ネット

2017年09月17日

原因を見ないと

水原某がネット特にツィッターで炎上してるのだという。

執拗に個人攻撃するのはどうかと思うけど、上西某がそうであるように
自ら燃料投下する人たちもいる。雉も鳴かずば撃たれまいなのにw

そもそもこの水原という人はほとんどの人は知らなかったと思う。
モデルか女優をしてた印象。

それが中国の一件でネットでは有名になった。
天安門で中指ポーズをしてインスタグラムにあげたのを中国のネット
ユーザーに取り上げられ、その言い訳が酷かったことで今度は日本の
ユーザーから攻撃されることになった。

個人的には興味のない人なんで当時はコメントもしなかったと思う。
何かあると普通に謝罪して終わればいいものを人種や差別にもっていく
稚拙な行動は逆に火をつけるということを知らなかったみたい。

その言葉を言えば攻撃されにくいと思っているんだろうか。
それは旧来のメディアなら大丈夫だったけど、ネット社会では厳しい。

旧メディアはネットを敵視しているので匿名の批判をすぐに罵詈雑言、
誹謗中傷としてとりあげ差別とかに結びつけて言論統制しようとする
傾向がある。自分たちが扇動できなくなったことが悔しいんでしょう。

しかしそれはネットをあまりにもバカにしてるし、逆に自分たちの報道が
どれほど多くの国民の怒りに火をつけているかわかってない。

嘘やねつ造はばれ、ソーズもあいまいな記事で誘導しようとしたり、最近
では主語があいまいな言葉で印象操作をしようとしてることもばれた。

またネットの悪口を書くが、オイラが見てて少なくともネットは自浄作用が
ある。大手メディアなんかよりも。
先のような出所不明な記事には疑問が向けられ、汚い言葉には注意がある。
それに比べ新聞やテレビは言葉は汚くないけどご存知の通りw

そして水原氏の件に戻ると、彼女の行き当たりばったりの言い訳そして
自分の不手際を差別に置き換えてすり抜けようとする姑息さに怒りが
向けられていることに気づかずに擁護コメントする人たち。

もしオイラが擁護するなら、まず彼女の非を注意すべきだと思う。
その上で執拗に個人攻撃するのもどうかと思うという書き方でいいと思うな。
つまりは個人の問題。

最近は怒りがスポンサーに向けられたり、人種や差別問題にすり替えるとさら
に怒りを倍増させるという傾向もある。
個人の不手際を人権問題に変えると解決は程遠くなってしまうし、それで逃げ
ようとすれば証拠の残る現在ではいつまでも終わらないでしょう。

無知でした、すみません!でいいと思うけどね。
やらかす人というのは、そうしたことが浮かばないからこそやらかすんでしょう。
高学歴、高収入、成功者ほど頭を下げたくないんだろうけど、ネット空間では
誰もが一個人、逆に平等だからこその対応をした方がいいと思う。

ごめんなさい、すみません、失礼しました・・・言えない人が哀れw
そういう人ほど案外ありがとうすらも言えないんだろうな。

自分の考えに近いものがありました、ご参考に!
BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。
<水原希子ヘイト騒動の原因>偏見・差別だけではない本人の言動に問題 


taka1346yu at 21:34|Permalink

2017年09月12日

口出しすな!

ネットの記事で韓国人が最初から混ぜた方がいいのに、なぜそうしないのか
というカレーライスを例に挙げたものがあがっていました。

映し出された写真はCoco壱番屋っぽいもので、ぐちゃぐちゃに混ぜられた
汚い状態のものがありました。
あれを見て同意見の日本人はどれくらいか、また美味しそうで食べたいと
思う人はどれだけいるんだろうと。

昔こういった人もいました。
食べたら胃の中では全部同じでしょ。
それでいけば混ぜて食べる話も同じことになるでしょう。

それならば食事のレイアウトや装飾はいらないということになる。
大小様々なお皿や取り分けなど、そういうのも食事の楽しみだという意見は
一体どうなるでしょうか。

また混ぜる、全部同じという意見では目で楽しみ、鼻でかぎ、舌でいろ
んな味を確かめるというのが楽しいという個人的な趣向を無視してます。

カレーに戻ると、オイラは絶対に混ぜるのは大反対。
ちょうどカレーとごはんの境目で、スプーン一杯ごとにカレーが多め、ごはん
が多め、カレーだけ、ごはんだけというバラエティに富んだ楽しみ方をしてる。

Coco壱だとカツカレーなんかを頼むけど、こちらもカツだけとか、カレー
を少しつけて、カツとごはんだけみたいに何通りの楽しみ方がある。

ただオイラは他人に自分のような食べ方を勧めないし、強要もしない。
だって食べる楽しみは千差万別じゃないですか。
だから冒頭の全部混ぜる食べ方というのもその人の趣向だからスルー。

でもね、なぜしないのとか、した方がいいなんていう考えは許せない。
そう来れば韓国の通称まじぇまじぇ文化はとんでもないと反論する。

例えば代表的なのにビビンパがある。
あれなんかでも本場の人はオイラの混ぜ度合いを散々注意してました。
しかし彼らは100%混ぜてしまい具材がわからなくなったり、先のような何通り
もの楽しみ方というのができなくなってしまう。

何より見た目が動物の餌のようになってしまい、綺麗に並べてくれた料理人
からすればどう見えるでしょう。

ただ料理人を出すと、こちらもこだわりの人がいるけどそれも嫌いw
料理はあくまで食べる人が気持ちよく食べればよく、そのヒントを出してくれる
場合や、こちらから食べ方を聞く場合は別にして好きにしてほしい。

食べる側はあくまでマナーとエチケットにたち、周囲に失礼にならない程度に
また料理人に対して侮辱しないように礼儀をわきまえて食べることを勧めます。

とにかくべき論が大嫌い!
した方がいい程度に言いなさいよ!

特に文化とか習慣の問題は、日本人同士でも言い争いになるのに、外国人がああだ
こうだと言い出すと、もっと炎上してしまう。
自分たちの文化が一番だと思ったら終わり、まだまだいろんなことを吸収し、思考
錯誤して新たなものを作り上げる謙虚な姿勢がないとね。

taka1346yu at 22:14|Permalink

2017年05月28日

不用意コワイ

ネットが個人配信ができることで予想されたことが次々起きている。

黎明期の頃は持っている人も少なく、自分の近所でも数人だった。
仕事か趣味の人くらい、そりゃあ当時は30万前後しましたから。

今はスマホを中心にタブレットや安価なPCの登場でご存知のような状況。
良いのか悪いのかを考えると、たぶん良い方向になる前の過渡期だと思う。

法律も不備なら、昔から言われているルールやマナーも未発達。
もう死語になっているネチケットという言葉がなつかしいw
掲示板荒らしもず~と続いています・・・

さてさてそんなネットで最近にぎわっているのが特に動画の世界。
自らの犯罪行為を証拠として残すという蛮勇。
後先考えて真面目に生きている人からすると信じられませんよね。

ただ動画も諸刃の剣で、事件事故の記録から様々なものを今まで見られ
なかったのを見られるようにしてくれたのはありがたいです。
写真も健在とはいえ、動画のインパクトはまた違いますから。

そうそうネットの話題で気になるのは個人の意見。
誰でも気軽に書けるだけに何も考えてないとんでも意見も多い。
(本人は真面目に書いてるからとんでもは失礼かなw)

最新のもので話題になったのはイカの活〆動画に可哀想というもので、
まあ考えとしてはわかるけど、意見としてはちょっとね。

確か菜食主義者の意見とのことだったけど、野菜や果物も現時点では生物
としては動物と違うと考えられているけど、科学が進み動物と同じような
感覚があるっていうことになったらどうするんだろう。

自分たちは生き物を殺してないっていう高みからの発言に、上から目線もし
くは選民思想的な嫌なものを感じて仕方がない。

人間は他の生き物を殺し、その命をいただいているという宗教的に言えば
罪ということになるらしい。それを自覚し、感謝し、粗末にしないという
のが償いの一つであると考えた方がいいんじゃないかなというのが個人的な
意見、でも平行線だろうなw

田舎では畑作物を動物に食べられる被害が続出しています。
最近は熊出没のニュースも多いですよね。

うちもやられている方に入ってて、いろんな対策をしているけど、向こうも
生きるのに必死ですから根本的な解決にはなっていません。

動物に罪はあるのかないのかってなうると、人間が彼らの領分を脅かしている
という考えもわかるため複雑な気持ちです。

自分としては何度も書いてるけど、道路の公共事業から山へシフトしてほしい。
どういうことかといえば、多くの人が悩む花粉症もその一つで放置された山林
をきちんと整備しなおし、山奥には動物が好む木々を植え、人里に出てこない
ように対策すべきじゃないかなと。

そのために新たな公共事業は雇用も生むだろうし、疲弊した地方にありがたい
話であると同時に、作ってもやられることで諦めている農業にも少しは明るい
兆しがみられるようにもなると思う。
だけど利権がないとやらないんだよなあ・・・w

他にも山の復活には洪水対策、海のミネラル分を増やすことで海産物にいいと
いう話もあるからかなりいい話だと思うな。

ネットの話から公共事業まで広がってしまった。
小さいことでも大きなことにつながってるのかもしれない。
ネットもインターネットという意味のほかにネットワークという意味もありま
すから、そりゃもう無限の広がりがあるんでしょう。

昔はオフでネットが介在しなければ会えなかった人に会えました。
滅茶苦茶楽しかったんで、ああいうのがまたないかなって思うけど無理でしょう。
次はどんな風に進んでいくのか、メディアとはどうなるのか密かに注目しています。





taka1346yu at 21:27|Permalink

2017年05月26日

問題解決はネットで!

今日、我が家の長年の懸案事項の一つが終わりましたw

たまに風呂場と自分の部屋の洗面所が臭くなる。
原因はなんだろう、パイプが汚れているのか?

そのたびに薬剤をまいて何とかするけど根本解決にはならない・・・

特に自分の部屋の方は寝ているときに臭うことがあり、それで目が覚める
ということもありました。

ふだん、いろんな疑問、質問はネットで調べます。
ふと洗面所の悪臭原因を調べたら、排水溝とパイプの隙間があるとそこ
から下水の臭いが上がってくる構造になっているとのこと。

その隙間を完全に密閉しないと臭いの原因になるのがわかりました。
そういえばいつも洗面台の下を開けると臭い。
また湿気も上がってくるせいか、板もボロボロになっていました。

そこで排水溝パット(1個400円)を購入し、取り付けたところ、無事解決。
やはり臭いの原因はそこだったんですね。

ネットでは洗濯機のベルトの交換、イワシのさばき方、車の部品交換・・・
本当にいろんなことが載ってます。
また最近は動画でもたくさんあるんで本当にありがたい!

次はまた何で助けてもらえるかなw

taka1346yu at 17:11|Permalink

2017年05月16日

指導と調教

またまた部活の問題動画があがってました。
大阪府下の高校のバレー部で、最初は大したことないだろうと。

動画を見る前に意見の方も見ました。
このくらいの練習はやった、怠けようとする子には厳しくしないと、
今はこれくらいで言われるのかなどどちらかといえば指導に対して
そんなに否定的ではない。

自分はバレーの指導はしたことがないけど、されたことはある。
その中でレシーブを怖がったり、目をそらしたりするのを防ぐために
至近距離から打ち込むものがあった。たぶんバレー経験者のほとんど
が一度はやっているものだと思う。今回もそれかなと。

しかし実際の動画は違いました。
ヘロヘロになって1対1の練習をしてる子に取れないと全力でぶつけてる。
これは指導じゃない!断言します。

たまにテレビで厳しい指導のものをやってます。
体操を教わる子が泣きながら大きく開脚してる姿はまさに拷問。
また叩いたりしないまでも厳しい口調のものもあるけど、それらが許される
のはクラブチームだからと言いたい。つまりは希望で通いお金も払ってる。

それに対して学校の部活で同じようなやり方には大反対ですね。
百歩譲って私立の学校であればまだいいでしょう。
しかし公立の学校では絶対にあってはならないと思う。

なぜなら、指導者がその競技をどれだけ経験し、指導法もきちんと学んで
いるか、ほとんどの学校が素人教師による指導の多いこと。

ただ今回の学校の先生は経験者かもしれない、でも公立の学校に免許のない
教師が教えてもいいという法律がないのと同じくらい素人や未経験者が部活
を教えるというのはあまりにも危険だと思うんですよ。

クラブチームなら問題があれば人は集まらないし、何かあれば辞めさせられ
責任も取らされる。しかし公立の学校で過去熱中症をはじめとしてものや、
一生を棒に振るような大けがをした生徒にどれだけの責任追及や補償がされ
ましたか?その点だけでも問題が多過ぎる。

またインターハイ出場や全国大会出場にチャレンジするのを良しとする風潮
があるけど、よくよく観察すると燃え尽き症候群も多く、卒業後に辞めてしま
う例をいくつも見ていると、競技の楽しさを教えているのかという疑問。

そしてそのようにことが当たり前と思って学んだ保護者が、また自分の子供
たちにおかしな指導がされていても異常性が理解できてないスパイラル。

そうそう動画の意見の中に自分たちのころはもっと厳しかった、これく
らいで音を上げてるようじゃどうのこうのというのもありました。
こういう考えの人が一番嫌いです。

その根幹にあるのは自分もやられたんだから大丈夫でしょって。
自分が嫌だったことを他人にできる感覚がある人、つまりはイジメ体質の
ある人だと断定します。

先日PTAの問題がネットにあがって興味深いものがありました。
それは何とか改革しようといろいろがんばっていたら、一番反対をする
のが前PTA役員なのだという。

どういうことかといえば、自分たちは散々苦労した。
それなのに次の代の人たちが楽になるように変えているのが許せないのだという。
これを聞いたときに最低だと思いましたね。じゃあ自分たちのときにやればいい、
それが出来なかったとしたら無能だと認めるべきだと!

オイラも厳しい指導を体験してきました。
体罰は普通の人よりは受けてきた方です。
そういう体験から、それらのものは意味がないと実感し、自分が指導者の立場に
なったときしないと誓いました。

嫌だったり、効果が無かったり、意味を説明できないものは練習じゃない。
また大人と子供という絶対主従関係の中でやらせるものは大問題、逆らえない
立場を利用して教え込むのは調教だといってます。
大人同士でも同じことができないとおかしいじゃないですか。

じゃあ統率できないかと言われれば全く違う。
逆に口うるさい指導者を観察すると教えた方が下手でそのイライラを子供に
ぶつけているという印象ですね。

怠ける子をその気にさせられないのは、その気にさせるやり方を知らないだけ。
上手くならないのは上手くなるようなやり方を知らないだけ。

逆にそれらを教えられれば、子供たちは練習を飽きずに楽しく、そして辛い
ものでも上手くなる実感をしますから、厳しい内容でも大丈夫になってきます。

スポーツだけじゃなく塾でもそうでしょう。
勉強嫌いだったり、好きそうじゃない子がなぜか塾に行くようになる。
聞けば楽しいという、それは教え方が上手だからでしょう。

部活はもういい。
早く子供たちを解放してあげてほしい。
世の中には教え上手な人がたくさんいます。
学校の先生は勉強を教える免許を取ってきた人たち、スポーツは教えるなと言いたい!

taka1346yu at 22:53|Permalink