2015年01月

2015年01月30日

乖離

イスラム国の日本人誘拐事件、いろいろ情報が錯綜しています。
それらをとりまく意見についてもあれこれあがっています。

新聞やテレビなどの大手メディアとネットやオイラの周囲とはあまり
にも意見が違いすぎるというのがここまでの感想。

メディアはとにかく人道、生きて帰ってきてばかり・・・
ネットでは自己責任、身近な人たちは生きて帰ってほしいけど、
殺されるのも仕方ないなっていうのが多い。

そしてここにきてデビ夫人が、「不謹慎ではありますが、後藤さんには
いっそ自決してほしい」「大・大・大・大迷惑をかけている」という意見を
あげています。オイラもこれには賛成!

こういうとき、もし自分だったらと考える。
彼のような行為をするなら、首切られるのも嫌だし、拷問や何日も
あちこち連れまわされるのも嫌、生きて帰れるなんて考えられない。
だから入国する前にさっさと自害できる準備をしているでしょう。
例えば毒薬みたいなものを常備しておくとかね。

自分の行為で日本の政治を止め、混乱させるなんて恐ろしいと思う。
逆にいえば、それくらいの想像力があるからこそなるべく迷惑をかけ
るようなことはしたくなと思う。

そういう考えがはたらけば社会のルールを守ることが当然だと思うし、
日本人の多くの人がそうだからこそ公共の意識が高いと世界からも
賞賛されている源にもなっているでしょう。

今はスキーを教えに行ってるから、指導している人たちにもそのように
話し、きちんとした知識そしてルールを守ろうというのが基本です。
そうした上で何か迷惑をかけるようなときは、まだ許してもらえますから。

なのに自己責任を考えて行動することを批判する意見があるのがおかしい。
特に海外ではどうとか、そういうのを持ち出す人は卑怯だと思う。
こういう人は海外では死刑廃止が多いと叫ぶが、その影で逮捕の際に
抵抗があれば銃殺しても良いという海外標準は無視している。

つまり都合のいいところをつまみぐいしているだけで、不都合なところ
にはまったく目を向けていない。それに日本人のモラルや公的意識が
低いという意見はないし、世界からの信頼度はトップクラスでしょ。

つまり日本人はもっと自信をもって日本の考えを語るべきで、海外がどう
とか、そういうのはもう止めにしたらどうかと思うな。
そもそも他者の目を気にしすぎるのは良くないなんていう人間ほど、都合
不都合で海外は~なんていうからおかしいんだよねw

日本のメディアが良くないと感じる一つに、画像や映像がないものは無視
し、逆にあるものはすごく焦点をあてること。
例えば東京周辺のようにすぐに取材に行けるところはテレビカメラが殺到
し、ニュースで流し続け、さも大事のようにするけど、地方で死者が出てる
重大事件はさらっと流したりすることがある。

上野のパンダが出産するとすべてのメディアが報道してたけど、和歌山の
サファリパークではたくさんのパンダと赤ちゃんパンダがいるけど、そこま
で報道したという記憶がない。

今回の事件でダッカ事件のことも取りざたされているけど、あれも目の
前の「映って」いる人たちの安否ばかりで、犯罪者の解放と身代金を渡
したことでその後テロが拡大し、数多くの人が亡くなったことには関心がない。
それが日本の報道だろうし、リベラルといわれる人たちの反応かな。

人は優しいことをいう方が楽なんだよね。
死刑は廃止、いじめはダメ、体罰はダメ・・・もちろんそうなんだけど、じゃあ
どうすればいいのかっていう問題の対処法にはまったくふれない。

なぜそうなってしまうのかの原因の一つに日本独特の言霊というのがあると
いわれています。例えば憲法改正や9条の廃止が長年語られることがなかっ
たのも、「憲法改正して戦争をしたいの」「9条を廃止して戦争になってもいい
っていうの」ていうように、口に出したことは現実になる可能性があるという
不思議な考えがあります。

これは宗教的な考えに近いんだけど、そうした口止めをする左派の人たち
ほど宗教は否定する傾向にあるからおかしい。
なんだかかなりそれてきました、なにはともあれもう少し先行きを見ましょう。

個人的にはネットでかなり後藤氏の背景やその他諸々があがっています。
今回の事件は単なるものではなく、ひょっとしたら闇があるんじゃないかと。


taka1346yu at 23:48|Permalinkひとりごと 

2015年01月26日

とりとめもなく・・・

ここんとこ、ありがたいことに忙しくてバタバタしてます。

そんな中でも先週末の土日は、恒例大阪国際女子マラソンの外でやっ
てるイベントのお手伝いに行ってました。

去年は雨にやられて最低だったけど、今年は快晴。
心なしか人出も多かったように感じました。

お陰でほとんど休みなしで最後まで。
まあ前日の土曜日は仲間たちといい酒を飲んだので致し方なし。
日曜日ががんばるってことになってましたからw

ただ外で作業ばかりしてたので、イスラム国がらみのニュースの進行が
まったくわかっていなくて、落ち着いてからけっこう驚きました。
方向もずい分変わってきましたしね。

こちらについての個人的な思いはいろいろあるけど、もう少し様子を
みてからいろんな考えを書いてみたいと思います。 
命に関わることもあり、軽々には扱えないでしょう。

その事件と大阪の平和があまりにも対照的で何ともいえません。
自分の目の前の世界と同時進行でいろんなことが起きているのは
当然とはいえ、そのギャップの凄まじさ。

そうそう今回の長居競技場の近所では警察官が殺人事件を起こして
いて、その規制線を見たのもけっこう衝撃的でした。

自分はどういう場所で、どういう世界にいて、今後どうなるのか・・・
バタバタしてた時間が少しゆるやかになったとき、強烈な思いがやって
くる感じ、自由に思い自由に動けることの幸せももっとい喜ぶべき?

今週からまた忙しくなりそうなんで、頭が回転しそうにないけど平和と
自由そして自信の健康にも感謝してがんばろうと思います。
湯川さんは残念だけど、後藤さんの無事を祈りましょう・・・ 

taka1346yu at 21:42|Permalinkひとりごと 

2015年01月19日

変更が始まるぞ!

人にとって名前というのは本当に大きい。
最近ネット上でよく見る在日通名問題にしても、そうした意味もあるからで
公的個人的なにより国際的にも重要な名前は一生もの。

とはいえ、そんな大切な名前だけど自分では決められません。
それでも自分の生を喜んでくれたであろう両親からの授かりものと思えば
こそ、百歩譲って文句をいう人も少ないのではないでしょうか。

そんな常識が崩れ始めてきたのが世の中でいわれているキラキラネーム
で、ネットではDQNネームと呼ばれているとんでも名です。
自分の子供が可愛い、宝、大切、かけがえのない・・・よ~くわかります。

でも、だからこそよくぞこんな名前にしたよなっていうのにはドン引き。
オイラは少年サッカーで多くの子供と関わるのですが、普段は呼び名でしか
いわないんでどうってことないけど、名簿に向き合うと謎解きになります。

これどうやって読むの?
学校の先生はたいへんだなあ・・・
そして自分自身が名簿を作るとき、変換ができなくてあせるあせるw

いつだったか仕事上で「凜」という字を出さなくてはいけなかったのに、当時
は「稟」しかなかったので二水を手書きしたら、怒られた怒られた。
こちらも電話して変換できないのを伝えようと何度もしたのに留守ばかりで、
泣く泣くやった結果とはいえ、申し訳なかったと反省しました。

しかし年を追うごとに難読名は増え、何人かアニメの何かかと思うような
不思議なものが多くなってきましたね。
目の前にいる子供は、今も昔も変わらない子供たちなのに・・・w

そのためオイラは多くの人にこう言っていました。
「今は名前の変更はたいへんだけど、数年後には裁判で増えてくると思う」
思い出すのは田中角栄と名づけられた子が、ロッキード事件以降いじめられ
裁判で変更できるようになったという有名な話があります。
とはいえ、そのハードルは簡単ではないことも。

そして・・・来ましたよ~
やはり子供自身が嫌で変えてほしいという裁判。
しかもあっさり効いたため、今後も増えていくでしょう。
ちなみにその子が改名したのが「健太郎」、子供の方がまともやんか!

またその記事にはこういうこともありました。
結婚しようと親に話したところ、名前を見て「その子はいいかもしれないけど、
そんな名前をつける親はロクな人間じゃない。
そんな親に育てられたと思うと・・・」とすごく苦労したという話なども。

外野からは笑えるけど、当人にしたらたいへんですよね。
オイラが知ってる範囲ではとある大人の製品と同じ名前の子供がいます。
これを話しただけでもバカウケするくらいだから、当人はかなり可哀想、
今は高校生前後だろうか、この子も変えるべきだと思いますね。

これから付ける人たちはよ~く考えてほしい。
本当に子供が可愛いのなら・・・ 

taka1346yu at 22:07|Permalink話題 

2015年01月17日

震災から20年・・・ですか

あの震災から20年ですか・・・
いろんな人と話すと、あの日あの瞬間にどうしてたかを鮮明に覚えていて
それぞれに様々な思いがあると知らされます。

オイラも友人たちと話してて思い出してきました。
地震直後は西宮にいる妹に電話し、このときはすぐにつながったものの
6時半以降はまったく不通になりました。

なので連絡できなかった親戚や友人がどういう状況なのかつかめず、
ようやく夜の7時に避難先から無事の知らせを聞くことが出来たとき
安堵したときのこともすっかり風化していました。

それも命があったからこそであり、亡くなった方々の遺族にとっては、まだ
時間が止まったままでしょう。震災スペシャルの番組を見ていると涙が
自然にこぼれてきました。

体験以降の人たちは、日本のどこかで天災などがあると、ボランティア
で駆けつける人たちが増え、オイラも参加したことがあります。
悲しい体験はしないにこしたことはないけど、悲しみを知る人の多くが他人
に優しいということもあるため、ちょっと複雑ですね。

今でも神戸にはたまに行くんですが、やはり歯抜けの更地や昔はたぶん
もっと活気があったはずなのに、引越しなどで人口が減ってしまった地域
なんかを通ると少し感傷的になったりもします。

番組なんかでは「生かされた」と話す人がけっこういました。
なぜ自分は生き残り、ほんの少し離れていただけの人が亡くなったのか。
そう自問自答を繰り返す人は少なくないでしょう。

先日はさんまの「あんたの夢をかなえたろか」という番組で、特攻で生き残
った人が人生のほとんどを亡くなった戦友の家に行き、真実を語るという
活動をしていた人が妻に恩返しというのをやっていたけど、こういう名もなき
凄い人がいるんだと感心させられました。

偉い人にはなれなくても凄い人にはなれると、がばいばあちゃんの言葉に
あったけど、世の中には知られていない素晴らしい話がたくさんありそう。
悲しい辛い出来事から、くじけず負けずさらに強くなっていく人。

オイラには難しい話で、いまだ生きる意味とか、目的が何なのかわからない
道半ばの人間ですが、少なくとも自分の存在で他人が喜んでくれるようなこと
があればと考えます。
自分には難しくてもそういう姿勢で生きてる人を友人に持ちたいものです。 

taka1346yu at 18:53|Permalinkひとりごと 

2015年01月15日

きな臭い年始

あのフランス新聞社テロに対し、ローマ法王のフランシスコ氏のお言葉
「他者の信仰をからかったり、侮辱してはならない」
「神の名によって人を殺害するのは正当化できない」という風におっしゃ
られました。さすがだと思います。

ここに至るまでいろいろ考えたのは、自分自身事情がわからないんで
軽はずみなことは書きたくないと考えていました。
そこでいろんな記事やコメントを見ていくと、フランスという国、ヨーロッパ
そして民族・宗教対立など様々な要因が絡み合っています。
これらは東西冷戦が終わった次の揉め事の種ではないでしょうか。 

フランスでは政教分離をすごく強めていて、それはキリスト教においても
宗教色を出さないように規制されているという。
また自由・平等・博愛を信条にしているのは有名だけど、それはあくまで
フランス国家に対し忠誠を尽くした親愛なる者に対してであり、反対する
者へは容赦ない攻撃を表しているともいわれているそうです。

そうやっていろいろ考えると、批判というのは本当に難しい。
日本国内でだと原発、米軍基地、社会システム・・・いろんな対立があり
それらについてはまだ知識があるから、自分なりの主張はできるけど、
外国の政治や宗教、戦争などの情勢は一呼吸おく必要があるでしょう。

そういう風に考えさせられたのがサザン桑田の件。
個人的には政治に介入しない天皇陛下や今回のローマ法王のような
存在を揶揄するというのは、相当な覚悟というか個人的にもはっきりとした
思想信条がない者がやるべきではないと思う。

なぜなら世界平和を祈り、そちらの方向へと努力されている方々であり、
国益のために他国と反発することも辞さない政治家とはまったく別次元の
もので、天皇制・王制のような権威が嫌いだというなら仕方ないけど、そ
れも何年も表立って主張するならまだしも、なんちゃっては恥ずかしい。

とはいえ、どうもこの最近のきな臭さは普通じゃないな。
前にも書いたけど2015年は戦争が勃発するんじゃないかと懸念している
わけですが、それが現実味を帯びてきました。
急に宗教対立を煽ったり、不必要に揉め事が起きたり・・・

よく戦争なんて起きないよ、起きても日本は関係ないでしょなんて悠長な
声を聞くけど、第一次大戦も第二次大戦も世の中は同じ。
みんな大戦にならない、数日もしくは数週間で終わると思ってたんですから。

日本でもこちらが手を出さなくても、相手がどこかで多数の罪もない日本人
を虐殺したとしたら、黙って遺憾の意だけでいいのかって話になります。
日本の場合だと中国が一番きな臭い相手になるんだけど、経済が悪化し
内政に不満が出てきそうな情報を聞けば、その矛先をかわすために・・・
そういう風に考えている人もたくさんいます。

阪神大震災も被災してからわかったことがたくさんあるように、戦争を知ら
ない日本人が80%近くになってしまったことを考えると、どうなってしまう
のか何ともいえない感じですよね。
とにかく見守るしかないのが今の状態、そして祈るしか・・・ 

taka1346yu at 17:41|Permalink