2014年06月

2014年06月29日

聞きたくない、見たくない、知りたくもない

ワールドカップはまだまだ続いている。
それどころか今から本番でしょう。
なのに日本のメディアは帰国した日本代表や敗戦した他国の代表が、空港
などでどのように出迎えられているかを比較している。

まあ彼らの苛立ちがわからないわけじゃない。
放映権料は400億円、全世界の3分の1は日本なのだという。
一体どういう入札の仕方をしているのかわからないけど、完全にスポーツ
マフィアみたいな連中の巣窟なんじゃないかと。

そしてそんな大金を払ったからこそ視聴率をあげることに必死で、ジャニタレ
を使うのも「彼らをしてダメならしょうがない」という理由付けだと聞いた。
問題になっているにわかファンは増えたかもしれないけど、コアなファンの多
くが逃げたといわれている。

また他のメディアにしても盛り上げを強要され、批判なんかも封じられたと
思うし、自由な取材の制限なんかもあったと想像する。
勝てば官軍、負ければ賊軍でいまやその反動が噴出しているんでしょう。
とはいえ、ご存知のように日本の取材が本当にスポーツを純粋に批評してい
るかといえば、疑問なものが多いのも事実で選手との溝になっていると思う。

ところで、たぶん勝利もしくは快進撃を予想してたのか、監督や選手の本が
週刊誌なんかの広告欄に載っているのが恥ずかしい。
オイラもサッカーの本を読んできたけど、その多くはテクニックに関するもの
や選手の裏話みたいなのがほとんどで、巷に出ている自己啓発本のような
部類はよくもこんなのが出せると思ってしまう。

古くは例えば野球の監督のものが多かったですね。
ノムさんとか、広岡監督とか、いろいろあったけど当事批判としてあげられ
ていたのが、プロ野球は12球団しかなく、セパだと6チーム中1チームは
毎年必ず優勝するのであって、それについて選手操縦術だの管理だの心理
だのアホじゃなかろうかというのを読んで興味をなくしました。

それと同じくザックのなんちゃらとかが書店に並び、その横には長谷部とか
選手のものもある。結局勝てなかった人たち、何か得られるだろうかw
ホントこういうのは結果がすべてなんだと思い知らされる。

代表のユニの売れ行きもかんばしくないでしょうし、関連グッズも寒いだろうね。
ただ選手自身も直接評価が下されることになるから、南ア大会では注目を
あびたけど、今回はどうなってしまうのか気になるところです。

いまは次期監督が話題、それよりもまず協会のけじめが先だと思う。
新しい体制になってから決めるのが筋だと思うんだけど・・・
これじゃあ次もあまり期待できないだろうな。
とりあえず宮本が加わるという話だけど、もう少しプロを増やす必要を感じる。
 

taka1346yu at 22:25|Permalinkスポーツ 

2014年06月26日

変貌

ここ数年はゴルフに夢中になっており、それもあって今まで好きだった
野球やサッカーはするのも見るのも離れていました。
たまに見てもスピードや流れについていけないというか、あくせくして
慌しい感じがして落ち着きがありません。

それでもW杯予選や本戦をみているんですがやはり厳しい。
何が原因なんだろう、何かが変わったのかと。
そしていろいろ調べていくうちに、やはり変化があったということでした。
どうやら日本代表の苦戦ぶりも関係しているようです。

たぶん一番の原因はボールじゃないでしょうか。
以前よりも軽くよく飛ぶようになっています。
またミドルシュートなんかも変化しやすく、ゴールにチャレンジしやすいはず、
残念ながら日本はその対応が・・・ 

集団競技の多くにフォーメーションがあります。
サッカーだと3-4-3とかのように守備-中盤-攻撃と3段階に分かれ、それ
により守り重視とか攻め重視とか、戦術や戦略にも影響します。

ご存知のように日本はパスサッカーを信望しました。
そこには体格がよく似ていながら世界のトップに躍り出たスペインや同
じくW杯では予選突破の常連メキシコなんかがいたからでしょう。
それはそれで正解だったと思います。 

しかし前回優勝者のスペインや破れ、昨年までまあまあだった日本も
その良さを発揮することなく終わってしまいました。
そのためパスサッカーは古い、もう終わりという声がちょくちょく上がって
いて、じゃあどうなってるの?といえば5バックサッカーなのだという。

どういうことかといえば、5バック=守備を完全重視し、自陣に来た場合
は後ろでパスを回しながら相手の守備をあげていき、スペースが出来る
とそこにロングパスを放り込み、俊足の二人がカウンター勝負に行き
ゴールを決めるというものです。

今までは中盤の戦いといわれてきました。
そこからサイド展開やドリブル突破、もちろんパスで崩すのもそうです。
しかし時代はいつしか変わっていました。
それを知ってから他の試合を見ると確かにそうでした。

今までは司令塔と呼ばれる人に預け、そこを起点にした攻撃だったため、
各国のキーマンは司令塔にあったのが、そうじゃなくなり守備陣が右に
左に大きくサイドチェンジし、孤立した選手を作ったらそこにロングパス。
そして走り競争のように競り合ってズドーン!

もちろんこのパターンばかりじゃないけど、注視してると多いなって印象。
だから日本の一戦目、トップの大迫をくさびにしてなんていうのは完全な
時代遅れというか、相手の戦術にはまり攻撃できなかったわけです。

それでいくと日本は香川、大久保、岡崎の3人が走り競争組で、守備を増
やし、中盤は本田ではなく遠藤もしくは中村憲剛にロングパスを出させる
パターンが正解だったんじゃないかなと。今後を考えると宮市、永井のよ
ような俊足タイプが攻撃の主軸になる戦術になるかもしれません。

とはいえ、こういうのもそのパターンを崩す戦術というのもまた出てくる
でしょう。日本代表は以前からフラットなんちゃらとか、メディアが書きや
すいためか、お題目のようなパターンを監督に要求しがちです。
そんなことをすれば相手チームが研究しやすいよね。

まあ今回の戦犯としてメディアもかなり叩かれています。
高額な放映権料のため、視聴率をかせぎたいがための醜態。
書いたらキリがないし、ほとんどの人がわかってるから書きませんが、
日本はまだまだ強くない、ただ強くなっていく過程を見守る、応援する
という姿勢が大切だと思います。

勝利至上主義を叩く声は大きい。
しかし長年この国のプロスポーツを牽引し、多くの人を夢中にさせたのが
巨人で、常勝軍団などという間違った見方がかなり根付いた感があります。

サッカーにしても元々はワールドカップは永遠の夢といわれてた時代から、
連続出場できるようになるとアジアでは強いけど、世界ではどうなのかっ
ていう冷静さが必要でしょう。ランキングは20位以内にもならないし。

いろんな人がスポーツの感動ドラマを見ているはず、そのほとんどのパタ
ーンが挫折からの復活劇です。
今回もがっかりした日本代表が数年後はどう変わっていくのか、そう考える
と楽しみで仕方ありません。今回の屈辱をバネにより高く、より強く!
ファンも同じくタフでなければ! 

taka1346yu at 22:26|Permalinkスポーツ 

2014年06月25日

日本、終了!

昨夜は野球があり、たぶん朝起きて観れないと思ったけど、目覚ましも
なくぱっと起きたら良さそうな時間。
テレビをつけた瞬間に飛び込んできたのは今野が原因のPK。
あちゃ~と頭がすっきり目覚めてしまった、

その後も最後まで見てたんだけどいやはや良いとこなし。
彼らは本当にプロなんだろうかと思ってしまった。
というのも、どういう世界のプロでも一流の人たちは力が抜けている。
逆に緊張したり、力むのはアマチュアといわれるでしょう。

しばらくみてたらコロンビアは2軍状態だという・・・
ん~バカにされてるし、それでもこじ開けることが出来ない。
ようやく前半の終わりに同点に追いつき、後半にはかなり期待しました。
しかしコート戦同様、エース一人が加わるとあっという間でしたね。

やっぱあれこそが一流でワンチャンスは逃さないし、その後の追加点も
ふかさず日本ゴールの空いたところへ落ち着いて流し込んでました。
これがFIFAランク一ケタ台の底力でしょう。

「出るからには優勝」なんていう言葉の恥ずかしいこと。
まずは自分たちの足元を見つめ、出来ることをし、身の丈にあった戦い方
をすべきだと感じました。 ベスト8の経験すらないチームに言う資格なし!

さてさて前回サッカー観戦後に日本の弱点をあげました。
奮起して変化があるかどうかを観察しましたが・・・
・ゴール前のペナルティエリア内ですらパスをする 
・DFによく当たるシュート、枠内から大きく外れたシュート 
・ドリブル突破にチャレンジせずにすぐパスをする 
相変わらずでしたね。パスサッカーのし過ぎでか、ドリブル突破のチャレンジ
が少ない。強敵の場合はトラップしてすぐか、一ひねりないとこじ開けられ
ないんだけど、守備のコロンビアは日本にてこずってませんでした。
 
 ・ドリブルの際に相手のボディアタックですぐに倒れる
これは本当に何とかならないんだろうか。
最近のスポーツ科学では体幹トレーニングがよくいわれています。
他国の選手も確かに倒れるけど、日本のそれとはちょっと違う感じ。
なんていうか接触=倒れるありきみたいなのかな。

・ニアサイドで勝負せずファーサイドで待っている
言わずもがなでした。足が速く、俊敏なのが日本の特徴のはずなのに、
あえてニアで勝負しない。キーパーはさえぎられると嫌だし、DFにもボディ
ブローのように効いてくるのに残念。

・パスを受けてから味方を探す
・連動が遅い 
いったい練習ではどういう意思の疎通をやってるのかなって思う。
カバーリングや動き出しの連動に約束がないのか、それとも相手にコース
をつぶされているのか、それならそれで戦術を変更すべきなんですが、
いわれたことは忠実に出来るけど、応用は無理なのかと思ってしまう。

・決定機にふかす
オイラもサッカーをした経験がありほとんどはDFだったんですけど、相手の
嫌になるFWというのは受ける場所、トラップそして落ち着いて枠を狙う
技術がとても素晴らしい。逆にどんなにシュート力があっても単純なタイプ
とか読めるような技術の人は突進でもしないかぎり怖くないです。
日本が初めてW杯に出場した初戦アルゼンチン戦で、強引で有名だった
バティステュータがふわりと柔らかいジュートを決めました。 
今回の4点目がそうだったように緩急と落ち着きが日本にはなかった感じ。

・トラップが下手
今回一番感じたのはこれですね。逆に世界のトップクラスはここでのミスが
極端に少ない印象です。パスが高速化している現代サッカーではシュートの
ようなパスをしないとダメだといわれます。だからこそきちんと止める。
とはいえ、日本だって本来は下手じゃありません。
しかし相手がトップクラスだと寄せも厳しい、焦るんだろうと思います。

そしてよくいわれるのが、OO選手を使えばいいという声。
そこには一言、つまり日本国内レベル、アジアレベル、EUクラブチームレベル
そしてW杯レベルと段階があると感じます。
つまり我々でも地域で上手くても県ならどうか、全国大会ならどうかというもの
で、そこを冷静に見なければならないでしょう。

攻撃についてはまだ楽観視しています。
逆に深刻だったのは守備でしたね。
今回もし安心したディフェンスなら、攻撃もかなり違っていたように思う。
パスカットされ逆襲のカウンターパターンで何度やられたことか。
今回は過去と違い、攻めに期待した分、守りの悪さが目立ちました。

そしてなによりはリーダー。
もし日本人選手に真のリーダーが無理なら、監督は日本人がいいと思う。
次の監督候補も外国人みたいだけどどうかなあ・・・
今回一番猛省を迫られるのは協会のはず、ここに自浄作用がなければ日本
の今後に期待はできません。

選手はそのキャリアや今後のスカウトに影響が出たはず、ある意味ペナルティ
が課されたといっていい。しかし協会の人間は誰も安泰なんて許されるべき
ことじゃないでしょう。そういう大人たちの無責任体質も若者のリーダシップが
育たない遠因になってると思います。

一般人と同一ホテルだったギリシャ。
彼らに奇跡が起き、グループリーグを突破しました。
何かを犠牲にしたり、厳しい環境においてこそ日本はミラクルを起こしてきた
んだと信じています。体調万全にという心遣いも甘やかしになってしまうと・・・
とはいえ、ここからの這い上がりに期待します。
日本はまだまだだって思ってますから。 

taka1346yu at 17:08|Permalinkスポーツ 

2014年06月23日

超えられない壁?

日本代表の残り一試合が刻一刻と近づいてきました。
そしてここまでに半分近くの予選試合が消化されたわけですが、それらを
みていると日本と他国のある差を感じて仕方ありません。

ずっと前、ジムに通っていた頃、アルゼンチン人が声をかけてきました。
外見上はわからなかったけど、こちらが着てたマラドーナと書いたユニ
フォームに反応したようです。

「サッカー好きですか」「アルゼンチンが好きなんですか」
もちろん「はい」と応え、「あなたもサッカーは?」とたずね返すと「いえいえ」
とけっこう強く拒否、そこから会話ははずみいろいろ話していくとサッカーは
そもそも労働者のスポーツで上流階級はゴルフとか乗馬なんだという。

そういえばイギリスやスペインもそうだし、冷静に考えると品のいい競技じゃ
ないでしょう。そこから日本代表を思い浮かべるといかつい顔した選手や
イレズミとか、一歩間違えたら犯罪者みたいな顔の人が多い中、端正で
品のある顔した人たちばかりです。

たまに東南アジアとか中南米とかアフリカなんかの刑務所の光景が映し出
されるのをみれば、まさに世界中の選手がそんな感じ。
欧米ならば品行方正かといえばNOでしょう。

対抗できるのは大久保、川嶋くらいかなあ、吉田とか体格のいい選手もいる
けど、殴り合いのケンカすらしたことなさそうだし、そもそも日本人が怒っても
迫力ないですよね。向こうなんか刃物で刺しそうだもんw

また他国のマリーシア(狡賢いプレー)を批難する声もあるけど、サッカー自体
が審判が見てないところじゃ何でもありでしょ。
だからフェアプレー賞とか、FIFAの旗にも「フェアプレーで」とことさら強調す
るのも基本的にはできてないからだと考えるべきです。

日本の技術は世界的にも中の上、あるいは上の下レベルにはあると思う。
でも国を背負う、自分を売り込む、ハングリー、負けたらボコボコにされるな
どの背景がまったく違います。 
サッカーは形を変えた戦争という言葉もあるように、中には生死をかけている
んじゃないかという国もあります。

オイラはスポーツをやる上で根性は必要ないと考えています。
誤解なきようにいうと、継続する根性、努力する根性、クリアする根性は必要、
でも相手に立ち向かう根性は別物だと。

まず戦える技術・戦術・戦略が整った上で、最後に必要なのが根性と勇気と
いうものであり、それがないのに立ち向かうのは単なる蛮勇でしょう。
そういう点で日本代表をみると逆に根性と勇気が劣っている感じ。
彼らを軽快なコヨーテと例えると、満腹で飢えの心配のない状態にみえます。

ザック批判がかなりあがっていました。
オイラは試合の勝ち負けはどうでもいいです。
次の試合の戦い方がはたして野獣のように立ち向かうかどうか、ザックがその
ように彼らを鼓舞したかどうか・・・そこに注目したいと思います。
 

taka1346yu at 22:45|Permalinkスポーツ 

2014年06月20日

ギリシャ戦

日本てこんなもんだったんだなあ・・・
W杯ブラジル大会、2戦目のギリシャ戦を見終えた感想です。
早い時間に相手が一人退場し、これは来たなあと思った人は多いでしょう。
それなのにドロー・・・

今回いろんな人の予想をみていると大きく3タイプに分かれる印象がありま
す。それぞれABCとすると、Aは年配でW杯に日本が出場するのが絶望だ
った時代の人たち、比較的サッカーを冷静にみています。
続いてBはJ発足前後でW杯出場は当たり前と思っている世代、そしてC
が代表と同じくらいの若い人たちです。

Aはオイラもそうなんだけど、「勝てればいいけどね」程度。
まだまだ世界との差を感じるし、日本のサッカースタイルが確立されたとい
う実感もなく、勝利至上主義に染まっていない。
どちらかといえば戦犯を選手よりも監督に感じていると思う。

Bの人たちは予選突破を信じているからかなり怒ってますね。
香川はどうしたんだ~吉田は甘い、本田は精彩欠いてるな~と。
日本代表はアジアチャンピオンであり、もっと勝つチームだと思っています。

そしてCの人たちは案外どうでもいいような、勝っても負けても渋谷で騒ぐ人
たちのようにお祭り騒ぎな感じ。とはいえ、内心はくやしがってますけどね。
ABの人たちに比べればそんなに感情をあらわにしないのかも。

個人的にはいや~な感じが的中。
というのも、4年前の南ア大会のことを結果がいいから忘れている人は多い。
大会前の親善試合は4連敗してました。
もちろん非難轟々で「なぜ俊輔を使う」「なぜ松井を使わない」「川嶋を出せ」
など新旧交代に問題を抱えていました。

そして背水の陣の本大会ではそれまでの布陣を変更、それが大当たりし
予選突破しベスト16と進みました。
それを踏まえて今回を考えると、勝ち続けていたのがやばかった。
やはりスポーツは負けて学ぶことがほとんどですからね。

しかも今回さらに首をかしげたのは、勝ったパターンで勝負にいくならまだ
しも、本大会になって違う形に変えてしまった。
先の大会のような状況なら仕方ないけど、いい形をなぜ?
研究されてるのを警戒したとしても長所を引っ込めるのはやばいよ。
また大久保、大迫の重用もそれならもっと早い時期に試せばよかったと思う。

なにより不安視したのが、リーダーシップは誰が取っているのかということ。
これはここ最近オイラも触れましたが、ゆとり世代の弱点ともいえます。
ある記事では責任を取りたがらないとも。
そういう姿勢が今回の試合でも前を向かないで、横や後ろにパスばかり、
あたかも最後のシュートは自分がはずすのは嫌だから誰か打ってよ!に。

悲しかったのは大迫がギリシャの選手に気迫負けしたというコメント。
こういう言葉が出るとは代表、プロ失格といわれても仕方ないですよ。
W杯では優勝を連発したのに、冬季五輪で表彰台にすら届かなかったサラ
ちゃんのようで、ただし彼女はアマチュアだし、まだまだ若い子。
今回の失敗と反省で次回につながるけど、君たちは違うでしょう。

今の代表は海外組みが多い。
しかし外国のチームが触手をのばす機会はこうした大会です。
そういう目で見ると、自分を売り込みたい連中は必死で、もうクラブに所属
している連中はそれに比べ腑抜けた印象、スペインなんかが象徴したかな?

あと前大会後に岡ちゃんが日本人の監督はプレッシャーが家族に及ぶし、
長く言われ続けるから外国人の方がいいと発言しました。
そのときは納得したんだけど、それも止めた方がいいと感じますね。

テレビのコメントでもいいこという人が多いし、よほどザックよりわかってるん
じゃないかな。あとリーダーシップが発揮できない選手たちに、いまさらやれ
といって出来るものじゃないんだから、そういうのも日本人監督がびしっと!

3戦目はどうなるかわからないけど、期待はしてません。
今大会はドイツ大会同様失敗でしょう。
しかしがっかりもしてません、日本人はそうしなければ学びませんから。
また応援する方も常勝を求めてはいけないという姿勢がほしいし、なにより
協会の改革も必要になるでしょうね。

あたり負け、気迫負け、走り負け・・・技術が伸びたと思ったらこれですか・・・
参加国では下から2番目に平均身長が低い、まず何をすべきでしょうね。
次の試合で弱点をじっくり観察しようと思います。 

欠点一覧
・ゴール前のペナルティエリア内ですらパスをする 
・DFによく当たるシュート、枠内から大きく外れたシュート 
・ドリブル突破にチャレンジせずにすぐパスをする 
・ドリブルの際に相手のボディアタックですぐに倒れる 
・ニアサイドで勝負せずファーサイドで待っている
・パスを受けてから味方を探す
・決定機にふかす
・トラップが下手
・連動が遅い 
 


taka1346yu at 16:40|Permalinkスポーツ