2015年02月

2015年02月28日

同時進行

日本人は器用だってよくいわれます。
美術品、芸術品・・・いろいろあってそう思うけど、ことさら日本だけが
飛びぬけているってほどでもないように感じます。
実際世界中に素晴らしい作品が数多くありますから。

そこで精密機械とか、長い時間かけて辛抱強く作り上げるとかそうい
うのにも視点を向けても、確かに数多くはなくても日本以外に数カ国
は同じように作り上げる国があります。

最近はテレビ番組なんかで日本流の自己陶酔番組が多いんだけど、
確かに世界でもトップクラスのこだわりや使う人、食べる人、見る人
への気配りに驚きを禁じえない紹介がたくさんあれど、JAPAN ONLY
かといえばどうなんだろうって思いますね。

ちょっと自虐的なかもしれないけど、もっと日本独特の他国では数少
ない特徴のようなものがないのかなって。
そんなときに耳にしたのがなかなか興味深かったので紹介します。

ただ本当に日本人だけの特徴なのかどうかはわかりませんよ。
それでもオイラ自身はそうかもしれないと感じました。

日々テレビでは通販番組をやっていますよね。
調理器具、清掃用品、化粧品、健康食品・・・枚挙にいとまがありません。
今回言いたいのが料理番組で、ここに日本人ならではの特徴というか
外国人には決して真似のできない技があるというのです。

それはしゃべりながら調理する技、つまり同時進行。
外国人は助手がやっているのを横から紹介するか、自分自身がやろう
とすると話が出来ないという。
もちろん中にはできる人もいるでしょう、しかし率でいくと日本人はダントツ
というから面白いじゃないですか。

海外旅行で経験したなかでレジの計算というのがありました。
これも日本人は「海外の連中は計算が出来ない」って笑うけど、実際は
そうじゃなく話しながら計算したり、950円の場合に1000円と50円を
プラスしてつり銭を100円にする素早さなど独自の文化がああるからで
外国人が算段できないっていうのは暴論でしょう。

オイラも家の仕事では単純作業を強いられることがあります。
これが慣れてない人だと修業もしくは拷問クラスのストレスになるように
思うんですよ。しかし慣れると手だけ動かしながら、他の人と話したり、
何かを考えたりと二つのこと時にはそれ以上のことが可能です。

ラジオを聴きながら勉強できた人なんかなら普通かな。
でも、世の中には音や時には電灯のビーっていう音さえ気になるって
いう人もいるんで一概にはいえないけど、ながらが可能人っていうのが
同時進行できるっていう技を持ってる人のなかもしれません。

そうなると集中力がないっていうこと?ってなるけど、これにしてもスイッ
チみたいなのがあって二つのことから一つのことへ意識を変えられます。
達人といわれる人ほどそれが上手に出来るんじゃないかな。

だから人間観察してて個人的にこの人はあまり大したことがないって
判断する一言に「気が散る」っていうのがあります。
環境に強いるのではなく、自分自身のスイッチで出来ない人っていうの
は達人の域にはなれないんじゃないかとw
ここのとこは独断と偏見なので何ともいえないんですけどね。

自身の仕事でいえば、やりながら他人の作業をチェックしたり、もちろん
話したり、いろんなことを考えることで作業効率もアップするような気が
します。自画自賛じゃないけど同時進行ができるタイプだと思いますね。
さてさてみなさんはいかがでしょう。
仕事は少しでも楽にできたらなって・・・
 

taka1346yu at 22:58|Permalink人間観察 

2015年02月26日

旅はあれこれ

気が付けば2月も残りわずか、早いなあ。
慌しさも少し一段落はしているけど、年度末に向けた会議が多い。
それにしても毎年なんか同じようなことのくり返しで、新鮮さや驚きの
ようなことがほとんどなくなっています。

そのせいもあって一昔前なら怖気づいていたようなこと、例えばみん
なの前で挨拶をするとか、質問するとか、自己紹介するみたいなこと
が慣れてきました。本当に年をとったといえます。

ここ最近のニュースでは旧正月の影響で中国から観光客がたくさん
やってきて爆買いしているという報道。
否定的な意見もあるけど、オイラは肯定的な方ですね。
なぜなら、日本に来たほとんどの観光客は反日志向が減少している
みたいなので、少しずつ真の日本がわかれば変わっていくだろうと。

時間はかかると思うけど、それでも良い方向になるのであれば小さい
ことでもじっと長い目で見るべきでしょう。
中国経済は長続きしない可能性も出てきましたけどね。
ここにきて外資がかなり中国脱出し、東南アジアにシフトしているから。

それにいくら中国が金持ちになったとはいえ、どうやって金儲けした
のかその内容を注視していくと楽観視できないでしょう。
炊飯器のような電気製品、粉ミルクのような食の安全性、化粧品も
日本のような信頼性のある商品は作ることが出来ませんから。

買い物してくれそうなのもそんなに長くはないため、嫌だっていう人も
少しは我慢!買い物をしてもらうとのそこから見えてくる日本の商品の
生き残り戦略というのも考えていきたいものです。

話は異なるけど、旅行といえば面白いことがわかることもあります。
それは仲間や友人と一緒に行くことで、本当に仲良くなっていく場合と、
本性を知り二度といきたくなる場合とにわかれます。

オイラは個人的に自分のしたいこと、仲間にもしたいことを聞き、できる
だけリクエストに応えられる大まかな旅行案を作るのが好きです。
イベント、買い物、食事、二次会、観光・・・こういうのは誰もがまったく
同じに楽しめることはありません。

時には我慢したり、期待しないで行ったら思った以上に楽しかったなん
ていうのも醍醐味の一つかな。またウィンドウショッピングなど下見を
して次回に備えるなど、一度の旅で満喫しようというのは愚の骨頂だと
考えるタイプなので、逆に期待しまくってる人なんかは苦手ですね。

そんなには期待しないで、でもみんなと和気藹々と行くなら楽しいんじゃ
ないかな、あと他人のお薦めも試したり、自分の知らない見聞を広めたい、
そんな風な暖かい大きな気持ちの人とならどこに行っても楽しいでしょう。

あと食に関しては好き嫌いが多いとダメですね。
今一緒によく行く友人たちもたぶんいろいろあるとは思います。
ただそれらをおくびに出さないから、不愉快な思いはしていません。
が、ずっと前にそういうわがままを出し、場をしらけさせた人がいました。
もちろんその人とは二度と旅行することはありませんでした。

ここ最近飲みが続いているけど、いつも次はどこに行くか、今まではどう
だったかで話が盛り上がります。
人生楽しみがないと寂しいですからね。
仲間たちの多くが3月から次々とマラソン大会にチャレンジ!
オイラもそこまでは無理なのでいつものリレーマラソンとなるでしょうが、
そうしたもので小旅行に参加したいと考えています。

3月はそろそろ走る予定。
雪解けを楽しみに・・・ 

taka1346yu at 18:43|Permalinkひとりごと 

2015年02月24日

株が急騰中

23日、ついに日韓通貨スワップ協定が終了。
日本にとって何一つメリットがないもので、一応は同等のようになっては
いるけど、完全なお情け。そのため事情を知っている人たちはかなり苛
立ち、継続延長されないように願ってました。

そんなおりに自民党の二階氏が訪韓したことでまさか!の事態も予想
されたけど、それもなんなく終わり今日を迎えたわけです。
とはいえ、5月に財務省級会議があるというから心配。

それにしても韓国はどうなっているんだろうと思う。
自国の状況がわかっているのか、日本や中国の分析はどこまで?

日本では中国のバブル崩壊を危惧しているし、もうじきGDPがどうとか
今は爆買いなんていってるけど炊飯器や粉ミルクすら作れない国に
先があると思っている人は少数派でしょう。

スワップのこと以外でも平昌冬季五輪、F-1、日米韓ミサイル防衛が
特に大きい上に中国とのFTAとかあげればきりがないほど。
もし自分が韓国人だったら気がおかしくなりそうなくらい絶望的な方向。

またメディアの記事もダブルスタンダードで、中国人観光客が増え大喜び
日本人は来なくいいみたいな報道から、ソウルは日本人観光客が減って
困っているなどどちらを信じればいいのか・・・

そんな状況から日本人は反日な国よりも親日国を選んでいるのに、なぜ
か韓国の訪日観光客は最高に達してしまった。
よく日本人は本音と建前が違うと彼らは主張しているけど、自分たちこそ
そうだろう、言動と行動がまったく異なっている。

そんな中で少しずつ日本にすり寄るような報道も目立ってはきたけど、そ
れでも上から目線なのはまったく同じ。
もう彼らと交流したいような人は利権が絡まないかぎりいない状態。

本当はよく知ってるから、もっと厳しく書きたいところだけどその気持ちすら
減退するほど、怒りモードから哀れみモードに変わりました。
気づいたときには!っていう表現があるけど、彼らはどうすんだろう。

日本をけなし蔑むけれど、生まれ変わったらまた日本人に生まれ変わり
たいという日本の若者は80%、しかし韓国人の5人に一人は現時点で
この国から逃げ出したいと思っているのだとか。

根本的に他者の幸せを喜ばない風潮があるのかな。
そう考えれば、日本を妬むのもわかるし、自分以外の者が親日で良くなる
のもくやしいし、未来の人や子孫が幸せになるのも・・・

恨(ハン)のパワーは確かにあると思うけど、他者に対して幸運を祈るパワー
には絶対に勝てないと思う。
日本は天皇陛下を筆頭に他人へ気配りを施す国、なぜこんなに近い距離
なのにここまで違うんだろう。とにかくもう手遅れ!


 

taka1346yu at 22:34|Permalinkひとりごと 

2015年02月19日

あ~やだやだ

昨日まで能天気にやってたんだけど、今日は嫌な気分になったことが
二つありました。ん~こういうときはどうしたらいいんだろう。

そもそも嫌な気持ちになるとはどういうことなんでしょうね。
読んだり聞いたりした中では生きていく上での知恵でもあるというのが
ありました。どういうことかといえば、嫌な気持ちの原因となる嫌な記憶
というのは脳に強く残され、そのさい許せない、身震いがするなどという
キャッチコピーがつけられ脳内の記憶にしまわれるのだという。

そして二度と同じ轍を踏まないように、また同じようなことが起きると急ぎ
引き出しが開き、なぜか嫌な気分になってしまうという。
なるほど生きていく上での防御本能なんでしょう。

オイラの場合だと火事を体験したので焦げ臭いと過剰反応します。
音でもありますし、特定の現象で普通とは違う反応をする自分がいると
改めて感じました。

そう考えると良いことよりも悪いことのほうを思い出しがちな今日この頃
特に寝る前にうじうじ思い出してしまい眠れなくなるのが週2回くらいは
あるような気がします。えっ少ないですかw

面白いのは朝になると忘れているんですよね。
たぶん生存本能でもあるんじゃないかな、これが起きても消えないとと
精神的に参ってしまうということになると思われます。
本当は繊細なのにA型というと100%意外に思われるのから、図太いと
みられてるんでしょうねw

というわけで、この段階はまだうじうじ・・・
だからとっとと寝て気持ちを切り替えていこうと思います。

ちなみに本当に心が傷つくトラウマ、自分自身で「俺あれが嫌でトラウマ
になってる」なんていうのは言えないという。
トラウマはなんだかわからないけど嫌な気分になるものですって。
その対処法は「慣れ」もしくは現象を見下すこと。

見下すのは先を読むことらしい。
こんな嫌なことばかりしてたら数年後は身を滅ぼすぞとか、こういうのは長続
きしないとか未来を想像する。そうすることで客観的、冷静になれるのだとか。

これについては以前短気で怒りっぽかったのに、ここでやっちゃえば・・・
ここで自身をさらけ出してしまうと・・・なんて風に思えるようになってから、
まったく腹を立てないようになりましたね。

昔を知ってる人ならなんで?って思われるみたいだけど、それなりに人生
経験で失敗から学んでいます。
特に負けるが勝ち、逃げるが勝ちを体験してしまうとかなり変わります。

これは若い人にはなかなかわからないことでしょう。
負ける、逃げる、弱いは生きる術のない時期には決定的な価値観でもあるから。 

さてさてずい分時間が経ちました。
こうして書くことも冷静になれる一つでもあります。
ただストレートに感情を出すか、少し引いて落ち着いた文章にするか、それも
もうおわかりのことでしょう。

明日は絶対にいいことがある!と信じて
それではおやすみなさい~ 

taka1346yu at 23:39|Permalinkひとりごと 

2015年02月17日

ステップ

ここのところの慌しい世界情勢をみていて思うことがあります。
それは人類の進化は段階を踏まないと進んでいけないようになって
いるんじゃないかと。

例えば未来の理想が戦争がない平和なもので、貧しさや病気で悩む
ことも少なく、穏やかに生活できるものだとしましょう。
そういう世界に早くなればいいと思うけど、戦争体験は避けられない
と思うし、科学の進歩や人々の考え方にも変化が必要だと思います。

そういう風に思うようになったのは中国をウォッチしてからです。
どういうことかといえば今の中国はマナーがどうとか、産業発展による
公害、経済事情など日本の数十年前のような印象です。

日本も海外ツアーでは下品だといわれたし、東京オリンピックまでには
ステテコで街を歩かないというお達しが出たように、恥ずかしい風習が
まだまだ残っていました。また公害についても都市の河川は汚く、水は
臭かったし下水道完備の達成も日本全国はようやく最近ではないかな。

もちろん中国とは人口ももともとの気質も違いますから、日本よりさらに
数倍過激なものになっているとはいえ、反省を踏まえた上で次の段階へ
進んでいくことでしょう。歴史を読み解けばたぶん・・・w

公害とかだとイギリスやフランスもそうだったし、宗教戦争や中世の魔女
狩りのように司法の暴走も全世界的なものでした。
そうしたのを少しずつ克服した国といま真っ最中の国に分かれています。

そういった中でもう少し不透明だと思うのは、いま世界を悩ませている宗教
がらみの国々のこと。なぜかというと、これらの国はもともと独裁でうまく
いってたのが、民主化されることのよって部族や宗派の争いが深刻化し
内戦が次から次に巻き起こっているからです。

こういう状態ははたして落ち着くんだろうか、確かにイギリスやフランス発の
宗教戦争も歴史上は記録されているけど、難しい気がします。
せめて殺傷兵器の開発を止め、もっと意義のある発明にしていかないと!

恐ろしいのは食糧事情を考えれば地球上の人口は多いため、もう少し淘汰
させなければならないという思想があることです。
そのために病気や戦争によってある程度の人口減は構わないというもので、
そういう視点からみていくとそれらが周期的にまた不自然な形で発生してい
く傾向にあるため、陰謀論を唱える人も多いようです。

はたしてあと何年くらいすれば、素晴らしい時代がやってくるでしょう。
少なくともオイラが生きている間は無理なような気がします。
残念ながら・・・ 

taka1346yu at 22:45|Permalinkひとりごと