2015年05月

2015年05月29日

FIFAの闇

ようやくというか、ついにというか、FIFA国際サッカー連盟に捜査のメスが
入りましたね。世界のサッカーファンならずっと前から知ってたとはいえ、
一体誰がその首に鈴がつけられるのかを考えると闇のままでした。

サッカー強豪国が強く発言するというよりも、政治力の強い国が好きなよ
うにしていた印象があり、時には不可解な判定や懲罰もその強弱がかなり
影響してきたようにいわれてきました。

そういう風潮の中なので日本もワールドカップの招致をしたときは、かなり
工作をする必要があったでしょうが、韓国ほどのあからさまことはしてない
思いますがね、ここのとこは今後明らかになるでしょう。

韓国についてはもうすでに当時FIFA副会長でも会ったチョン・モンジュン
氏が公けに語っています。またW杯史上に残る誤審ベスト10に韓国を含
むものが多数ランクインし、今回の件ではイタリアが蒸し返しそうな雰囲気。

それはそれで不正や腐敗が表に出てくれば、韓国についてはサッカーだけ
じゃなく政治、世論形成、ごり押しなどたくさんやってますから、そういうのが
今後やりにくくなる状態になればと期待します。

今はネットのお陰でいろんな情報に接することが出来るけど、マスメディア
だけだったら、完全に彼らの手のひらで踊ったままということですから恐ろしい。
正しく真っ当なものなら我慢もできるけど、嫉妬に狂いゆがみ、嘘と妄想に
まみれた攻撃的な裏工作に辟易した日本人も疲れた呆れ相手にしたくもない
という風潮になったことを考えると、そうしたものがいかにバカげているか。

もちろん彼らだけじゃなく日本のノイジーマイノリティな連中も同じような傾向
があるため、情報を注意深く受け止め、解釈する必要があります。
振り回される人間も同じ仲間といえるでしょう。

さてさてFIFAの今後ですが、なぜかブラッター会長だけお咎めなし。
ん~ここのところはどうなんだろう。
ひょっとしたら裏取引があったなんて可能性も?

ヨーロッパサッカー連盟のUEFAは脱退を示唆しているし、会長選もある
ということで今回の話は始まりにすぎないとされています。
またサッカーだけじゃなくオリンピックの方も似たようなもの、こういうこと
もあり以前からスポーツマフィアなんていわれたりもしてますから。

何回か書いたけどスポーツは儲かります。
そこに群がり、巨万の富を得ている奴らがいる反面、そこにお金を投入して
いるファンの多くは貧しい人々やそんなに裕福じゃない人がほとんどでしょう。

トーマス・ピケティが富の配分を世界的にたださない限り、永遠に貧富の格差
は埋まらないといい、タックスフリーなんていうクソみたいな国があり、そして
闇に巣食う奴らを根絶やしにしないと貧困そして戦争やテロもなくならない
でしょう。本当に悲しいことだと感じます。
 
そこに対処できるのはアメリカだったのか、偏った正義ともいわれるけど
やはりこういうのはアメリカしか無理なのかと思ってしまいます。

ただ個人的には今回の件は先にも書いたIOCの件もあるけど、世界的な
不正腐敗の金の流れや裏工作、テロ資金、マネーロンダリングとそういう
方面にも影響し、少しは改善されていくんじゃないかと信じています。
いやそうであってほしい!
しばらくの間は注視していきたいと思ってます。
 

taka1346yu at 23:25|Permalinkスポーツ 

2015年05月26日

善意はどこへ?

先日、商売は不安や心配をあおると書きました。
他にも損したくないとか、儲けたいとかそういうのもありますよね。
そして一番汚いのが善意につけこむことだと思いました。

ネットが登場し、その裏側や内部事情が告発されるようになったことで
ボランティアとか寄付とかのきな臭い話がたくさんあがっています。

東日本大震災ではかの有名な左派テレビ局が、寄付先として怪しい
団体に送っていたし、かの有名なユニセフでは 日本ユニセフ協会と二つ
の似た名前があってネットにはきちんと書かれているけど、一般ではそ
の違いを知る人は少ないでしょう。

ちなみにユニセフが黒柳徹子さん、日本ユニセフ協会の親善大使が
アグネス・チャンになっています。
先ごろ、アグネスがその二つの団体は同じだと言って炎上w

しかも日本ユニセフ協会のいろんなことが暴露され、かなり面白いので
興味のある方はぜひ読んでみてください。
 日本ユニセフ協会って何?
 
さてさてここのところ話題になっているのがペットボトルのキャップ。
これについて気になる記事があがっていました。
これがもう胡散臭い、きな臭いのなんのw
「エコキャップ推進協会」、9000万円の収入

他人の善意につけこみ、また怪しいと疑う人に逆切れし、官民一体と
なったおかしな構造は何もこれだけではないでしょう。

よく廃品回収なんかで一部民間業者が勝手にもって行くなんていうのを
ニュースの特集で問題視してたけど、誰がやろうと別にいいと思うし
自治体だけがっていうのこそおかしな話だと思ってみてました。

自分のように何でも疑うのもちょっと捻くれているかもしれないけど、何
でも鵜呑みにするのもどうかと思う。

たまに難しい手術の寄付金集めのようなものもあるけど、どこまで信じ
ればいいのかと思うこともあるし、エコ関連については必ず疑うように
しているというか、あまりにもおかしなのが多すぎますね。

そもそも地球温暖化という前提についても疑いたい。
なぜなら本当に危機なら、一番排出量の多いアメリカと中国に守らせ
ようとなぜ世界が一つになって抗議しないのか。
もっといえば世界をあげて新エネルギー開発をすればいいし。

こういうのもエネルギー利権やエコ利権みたいなもので、利を得ている
のは?損をしているのは?って思うんですよね。
莫大な利益を持ち逃げしている人々に憤りを感じます。
それらの人間がじゃあ未来への投資として何しているのかって。

一人一人が出すお金や労力は小さくても、大人数になればバカになら
ず、それを上手に吸い上げるシステム。
そういう奴らは善意で一生懸命やってる人間を笑っているんじゃないの。

もちろん素晴らしい活動をされている人もたくさんいるでしょう。
オイラも何か寄付するときはそういう団体だときちんと調べてからする
ようにしています。死に金になってほしくないんで!
それに必要としている人たちにきちんと届いてほしいですしね。

それにしても善意の活動に学校が利用され、子供たちの好意が踏み
にじられていると思うと、心底頭に来ます。天罰が下ってほしい!
行政なんかも軽々にのらず、またNPOやNGOをきちんと精査してほしい。
そうでないとオイラのように疑う人が増えれば活動も難しくなるでしょう。

周囲をみても良い人が多いなと思うんで、疑心暗鬼になるようなものは
極力排除してほしいですよね。
さてさて次からペットボトルのキャップをどうしたものか・・・ 

taka1346yu at 17:49|Permalinkニュース 

2015年05月24日

OOな日々

何も予定がなくのんびりしていると、何かの拍子に「もう今年も半分近くか」
なんて思ったりします。気がつけば今年も次々恒例の行事をこなしていて、
来月の初めには春祭りがあり、これが終わると梅雨、消防の操法、お盆、
そして秋祭りになって・・・今年も終わっていくでしょう。

学生時代は1年、2年・・・卒業、社会人の初めは知識も技術もないため、
それらの取得に必死、ある程度年齢がきて毎年のルーティンがだいたい
こなせてくると、冒頭に書いたような状態になっていきます。

子供がいればまだ入学や卒業その他の学校行事に追われるでしょうが、
自分には関係ないし、子供も成人になれば月日の早さを感じることでしょう。

友人と話すと記憶力のいい人は、1997年はこれこれ、2003年は、2010年は
なんていうのを覚えていて驚きます。
こちとら先週のことでも忘れてしまうくらいですからw

だからこそ、メモをするのが好きです。
こうして書いているのもいろいろ事情があるけど、そのうちの一つに日記みた
いな意味合いもあります。もう記録してないと思い出せません。

こういう考えに至ったのもくよくよ物事を考えないということがあります。
逆に言えばくよくよするタイプでした。
あの時こうしてたら、こう言ってたら・・・後悔したり深く考え込んだり。

あるときから止めました。
きっかけは忘れたけど、とにかく終わったことは仕方がない。
そして自分がそのとき、そう選択したんだから、ベストだったと思うしかないと。

ただそういう風に考えるようになってから、選択決定するのも間違いが少なく
なってきたように感じます。
今この買い物をすべきか、このイベントに行く価値はあるかなどなど。
何でかっていうと、なるようになるからです。

どういうことかといえば、金欠で厳しい買い物だと思ってたら、必要な場合
は、なぜか不思議なことに臨時収入が入ってきたり、忙しいから無理だと
思ってたら予定が空いたりとそういう流れになって行きます。

その反対にダメな場合は、急に仕事が入ったり、買おうと決心したと思った
ら何かが壊れてそちらの修理なんかが入用になったりしました。
なるようになるというのを今では実感しています。

10年前くらいに体力がなくなっていく恐怖を感じていました。
当時はちょうどピークを過ぎ、視力や反射神経が落ちていくのがわかった
上に筋力や体力も急激に落ちていくような状態でした。

たぶん自分はそういうのと無関係、まだまだ若い子たちには負けたくない
など何かに抗っていたんでしょう。
5年経ち、完全に無理だと思うようになり、落ち目の自分を受け入れ、それ
なりに別の楽しみを見つけると何とも思わなくなりました。
なるようになるものなんですね。

食べ物では肉食がかなり減りました。
もともと魚は大好きなんで、そこに野菜も食べるようになり体調がいい。
そしたら20年以上前の服も着られるようになってびっくりです。

バブル当時の服は高価だったんで案外強い。
捨てるのももったいなくて置いてたんだけど、まさか今でもいけるなんてw
ゴルフウェアなんかも買ってたんだけど、3年前からまたやり始め、また着ら
れるはうれしいですね。

ある人から聞きましたが、あまりに肉食系などのたんぱく質が多いと体臭が
臭くなるのだとか。オイラも加齢臭はあると思うけど、そんなには臭くないと
は思うんですが・・・これから暑くなりますから注意したいところです。

今週も総会とかいろいろ。とはいえ、予定があるのはありがたいことです。
いろんな人に会って、まだまだ自分の知らない話を聞くのは刺激的。
ただ・・・すぐに忘れてしまいますがw
それこそストレスを貯めないいい生き方かもしれないと自画自賛してます。
 

taka1346yu at 22:01|Permalinkひとりごと 

2015年05月22日

体外菌 vs 体内菌

梅雨を前にしてか、ここのところテレビ番組内で除菌、抗菌、カビ対策の
ような特集を見かけます。
清潔にしようという試みは悪くないけど、そこはテレビやはり行き過ぎだと
思うようなレベルになってきました。

そもそもビジネスは客の不安や恐怖を煽って商売をしている場合があり
ます。国や地域によって外見や生活の価値観が違うもので、当初は気に
もしてなかったことをそれはいけないとばかりに宣伝する。

例えば薄毛に関してはヨーロッパや中東ではさほど気にもされていません。
逆に日本人があまり気にしない歯並びを悪い場合は下流階級の人だと
見なすような国もあります。口臭がどう体臭がどう身長が体形が・・・
いつの間にかコマーシャルに洗脳されていませんか?

オイラは常にすぐに情報に飛びつかないように気をつけるようにしています。
さすがにこの年になると、過去の騙され続けた経験がありますからw
時代によって価値は変わり、時には当時は当たり前だったことが後に完全
否定されるようなこともありましたから。

さてさて最初に戻ると、家のどこどこにカビがあると一生懸命です。
菌を吸い込むと病気やアレルギーが発症すると脅します。
でもよく考えてほしい、自分の周囲でどれだけの人が病気で、その原因の
中に家庭内のカビが原因になってますか?

どちらかといえば食事の内容とか、栄養過多、化学物質、ストレス、運動不足 
のようなものばかりで体外よりも体内の免疫が問題でしょう。
そもそもカビや菌が体内に入っても免疫力が十分なら関係ないんです。

かの養老孟司先生が清潔好き過ぎることの警告にこうおっしゃってました。
いくら除菌や滅菌しようともそもそも人間の体には何兆もの細菌がいる。
自身が保菌しているのに自分の周囲だけ無くそうとするのは矛盾でしょ。
そして人間の体は外敵の菌をやっつけるためにあるのだから、その供え
をするのならいいけど、清潔にし過ぎると別の病気を誘発する危険性がある。

その通りだと思う。
ご存知のように抗生物質が効かない細菌が発生したり、カビや腐敗を恐れ
保存料や添加物を加えることで化学反応を起こし、アレルギーなどの原因
になっているといわれています。

健康や長生きを真剣に考えるのなら、長寿といわれる明治・大正・昭和初期
の人たちの生活を観察するといいでしょう。
清潔な暮らしをしていましたか?サプリなんてありましたか?健康食品は?

うちの亡くなったばあちゃんは大往生でした。
観察してたら規則正しい生活、畑仕事、家の仕事そして簡素な食事でした。
感情もわりと穏やかだったし、のんびりした感じ。

方や母の方は平均寿命の少し前に大動脈瘤破裂で亡くなってしまいました。 
脂っこいものが好きで運動はあまりしてなかったです。
また病気になる前はけっこうイライラしててよく自分とぶつかったものでした。
そいいうのも目の当たりにしましたから健康の秘訣を実感します。

これは想像ですが、綺麗好きな人や健康に気遣う人は部屋とか鏡はよく見て
いるかもしれません。でも自分の排便や尿を観察しているのでしょうか?
便の色は腸内細菌が活性化してるかわかるし、尿の臭いも重要です。
考えてもらえれば健康診断ではそれらと血液検査が主じゃないですか。

いくら身の回りを清潔にしてもメインは体内ということになります。
行き過ぎて潔癖症になったり拒食症、過食症、偏食などもってのほか。
体こそが主人公だと思えば、その他の対策はテレビなんかに頼ることなく
長寿の人たちを観察すればそれでいいんですよね。

時代はもうテレビの情報だけが最善ではありません。
テレビだってネットの情報から引っ張ってきてるくらいですからw
ビジネスで情報発信しているのか、善意で発信しているのか、そこを見据え
て情報というのを考えてみたいものです。 

taka1346yu at 23:35|Permalink健康 

2015年05月20日

一瞬で・・・

また通学の子供の列に突っ込む痛ましい事故が起こりましたね。
こういうニュースを聞くと本当に残念で頭に来ます。

というのも、自分の街も観光地で狭い道路になるのに、もう少しスピード
を落とした方がいいんじゃないかと思う車が多すぎ!
街がら観光客はもとよりお年寄りや子供も歩いているし、違法駐車も
あるからどこからどう人が飛び出すかわかりません。

警察も取締りをがんばっているんで以前よりは減ってきたけど、それでも
まだまだといった感じ。そしてオイラが観察すると1番怖いのが中年の
女性、そう今回の事故とまったく同じ年齢。

続いて年配の男性、三番目が若い子という印象だけど1位がダントツ。
なぜそうなのかが理解できません。

というのも、操作が上手いわけでもないのにアクセルを踏む。
何でと聞くとほとんどが「急いでる」といいます。 

早く次のことがしたい、目的地に着きたいのは誰しも同じこと。
そして特徴的なのが信号待ちを回避するのにわざわざ路地を利用する。
これも女性が圧倒的なんですよね。

主婦は忙しい。
もちろんわかりますよ、今回の事故も子供を送ったというから、ひょっとし
たらいつもより遅くなって慌てていたのかもしれません。
でもお分かりように、そうした結果重大事故をまねいたらどうなるの?

自分にも子供がいるというのに理解できない・・・
そう考えるとつまりは想像力の欠如なんですよね。

最近は男性の荒い運転というのがかなり減ってきたように思うんです。
煽り運転や危険運転もめっきり少なくなりました。
それもそういうことで事故やケンカになってはいけないという想像力が
働けばこそ無茶な運転はしないでしょう。

それに対し、車間距離が狭い不愉快な運転する後続車は誰?とミラー
越しにのぞくとおばちゃんがほとんど・・・
そしてよくよく思い出すと、地元紙の事故記事では多くが中年女性。

この問題に対して解決法では人間の方は無理だと思ってます。
何度か書いてるし、それが実現してきてうれしいのですが、自動障害物
探知ブレーキシステムしかないと。
車間距離も一定以上になれば減速したり、センサー頼みしかないですね。

あとドライブレコーダーをもっと標準装備する方向にならないかと。
これは国の方では難しいので、設置したら自動車保険料が安くなるみた
いな特典がやりやすいように思います。
最近はかなり安くなったので自分も買う予定、これが購買客が増えれば
もっと安くなるから、そういう方向にしてもらいたいです

かく言う自分も若い時期は無茶をしたし、危ない目に遭いました。
現在は焦らないようにのんびりゆっくり運転しています。
ですから、事故を起こす可能性よりも巻き込まれる方が高いと思ってます。
その防止にも録画するようにしたいと考えるようになりました。

日本は以前ほど急がなくなったでしょう。
悪天候でも飛行機は飛ばないのかと焦る人、雪で長時間運休する列車
でも慌てているような人も見なくなりました。
そういうので仕方ない、待とうかという余裕がもてるようになりましたから。

事故や違反で捕まった人はほとんどがこう言います。
「ちょっと油断した」「魔がさした」「慌てた」・・・
つまりは気持ち一つでどうにでもなったということです。

時間に余裕を持つのはもちろん、万が一遅れた場合はあきらめること。
よくよく思い出すと遅れそうなときはスマホで先方に連絡するようにも
なりました。案外時間通り着くことが多いし、何より慌てたくないです。

時間は同じように過ぎるけど時間感覚は十人十色。
あとで後悔するような使い方はしたくないものです。 





taka1346yu at 23:35|Permalinkニュース