが怖くない

格安物件とか心理的瑕疵物件て聞いたことがないでしょうか。
何らかの欠陥・欠点を有する状態を瑕疵というんだけど、そこに事件、
事故、自殺などがあり、心理的な負の要素が加わるというものです。 

もっといえば、人が死んでるなんてあとこち山のようにあるはず、その
中で問題視されるというのは、改装、改築しても住人がいつかなくなる
ような、なにがしらかの要因があるということでしょう。

つまり怖い話に出てくる幽霊が出るとか、祟りがあるとか、なぜか臭い
が取れない、しみが消えない、人の気配がするなど様々です。
それらの説明をせずに契約すると、不動産屋の方が訴えられることに
なりますからたいへん。

ただし一度住人が借りれば何ヶ月か経過すると、その説明責任が無く
なるということで、事情の知らない外国人を住まわせたり、そうした専門
のバイトがあるという話も伝え聞きました。

ご存知のように値段は周囲よりも安くなるのに、借り手がつかないという
ことで忌み嫌われるもののはず・・・・でした。
ところがここ最近事情が変わり、なんと逆に狙う人が増えているのだとか。
幽霊よりも現実の家賃の方に軍配が上がってしまったということです。

京都の学生時代は土地柄もあってか、そうしたところが多かったですね。
友人の中には瑕疵物件とまではいかないけど、古都特有の不思議な下宿
に住まうものがけっこういて、怖い話大好きの身としてはたくさんのネタを
教えてもらえることとなりました。

彼らの話の共通点は寝られないというもので、人間にとって一番苦痛は
やはりそこでしょう。中には毎晩足を引っ張られるとうちに逃げ込んできた
者や、じっと見つめられるとかすさまじいものがありました。
その後の東京でもちょくちょくありましたので、歴史のある街は仕方ない
とはいえ、そういう経験のない人には嘘としか思えないでしょう。

それでも現実には格安物件、住人が居つかない物件があります。
たぶん友人たちの経験以上に心身に危害が及ぶレベルだと。
じゃなければ、現実には「出る」程度では引越ししませんから、人間恐ろし
いもので慣れというものがありますからね。

ですから、いくら安いとはいえ挑戦する人が増えているのに驚きます。
イギリスでは出る物件は人気があるといいます。
どういうことでなのかは理由はわからないけど、逆に高くなるのだとか。
あちらの心霊現象も京都と同じく出るくらいだからでしょうね。
命の危険まで感じるようなものだとさすがにそうじゃないと思います。

日本の場合はもちろん好き好んで住みたいわけじゃないでしょう。
今の不景気だ原因になっています。
幽霊が出ようが、出まいが、安けりゃいいってわけでオイラのように興味が
あるわけじゃありません。

ところで少し話は反れるけど、ナマポの減額でタバコが吸えなくなるとか
ふざけた記事を読むことがあります。釣りかもしれないけど、もし本当に
そうならふざけているとしか思えない。
オイラも完全禁煙したけどきっかけは値段が高くなりもったいなくなったから、
やはり厳しいと感じれば止められるものです。

方法としてインフルエンザにかかったことをきっかけにしただけで、気持ち
の根源はそこ、よく禁煙のきっかけにもったいない、病気、子供が生まれた
というのが三大要因になってますよね。
そう考えると不景気は我々がまだ知らない現象を運んでくるかもしれません。
OOの簡素化、OO離れなんていうのがまさにそうでしょう。 
アベノミクスははたして・・・ 

taka1346yu at 22:11|Permalink話題 

2014年04月11日

スポーツというよりも

わたしの中で野球はスポーツじゃなくなりました。
野球は今でも続けている好きな趣味の一つですが、不満は山のようにあります。

野球を通じて多くの友人や仲間ができ、体を鍛えるきっかけになったり、
心豊かになる多くのことで感謝しています。 だからこそ改定してほしい
し、そうすることで人気が下り坂なのに歯止めをかけてほしいと。

でもこの国で一番人気という驕りと、日本特有の頑固さゆえか、いまだに
学校中心スポーツであり、首脳陣も流動性や透明性がなく、野球協会を
一本化できないまま時が過ぎていて絶望的だと常々思っていました。

そういうのもあって見放していたけど、このたびのボールの件でもうスポーツ
であるという見方さえ、変えた方がいいと判断しましたね。
どう見るのかといえば興行でしょう。

何をいまさらと言われるかもしれないど、やっぱスポーツと見たかった。
興行だと娯楽を提供するものという意味合いがありますから。
でもしょせんは・・・収入が目的の競技なんですね・・・

スポーツとして考えたとき、まず前提になるのがルールでしょう。
特に使用する道具、服装、グランドやコートは、どの競技も厳密に規定され
ていて、野球も例に漏れずといいたいところですが、ご存知のようにスタジアム
さえバラバラになっています。

それに加え、一番メインのボールも世界共通じゃないどころか、チームで
バラバラなら、そもそもホームランの価値とかどうなるのって思いますよね。
今から考えると甲子園のラッキーゾーンなんてお笑いの産物でした。

また重要なものとしてジャッジがありますが、こちらについてもビデオ判定
とか、ストライクゾーンを機械判定できるような開発もなされません。
なぜだろうと考えていたけど、興行だと思えばすべて合点がいきます。

他のスポーツのほとんどは世界選手権が絡み、国別対抗の戦いになります
から、厳密な判定、より正確で納得のいくものでなければなりません。
中東の笛とか、ホーム裁定なんかが問題視される競技も、あからさまな
ものがあれば当該審判は除名処分を受けます。

問題発生の多くが、時間の流れが早い競技が多く、いちいち試合を止めて
しまうと成立しないという状況があります。
でも野球は時間制限も特にないし、スピード化が図られているとはいえ、
他の競技に比べるとのんびりしている方でしょう。
それでもギリギリの判定に録画を採用しないのはどうもおかしい。

でも、もういいです。
野球にはどうなってほしいとか、こうあってほしいとか期待しません。
少子化で子供の多くがサッカーに興味を向けているそうだけど、抗えるような
状態ではありませんしね。今年はワールドカップイヤーだし、また盛り上がる
ことでしょう。野球よ、さらば! 

taka1346yu at 22:55|Permalink話題 

2014年04月09日

性善説神話

小保方さんの会見では何か驚くような事実が出てくるかと思ったけど、
結局STAP細胞は存在するのかしないのかわかりませんでしたね。
とはいえ、騒動を巻き起こした彼女に対する仕打ちはかわいそうなも
のがあり、相変わらず大上段のマスコミに反吐が出そうでした。

佐村河内の場合は詐欺行為にあたるため、多少厳しいものになるのは
当然だと思うけど、小保方さんについては主導的な立場とはいえ、一
研究員であり、仮に落ち度があっても責任は彼女一人だけの話じゃない。

ただ早く真実を明らかにしないと、万能細胞の発見でそれまで絶望的
な思いをしていた患者さんたちが希望を得ているとすれば、そちらに
ついての責任の方がはるかに重大な気がする。 

ところで戦後の経済成長が落ち着き、バブルを経験した頃から、今まで
信用されてきたものへの思いが180度変わりました。
例えば警察、教師、役人のような清貧とか真面目で絶対に不正などしな
いようだと思われていた人々が実際はまったく違うというもので、それは
性善説にたっており、、いまだに法律さえ改正されていません。

よくテレビなんかではそれらの組織の監視カメラからの驚き映像番組が
あるけど、海外のものばかりです。
日本では役所、取調室、教室と安価で簡単に取り付けられるのに一向
にそうした提案さえなされません。逆に見られるとまずいんだろうなあって。

そして今回のように女性研究員、障害者といった人々も今までは善意の
人と思われていたのに、雲行きが怪しくなってきました。
ネットでは障害者の人自身から、「障害者だから善人という思い込みは
止めてほしい」と書いてあったあったのを読みました。

そう宣言する人の方が先の話に戻ると、潔く何か疑念があった場合は、
調査したり質問してほしいということでしたね。
怪しい奴ほど監視や調査を避けるものなんですよw

さてさて夢のSTAP細胞の行方はどうなんでしょう。
オイラ的には莫大な利権がからむ話のため、簡単にできないように一部
の秘訣を隠していると思いたいんだけどはたして。
お金も確かに大切だけど、待ってる人々のためにあるなら頼みますよ!
性善説神話を崩壊させてほしくないですよね。 

taka1346yu at 21:20|Permalink話題