2014年06月

2014年06月10日

相変わらず水掛け論

先月末に録画してた朝生をようやく見終えました。
「激論! 反日・嫌韓ド~する!?日韓関係」というもので、どう折り合いを
つけたらいいと番組内で結論付けるのか興味津々でみたわけですが、
予想通り無理だなあとw

とはいえ収穫もありましたね。
いつもはトンチンカンな印象のある下村氏がアジア女性基金に携わった話
として、慰安婦女性たちはそのお金をもらいたいと切望したにも関わらず
市民運動団体が受け取るなと圧力をかけ、本当の被害者の気持ちにそっ
ているのではなく、反日運動のコマとしての慰安婦を使っていると。

これには頭に来たし、逆に言えばいろんな反日項目があったけど、ほとんど
は補償済みもしくは論破されるので、この一項で攻めていこうという姿勢な
んだとあらためて感じました。 

性に関係したものほど難しいですからね。
痴漢が同じようなもので目撃者がいなくても被害者があの人といわれれば、
犯人になってしまうし、多くのハラスメントのようにある人が同じことをやって
も嫌じゃないのに、別の人なら不愉快になるといったように微妙な話です。

とはいえ、それらの問題も今ではきちんとした立証や現行犯でなければ、
なかなか認められていないので同列に扱うのは失礼でしょう。
たぶん多くの日本人が慰安婦制度はあったし、戦争という時代の中で、不幸
な身上から身売りやだまされて連れていかれたひともいるでしょう。
お気の毒な話だと認識しています。

また日韓併合にしても、近代化を進めたとか強調したい人もいるだろうけど、
受け手がそうじゃないと主張するなら仕方ないとするしかないでしょう。
だから莫大な賠償をしたという確固たる事実があり、またそのお金は被害を
主張する人たちにどうぞあげてくださいというお金のはずです。

だから本来、慰安婦賠償は韓国政府の問題ということになります。
そうなると困るのでお金の問題ではなく謝罪だというふうにもって行こうとして
いると考えますね。しかも難癖レベルなので本当に困ります。

というのも、いま生き残ってる戦争体験者の多くは当時子供だったでしょう。
実際に戦ったり、慰安婦を利用した人はほとんどいなくなった状態です。
戦争を知らない世代で埋め尽くされた日本人に70年前のことを謝れといわれ
てもピンとこないし、どうして当事者がいた頃にしなかったと言いたい。

そうすると軍事政権下で発言ができなかったとか、当時の社会性から問題視
する状況でなかったと理屈付けます。
時効というものが戦争のみ利用されないという不思議、ここのところは中国も
同じような感じになっていますよね。

日本からいわせてもらうと、70年前の話よりも韓国では軍政下での苛烈なレッ
ドパージやベトナム戦争、朝鮮戦争における被害者。
中国では文化大革命でかなりの人が餓死し、天安門事件などの問題は映像や
証言者が多数いる生々しい問題です。

彼らがそちらについてもいろいろ追求し、補償しているのなら納得しますが、
そういうことには目を向けずただひたすら日本をバッシングする・・・
グループが仲良くするために共通の敵を作り悪口を言う話は有名ですが、
まさにそれと同じようなもの、またそういう人たちは決して幸せにはなれません。

さてさて朝生に戻ると、今回はけっこう良かったと思います。
過去の問題に触れると、いつもはウザイ田原司会者が、「それはいいんだって、
だからどうすれば仲良くなれるの?」てもっていくのがすっきりしました。
あの金何某はすぐに「日本も」「日本が」と発言するので有名だけど、言わせな
かったのが良かったですね。

しかし絶対に良くなることはない!
例えば今回の番組でも日本側だときちんと賛否両論分けることができます。
韓国人の場合、それが可能かどうかという時点で終わりでしょ。
番組の中でも親日認定されると終わりだと言ってました。
そういう国と仲良くなれるはずがない。

韓国通の黒田氏は、メディアの煽り、市民団体の影響力が強いのであってほ
とんどの韓国人は親日だとおっしゃっていました。実際渡航経験のあるオイラ
もその点については同意します。
日本でもメディアがサヨなように、また不仲を煽り、それで売ろうとしているよ
うに日韓双方のメディアは品性下劣。 

何にせよ、一番まずいのは最後に、どうすれば仲良くなれるかとの質問に対し、
どうしようもない、無理だという答えが圧倒的だったことでしょう。
過ぎたるは及ばざるがごとしのように、ほどよい反日ほどよい親日の態度が
一番効果的なのに、嫌い嫌いといわれればどうでもよくなるものですよねw

日本人ははっきりと態度に表さないけど、言動や表情から真意を読み取って
くれという姿勢を示します。その反対に韓国人ははっきりしています。
それがこと日本に対してだけは、表立って反日だけど本当は日本が好きだし、
認めているし、その証拠に訪日する人も増えてるでしょって言うけど・・・

日本国内の多くの市民運動も、本当に国や国民のことを願うものなら問題は
ないけど、存在意義のための目的としての反日ほど醜いものはありません。
滅ぼし、貶めようとする場合は正体もすぐにわかってしまいます。
実際韓国人論客には素晴らしい人もいるのに、やたらあの金を使う。
一番仲良くしてほしくないのは、やっぱメディアなんでしょうね。 

taka1346yu at 20:53|Permalinkマスコミ 

2014年06月09日

真面目なものがみたい

ネット上にはテレビの凋落を伝えるものばかりで、その逆になるような話は
ほとんどない中、またまた物議をかもすことがありました。

「アッコにおまかせ」という日曜日昼のバラエティで出演者の出川哲郎の
愛車を子供に落書きさせたり、運手席にドッグフードをまいて2匹の犬に
食べさせている映像を本人は知らせず、天気予報のBGVとして流し、
大慌てする様子を笑うというものだったとか。

ネットではなぜ弱者の車なんだ和田アキ子のならまだ納得、こういうのを
どう笑えというんだろうという反対派。
そして何でもケチつけるから笑いが面白くない、嫌なら見るな派に。
オイラはそろそろ何でも笑いにもっていく傾向を止めてほしいと思いますね。

お笑いの分岐点は「8時だよ!全員集合」と「おれたち ひょうきん族」だった
と思われます。というのも、それまでにも三波伸介、巨泉・前武、欽ちゃんと
か、そういう人たちの番組があったけど時代の方は世の中まだまだ真面目で、
ほんの些細なことをお笑いにしてたイメージ。

芝居関係の松竹新喜劇、吉本新喜劇、その他もろもろでは涙と笑いという
風に笑いの中にも愛情とか慈愛とかそういうものも感じ取れました。
ですから、それらの番組を当時PTAが指定してた俗悪番組とは言われて
いません。まだまだお笑いは高度な印象がありながら、それでもお笑いに
行く人というのは世捨て人という感じでした。

というのも、時代は真面目ですから、学校、職場、家庭でもほとんどが頑固、
頑迷、真剣という息の詰まるような環境でしたから。
そこに8時だよ、ひょうきんが権威をぶち壊すお笑い、下品なお笑い、いじり
という新たな常識を引っさげ一躍席巻しました。

そして時代は真面目で頑固なものを笑い飛ばす、弱い者をいじる、物事に
笑いがないとつまらないと感じる傾向に移っていったのではないでしょうか。
先生も親父も堅物はダメという価値観になり、そういう人をバカにしてもいます。

たけしがさんまの車を壊すというシチュエーションのことが比較されていました。
出川の件と違うのは、ビッグ3ということで両者は平等な関係であること。
またオイラもその番組を見てたんだけど、さんま自体がカギをそっと渡したり、
たけしがエンジンがかからないとそっと教えたりする場面がありました。
ギャグといじりという名のいびりとの差はそういうことでしょう。

またビッグ3と銘打ちながら、たけしはバカ殿風で登場してたし、さんまも車を
破壊されるということ、最近ではダウンタウン、とんねるず、ナイナイが批判対
象になっているのを見ると、彼らは自分たちはしなくて弱者にさせ、御大という
地位に腹立たしく思っている人が多いからかなあって。

また「嫌なら見るな」というのも、ことテレビに関してはそうも言えないでしょうね。
今回の件も見てない者にこうして伝聞がつたわるし、なんでも笑いに結び付け
たがる傾向に嫌気が差します。確かこの番組は弁護士とも問題を起こしてはず
だし、番組内では事件や事故も取り上げてあれこれ常識的なことも言うはず。
二面性ありが今のテレビのあちこちに見られ、頭がおかしくなりそう・・・

スカパーで海外のドキュメンタリーやその他いろいろ見る機会があるけど、笑い
なんて一切ないし、余計な人間の茶化しや会話もなく、見ていてすごくスムース
でわかりやすい。貴重な時間を余計なことに費やすとイライラしますから。

例えば「世界一受けたい授業」というのが好きで毎週見ています。
そのなかで有田にふり、彼がゲストに「本当にOOですか、違ってたらお帰り
下さい」だの必ず何かぼける時間が苦痛で仕方がない。
ですから、見たい番組はすべて録画してからじゃないと、そういう時間はすべて
飛ばしたいですから。

あとそういう飛ばしをリモコンでやってると、いかにいい加減な編集をしているのか
もよくわかりますね。時間稼ぎやCMの投入の多いこと。
いつも視聴率が話題になるけど、時間通りに見ている人ははたしてどれくらいい
るのか疑問です。

選べない不幸ってあるじゃないですか。
特に競争のなくなった寡占状態のものに見受けられ、。テレビもはっきりいって
その一つでしょう。批判を受け入れつつ改善していくようならまだしも、同じよう
にいわれてもう十年以上が経ちました。

お笑いも地位を得て、一昔前はお笑いに行くイコール家族や世を捨てるくらいの
覚悟といわれたのが、最近は親子同伴で面接に行くのだとか。
そもそも出川もポルシェに乗るくらいの成功者、テレビでは弱者を演じていても、
一般人から比べれば彼の方が強者です。

お笑いの人たちも簿給、明日が見えない不安定な生活を笑い飛ばすことでパワーに
変えていたのが、笑わせているんだと変化し、時々ツィッターやなんかで一般人を
貧乏人扱いして炎上してますね。

オイラも基本はふざけている方だとは自覚しているけど、ずっと不真面目だと誰にも
相手にされなくなると思う。また真面目な中のガス抜きとしての笑いは逆に必要だと
も思っています。例えば何か痛恨のミスをしたときに、当事者の心に傷がつかない
ようなものにするための笑いなんかがそうでしょう。

物事には二面性があり、そのバランスで多くのことが保っています。
いまのテレビは完全に失っているようにみえます。
ニュースや報道もクイズも何もかもが笑いですから。

不真面目なのは中年、若者の方が反面教師として上の世代を見てきたからか、
案外まじめなイメージがあります。 
笑いに飢えてた時代は終わりました、今はきちんとしようという時代じゃないかな。
だからワールドカップ関連に芸人を入れないでほしいよ・・・ 

taka1346yu at 22:50|Permalinkテレビ 

2014年06月06日

カズ、日本代表へ

まだどういう形になるのかわからないけど、カズこと三浦知良選手が日本
代表のスタッフとして召集され応じたらしい。
ネットでは賛否両論があるけど、オイラは賛成。

思えばショホールバルの時に交代されたのが最後の日本代表の試合に
なったのかな?その前の日韓戦で代表ユニを着ている彼を観たのが自分
のなかでは最後になっています。

当時のカズはずしは納得でした。
ただし代表まで辞退させるのはどうかと思ったけど、プロ選手経験のない
オカちゃんからすれば扱いにくかったのは確かでしょう。
ファンの多くもやや増長した感のあるカズについて仕方ないと感じていた
と思います。

しかし彼への考えはその後まったく違うものになりました。
我々にはわからないけど、多くの選手が彼からプロ意識を学んだと聞きま
すし、実際そう見られるように高い意識で行動している印象があります。

体力が衰えても自分を必要としてくれるチームがあれば行き、そういうところ
でもプロとは、代表とはと惜しげもなく伝えていく。
彼ほどの地位と名誉があって同じことが出来る人ははたして?

また彼と比較してしまうのが日本代表の中心にいたヒデこと中田英寿。
当時、サッカーは野球と比較され、上下関係やスピードが要求される
グランドで先輩後輩にかまっていてはゲームの流れに乗れないという
ことで、その枠を破壊した選手として期待されました。

実力の世界を体現した人物だったけど、逆に力や名誉、地位でしか
相手を認めない面などはいくらなんでも行き過ぎという印象があります。
そして早々とサッカーから足を洗い新境地に乗り出すも、結局はサッカー
のヒデという世界から抜け出せないまま現在に至っています。

カズとヒデ、二人ともサッカーで有名になり、稼ぎ、お世話になりながら
その後をどうしたかという生き様は正反対なものになりました。
ああみえてもヒデはそうでもないんだよっていうのに期待したんだけどなあw

さてさて現在に戻ると、若い世代の意見はやはりカズを邪険にするような
書き込みを目にします。また彼を招集するなら、もっと早い段階で呼び
代表になじませた方がよかったんじゃないかというのには賛同しました。
若い人たちには年上の人間がいると説教くさいとか、命令されるとか、いろ
いろ嫌な面があると思います。

ここからは独断と偏見なんですが、いいチームというのはベテランばかりに
なっても若手のみのチームでもいけません。
双方が例えばベテランは若手の猛追を、若手はベテランの技術を盗みながら
追いつけ追い越せという姿勢で切磋琢磨することで、新陳代謝がよくなり、
また若手もいつかは後輩ができていくのですから、上手に後継者へ引継ぎが
できていくものです。

そしてカズのように喜び以上に辛酸をなめながらもサッカー好きとして、日本
一ともいえるような人物が帯同することは、利はあっても害はないでしょう。
ベンチ入りまで出来るかどうかはわからないけど、できればグラウンドで腕を
組み、若い選手の活躍を見守る彼の雄姿が見たいものです。

「はずれるのはカズ、三浦カズヨシ」といわれてからずい分経ちました。
しかし今は「必要なのはカズ、三浦カズヨシ」と言いたい。
いや、そう言われるような選手になるべく努力した彼に敬意を表します。 

taka1346yu at 23:32|Permalinkスポーツ 

2014年06月05日

ファンあってのスポーツでしょ

オリンピックやワールドカップは大好きなんだけど、何かが違うと思うように
感じ始めたのはいつのころからか、そしていま完全におかしいと思ってます。

思うようになったのはたぶんソウル五輪のころの候補地争い、そして商業
オリンピックといわれたロス、南アワールドカップでは莫大な放映権料で
なんと自国の試合が見れないという国まで出てきました。

日本でも野球選手が年棒1億円突破をしたころから、アマチャア選手のプロ
アマ問題や表には出ないだけでスポンサー料が支払われていることなど、
スポーツと金の問題がじわじわ囁かれ始めました。

才能のある人や勝利した人へそれなりにお金が払われるのはいいでしょう。
また集客し興行しているのだから、それはそれでありとは思うんです。
ところが違和感があると書いたのは、そのバランスがおかしくなっているん
じゃないかと・・・

五輪では候補地が都市になっています。
誘致が成功すれば名誉だし、地位も上がるでしょう。またインフラ整備には
莫大なお金がかかり、集中投下されることから景気浮揚になるといわれて
いるけど、ここにきてストップし始めました。

また五輪ではトルコやバルセロナで反対運動があったように、ブラジルW杯
でもあのサッカーが国技とも公言する世界屈指の王国でさえ反対運動が活発
になっているように、開催が喜びでなくなっている現実をつきつけられました。

ここにきて冬季五輪では18年大会は韓国の平昌となっているけど、以降の
候補地に立候補していたミュンヘン、サンモリッツ、ストックホルムが辞退。
残っていたクラクフ(ポーランド)も招致断念、オスロは60%が反対だというし、
リビウ(ウクライナ)は政情不安で残りが北京(中国)とアルトマイ(カザフスタン) 
というのだから、はたしてどうなるのだろうか?

日本も冬季については長野終了後、まったくといっていいくらいお粗末な状態
だし、カタールが次回のW杯開催地からはずされようとしている裏には収賄の
話が原因で、そもそもそんなことは公然の事実じゃなかったのって思うんだけど。

そうしたスポーツ利権がいつしか莫大な金が動くようになり、それ目当てに選手、
スポンサー、コーチ、各国協会そしてIOCやFIFAが権力を持つようになった。
そのくせ見に行く観客はといえば世界不況の中であえいでいる現状。
貧乏人が高給取りのゲームを見て、夢を希望を感じるものだろうか・・・

もともとは日ごろ働いている人たちの余暇、娯楽としてはじまったスポーツ観戦。
おらがチームを応援したり、選手が育つのを見守ったり、人間離れした技術に
賞賛と喝采を浴びせてストレス発散していたのが原点だと思う。

チケットが高騰し、人気も上がり、テレビ観戦も増え、収入も上がった。
本来ならそこで還元したり、選手の育成や儲かったのなら安くするとか、そういう
風にすればいいものをいつしかファンは蚊帳の外になっていった感じ。
そして多くの競技が人気を失い、同時に魅力もなくなってきました。

また観るのも大事だけど、することでファン層を増やすことも大切でしょう。
しかしスポーツをすることも出来ない人々がたくさんいます。
そういう人たちが競技を観戦して楽しめるものでしょうか。

ブラジルでは数百円でスタジアムに入れるといわれていました。
それがテレビで観るのは難しい、会場にも高くて入れない、そういうのが喜ばしい
ことなのか、またインフラ整備のお金を社会保障にまわせという意見もしごく
真っ当だと思いますね。

今後の会場はいままで開催したところで、改築できるようなところにしてほしい。
功罪あるオリンピック、ワールドカップもいまは罪の方が多いんじゃないかな。
 

taka1346yu at 22:14|Permalinkスポーツ 

2014年06月04日

期待したいけど難しい

安倍首相の対外政策は過去と違いすごく安心できる。
もちろん裏ではいろいろあり、北朝鮮とも2~3兆円と交換だ、なんていう
ソースのわからない記事も飛び出しているけど、日本は選挙で政治家を
選ぶ国なので、そう簡単にはいかないでしょう。

逆に、ネガティブキャンペーンで反自民、反北を画策している可能性もあり
何でもかんでもニュースに反応していたら、たいへんなことになると思う。
なぜならすでに日本のメディアは信用に値しないレベルだから。

自民党にしてもすぐに調子こくという性質があるよね。
人気で長期政権になりそうだと、内閣改造はどうなる、国内政策もごり押し
が可能じゃないかとウンコばえたちが急に活発になってきた。

まず電力については自民党には絶望的だとみている。
たぶん多くの日本人は将来的には脱原発ながら、何十年かのスパンでゆる
やかにやってくれればと思っていることでしょう。
今すぐ廃炉とかはサヨクの暴論、現実逃避の亡国の意見。

ただその間に新エネルギーの開発をしてほしいと願っている。
ちょこちょこそうした記事が載り、そのたびにワクワクするけど国が推進する
なんていう話はまったくない。
例えば核融合成功、オーランチキトリウムの増殖成功、メタンハイドレートの
発見、最近では水を吐き出すエンジンの開発もあった。

これらのことを平行にやっていけば日本は確実に変わると思う。
というのも、多くの人が将来に不安をかんじていてがんじがらめになっている
のが現状だから、逆に明かりが射せば消費や投資も動き始めるのは道理で
核融合なら設備、オーランチキも田んぼが必要という話しだし、メタハイだと
日本海側の多くの地域が活発になるでしょう。

世界の戦争はエネルギーだから、開発すれば解決も近いはず。
ただし武器商人たちや利権連中が邪魔するという見方もある。
日本もその中にいるはずだから、そう考えるとやはり何十年も利権を享受して
きた政権には無理なのかなあって。

最近では移民がどうたらこうたらの意見が根強い。
世界の移民政策は完全に失敗になってきました。
そのため多くの国が右傾化し、特定アジアの国が日本が右傾化しているなんて
ほざいているけど、それどころじゃない状態になっているからね。
まあ、ほざいている国の移民が質が低いから争いの原因になっているんだけど。

よく働き手がいないっていう意見をみる。
じゃあその本質はどこにあるのかなあって考えると、多くの人の物欲に変化が
あったように感じる。というのも、バブル後半世代の我々の時代はアルバイトを
しまくったものですよ。オイラも3Kなんて当たり前でかけもちや多種多業の経験
をつむことが出来ました。

じゃあなんでそんなに稼ごうと思ったのか。
バイクが買いたい、その維持費、テレビやエアコン、あと友人との飲みとかデート
とかいろいろでしたね。そう考えると今の若者なら、何のためにお金が必要かと
いうとOO離れがいわれているように、あまり執着がない気がします。

じゃあ使う気がないの?といっても将来が不安なので貯金します。
もちろん節約もしますといわれれば、移民政策で働き手がどうこうという問題じゃ
ないというのが自然とわかるんですけどね。
結婚についてもあえてしないことでお金をかけないようにしているというのもあり
そう考えると完全に国の失策だと思いますよ。

つまり社会保障がある程度安心でき、例えば60歳くらいまで何とか生き延びれば
その後は年金でいけますよって保障すれば、アルバイトでもパートでも何でもやって
乗り越えようって思えるじゃないですか。
それが崩壊してるから不安で不安で仕方がない。

頼る政治も増税ばかりで政治も行政もなにもスリム化してないし、先ごろは議員
歳費を増額するなんてアホなやり方をみてれば、選挙民は絶望しますよ。
自分たちの選挙、地位、名誉、利権ばかり・・・
真っ先やれる給与削減、議員数削減それすら出来ないんだから。

最近は若者への悪口が減っている感があります。
というのも、どちらかといえばあまりにも親の世代、さらに上の世代が酷いから。
そうなれば若い人たちがもっと悪くなるはずなのに、さほどでもないくらい。

日本はどうなっていくんでしょう。
秋に総選挙が噂されているけど、しっかり見つめていきたいと思います。
 

taka1346yu at 23:07|Permalinkひとりごと