2015年04月

2015年04月04日

他者の目

今年の桜はいつもより早く咲きましたね。
寒い寒いと言ってたら急に暖かくなり、家にこもっていたけど思い切って
表に出たら、桜が目に飛び込みうれしい驚きでした。

喜びもつかの間、天気予報は雨続き。
ただ暴風雨の一日はあったけど、なんとか持ち、その後の雨でさらに落
ちはしたけど何とか持ちこたえているようです。

こういうハラハラ気分で見ていると、以前桜の木を植えようという提案が
あったけど心配でした。そういうのもあって紅葉やかえでのようなのを
植えた方が1ヶ月近く楽しめると考えますが、結局どちらも実現なしw

さてさてこの時季に風物詩があります。
テレビや新聞には登場しないけどネットには必ず出てきますよね。
桜の起源は韓国の済州島というやつです。

桜に限らず本当に起源が好きというか、なぜ固執するのか理解不能。
なんていうか日本のものや世界で人気ある物があるとその起源が韓国
朝鮮半島にあると言いたい病みたいなw

ご存知の方も多いだろうけど、これが様々なものに及んでいて、日本ど
ころかはては中国やヨーロッパ、しまいにゃ四大文明にもケンカを売り、
なぜの五大文明まで登場するから呆れを通り越しかわいそうになる。

日本でも神話と呼ばれるものがあるけど、それを理由に世界史にケンカを
売るようなことはしてません。国内で心穏やかに読まれ、引き継がればそ
れでよく、言語体系が違う人々と言い争っても何もありませんから。

起源云々はまだ我慢できるけど、日本の先人がアメリカに桜の苗を贈り、
それが何十年もかけて盛大なものになり、有名になるとそれを横取りする
ようなことを言い出すから始末に終えない。
たださすがに韓国国内でもこうした意見は一部であり、とんでもだという意
見が出ていますから、こちらも冷静に見守るべきでしょう。

先日は中国人でさえ、「日本は起源を主張してない。彼らは改良を加え
せっせと育み継続して伝えている」という記事を読みました。
日本人が一番嫌うことの一つは努力もしてないのに良いとこ取りすること
ですからね。他人のふんどしで相撲を取るような行為、発言は頭に来ます。

そういう流れでいくと、最近は日本の食も人気になってきました。
20年以上前に海外旅行したときは日本食レストランはまだまだで、寿司
なんてほとんど見ませんでした。それが今では日本人が食べるものに
興味津々といった感じで、B級グルメでさえ注目されています。

そうするとまた横槍を入れるのが韓国で、日本食が人気があるのが気に
入らないらしく、韓食も世界になんていってるけどはたしてどうなのか?
なぜそこまで世界の人に気に入られたいのかがわかりません。

だってタイ・フィリピン・台湾・トルコ・インド・・・いろんな国の料理があり、
それぞれが人気だし、それぞれに合う合わないもあるでしょう。
そしてそれらの国が世界の人から認知されたいと考えているのか。

日本も昔は生魚を食べるのは気持ち悪いとか、ショーユ臭いとか、空港
ではカレーに匂いがするだの、味噌はどうとかいろいろ言われてました。
韓国人はキムチを褒められたがるけど、日本人はスシ・テンプラ・スキヤキ
は薦めても梅干、納豆、干物、味噌汁・・・代表的な日本料理すべてを
外国人に好かれたいなんて思ってないですからw

そもそも日本国内でさえ郷土料理や家庭料理は千差万別。
しかも地元の味を万人になんていう嗜好よりも、地元の者が認めて育まれ
伝えていけばそれでいいという一徹な考えこそが素晴らしいと思います。
ん?桜のことにもなんだかつながってきたかなw

いろんな国、いろんな土地、都市部のレストランなどそれなりに食べ歩き
ました。バブルの頃はガイドブックや行列全盛でそれこそいろいろ試した
のをなつかしく思います。今では他人の評価は当てにしないし、こっちも
自分の好みを薦めないそういう思考が自由で好きですね。

最近思うのは金持ちの人たちがたぶん高級なもの=高カロリーなものを
食べ、病気になっている例が多いように感じます。
この年になると食は健康にいいもの、体にいいものそして気力や体調が
好調になるように維持されるものが最上だと悟りました。

桜も本当は散りにくい品種に改良できるかもしれません。
しかし早く散ることに美学を求めていて、それを善しとしないとしたら・・・
人の評価を気にせず、わが道を行くことの素晴らしさ、そしていつの時代
にか賞賛されていくんでしょう。他人は他人、自分は自分・・・

 

taka1346yu at 22:32|Permalinkひとりごと 

2015年04月02日

孤立上等!

日本にとっての中国ってどうなんだろう。
仲良くするに越したことはないけど、あちら様が反日を利用して統治して
いるんだから、素直になれない部分が多い。

この前は爆買いでうるおった日本だけど、小笠原の赤サンゴの件とか、
いまだに尖閣諸島で牽制したりしてるし、脱中国の日本企業が加速中。

たぶん我々が知らないところでは仲良くしているところもあるとは思う
けど、表立って親日もしくは脱反日じゃないかぎりは難しい。

沖縄の反米軍基地やアメリカでの慰安婦像設置の裏にも中国の影が
あるっていわれている。あれこれ考えて感じるのは、ほとんどの日本人
はとりあえず一党独裁体制がなくならないかぎりは、心を許すわけには
いかないというのが共通意見でしょう。

そういう状態でアジアインフラ投資銀行、AIIBへの参加について日本は
どうするのか注目されました。反対が53%、賛成が20%くらいだったかな、
ネット上ではほぼ80%近くが参加に反対という感じでしたね。

面白いのはTPPには大反対の連中が賛成を声高に叫んだこと。
特にイギリスが参加したことで雪崩をうって独仏が入り、その後ロシアと
韓国も入ったことで孤立すると主張していました。

イギリスが入ったことがそんなに意味がある?
香港がいろいろありながら口出しはできないし、いつだったか李克強氏
が国家元首でもないのにエリザベス女王との謁見を強行したというのも
記憶に新しいところで、ドイツなんぞは経済は確かにいいかもしれない
けど、だからといって中国やギリシャを食い物にしてるのは有名。

まあアメリカの発言力が低下しているという批判が一番大きいし、日本
国内や中韓はそのアメリカが参加しないから日本もっていう論を語る
人たちがいるんだけどはたしてそうかな。

そもそもアジア開発銀行ADBがあって中国もそこに参加し投資してもら
って、まだお金を返してもない国が銀行を作るって・・・日本からのODA
も中止にもなってないし、あまりにもおかしい。

日本がインフラ開発に参加できないって意見も、そもそもADBでお金が
借りられない国に中国の主導で貸そうっていう話でしょ。
誰がどう考えても危険だし、日米が参加すれば尻拭いはそっち。

選挙で選ばれた代表と独裁者の発言ではどっちが強いか。
そういう責任を野党はどう考えるんだろう、メディアは相変わらず言うだ
けで無責任なままでイライラしますね。
一般の人たちの方がかなりまともだと一連の流れをみて思いました。

なぜか日本の不参加後の文句がすごいんだよな。
参加しないことで日本が孤立し、ダメになるならそれでいいはずなのにw
そういうのもやっぱり裏があったんじゃないかなって気がする。

多くの人がこう書いてます。
民主党政権だったらどうだったろう、即参加だったろうな、こわ~~って。
株も上がり、為替も正常化し、少しずつよくなってきました。
もう二度と返り咲いてほしくない! 

taka1346yu at 23:34|Permalinkニュース 

2015年04月01日

野球人気

寒暖の差はあれど、日中には春になってきたのを感じます。
近所の桜も少しずつ咲き頃が近づいている印象。

そしてプロ野球も開幕したわけなんだけど、ネット上には不思議なタイ
トルが毎日のように踊っています。
それは視聴率が一桁だの、開幕戦でどうこうとか、過去にはそうした
ものはあまり見かけた記憶がないんだけど。 

同時期にサッカー日本代表と五輪予選があったことも影響している
のかもしれないけど、メディアはいつまで野球VSサッカーのような図
式を意識しているのかと思う。

住み分けははっきりしているし、そもそもコアな野球ファンは球場に行く
か、スカパーなどの野球セットに加入しているはず。
地上波を見る層はどちらかといえばライトな層で、移り気であったり、
あれば見る程度の人たちじゃないでしょうか。

とはいえ野球に関してあまり面白くなくなっていると個人的意見。
友人の中にもちらほら同じことをいう人もいます。
その原因として若手が出て来ない土壌、新陳代謝の悪さをあげるのが
多いかな、息が長くなった反面そうした弊害があります。

また何度も書いているけど、野球選手がすごく高給化してきたじゃない
ですか、そうなると高給を得た人を出すのは当然で、若手の出番はそれ
でいくとチャンスを与えにくいということもあるでしょう。

生え抜きの選手も少なくなり、ベテランばかりだし、なんていうか新鮮味
のようなのを感じられなくなりましたね。
また娯楽が増えたことで、野球以外に楽しめるツールもたくさん増え、
それに伴い野球が会話のメインになることも減りました。
最近では自分の贔屓の球団すらない人も多いように思います。

しかし本当についていけないのがスポーツ紙だったり既存のメディア。
ご存知のように映画からテレビに移るとき、ラジオからテレビに移るとき
のように、新旧のメディアの思考には温度差があります。
いつまでも自分たちが主流だと思っていたのが、またそうあるべきだと
思っている間に世の中はまったく変わっていくものです。

地方の町並みも知らない間に郊外店が増え、駅前が寂れたように数年
で変わっているのだから、人々の嗜好や考えも変化し、新しい媒体が
登場しているのに、視聴率や販売数が横ばいということはないでしょう。

それでも野球はそれなりにがんばっていると思う。
なんやかんやいっても選抜甲子園はそれなりに人気があったし、プロ
野球の地方球場はけっこう人が入っていますからね。
野球はそんなに人気が下がってないんですよ、メディアが廃れたことに
早く気づいた方がいいと思うなあw
 

taka1346yu at 19:05|Permalinkスポーツ