ローカル

2017年10月08日

運動会

今日は地元の運動会でした。
むかしは町全体で行われる一大イベントだったのが、会場の中学校が
建て替えになって以降、それぞれの地域に移行しました。

自分たちのところは小さいながらも区になっていて、区民運動会という
名称、1~4の地区対抗で行われます。

1区あたりの平均は50~70人前後かな、参加人数は200人以上は
いたと思うけど正確な数字はわかりません。
老若男女がかけつけ、勝利にこだわりながらも失敗には寛大。
競技に出れば参加賞がもらえるほのぼのしたものです。

自分もお陰でサランラップやティッシュをたくさんもらいました。
順送球、紅白玉入れ、綱引き、OXクイズ、縄跳びチャレンジ・・・
人数が少ないんで何度も出場w

ほとんどが笑いの中で昼までがんばりました。
終了後はどの地区も打ち上げが行われたと思われます。

はっきりいって面倒くさい部分もある。
進行に関係するとたいへんだし、人集めとか関係者は思ってる以上に
忙殺されたでしょう。

それでも日ごろ会わない人とあい、あの人は年取ったなあ、あれ子供が
生まれたんだ、あの子も大きくなったと成長ぶりが面白い。
なんていうか、これこそが平和なひとときだと感じました。

無駄とも思えるこうしたイベントだけど、世界的にみてどうでしょう。
よく日本人は季節を愛でるというように、四季を楽しむ文化から、多く
の物事が発達し、情緒豊かな人間性も育まれているといわれています。

それと同じようにスポーツを愛でることでプロスポーツやオリンピック
などの関心ができ、また自分もやってみることで余暇の利用や心豊かな
人間形成につながってると思います。

とはいえ、スポーツ先進国に比べればもう一つの部分もあります。
施設はぼちぼちあれど、指導者、コスト、可能な競技数など、もう少し
いろんなことが出来たらなあと。

ま、深く考えるとキリがないんでw
では、自分も打ち上げに向かいます。

taka1346yu at 18:44|Permalink

2017年06月04日

田舎の醍醐味

この週末の土日は地元の祭りで奔走してました。

金曜日は雨が降り、心配だった天気も快晴続き。
そのせいで少し日に焼けた気がします。

土曜日は町の人総出で作業でした。
人が少ないとひじょうに厳しいものになるため、何より出席してもらわないと
いけない。一世帯一人が最低でも求められます。

今年はけっこう良かったのか、今までで一番早い作業になりました。
その後は有志で飲みに行き、祭り前夜を存分に楽しみましたw

そして今日は行事の中の一つの責任者として役があり、何とか無事に終えることが
できました。なんやかんや少しずついろんな経験を積んでます!

春のこの祭りが終わると消防の夏季訓練であるポンプ操法の練習。
そして自分には商店夏祭りの責任者としての役がやってきます。

田舎ではいろいろ役が来たり、出席を求められたりするため、田舎暮らしの悪い
部分として認識されることが多いようです。
でも、娯楽の少ない地では、人間関係はかなり大切!

くだらない人も確実にいるけど、それ以上に素晴らしい人も多い。
自分は過去いろんな地でそれぞれ友人を作ってきました。

都会暮らしを自負し、帰省したころは田舎を軽視してたけど、同じ町にも
Uターン者がたくさんいたり、すごい経験をした人や知識のある人も多い
ことに気づかされました。最初溶け込むまで少し時間を要したのが後々もっ
たいなかったと反省。

また自分と同じように帰省して溶け込もうとしない若者に声をかけ、年齢が
離れていても和気あいあいと参加できる雰囲気を作り、かなり誘いました。
今は前後15歳くらいの人と楽しくやってます。

気づけば6月。
本当に早い・・・

今日は身も心も疲れました、でも心地よい疲れです。
今夜は熟睡できそう。
たぶんストレスがかなり解消されたでしょうからw

taka1346yu at 23:44|Permalink

2017年05月12日

兵庫県知事選

地元の兵庫県知事選に勝谷誠彦氏が立候補を表明した。

現知事は井戸敏三氏で四選している。
自分はこの人が嫌いではない、過去の知事や他府県の知事に比べても
きちんと仕事をしてきた人だと思う。

また阪神大震災で疲弊した兵庫県を立て直すべく、橋下元大阪府知事より
も県庁改革を行ってるし、特に悪い評判も聞かない。
でもさすがに五選は良くないと思う。

名物と言われる人や人気があったり、手腕が評価された人でも多選後の
ものはほとんどが最低最悪になっている。
それでとうとう辞めざるを得なくなるのがパターン。

よく韓国の大統領やアメリカでもそうだけど、任期末期には確実に支持率が
下がり、レームダックなんていわれるのに似ている。
政治家はやはり選挙、自分が落ちるかもしれないという恐怖心があればこそ
目線は選挙民に向くと思う。けど、そうじゃなければ・・・

じゃあ後継者はいないのかって話になる。
これについても任期中に育てる必要があるしもしくは育つ土壌を作らないと。
いくら有能な人でもこれが出来なかった人は無能といわれても仕方がない。

会社経営なんかがわかりやすいよね。
例えばホンダやトヨタでも世界屈指の大企業だけど一代で終われば評価はどう
言われます。やはり続くことが最大の課題であり有能な経営者であるかどうか
で、ダイエーのように名物社長がいたけど無くなってしまえば過去の話。

政治家の中でも首長は一般の議員とは違い行政のトップなので経営者に近い
感覚が必要だと思う。もしその人が成果を出したにしても長続きしなければ、
バブルと同じでただの懐かしい思い出で終わってしまう。

これを兵庫県に戻すと、後継者を作っておかなかった現知事はダメだと思うし、
いい仕事をされているのにそれを禅譲してないっていうのも残念。

自分の地元北部は日本国内でも疲弊してる地方の一つなんだけど、高速化とか
最近はメタハイなんかの協力もしてて少しだけ希望があります。
井戸知事は理解を示し、香住港から県の実験船を貸し出したり、日本海広域連携
なんかにも積極的に参加したりしてます。

比較されるのが隣県の鳥取でしょう。
こちらは2期と決まってるはず、そしてプロパーではなく外部から優秀な人を呼び
県の営業マンのように頑張ってる姿は有名ですよね。

兵庫県には伸びしろがかなりあると思う。
現知事は何とか持ちこたえてくれたとは思うけど、最新のデータでは兵庫と神戸
からの人口減が著しいというものもありました。
一時は急成長してた三田地域も停滞してると思われます。

だから勝谷氏を推すかといえば、まだ政治方針を聞いてないんでw
その他の候補についてもまだわかりません。
ただ心底多選だけは反対というのが現時点でいえることです。

taka1346yu at 18:55|Permalink

2017年01月15日

静寂

家の前が静かですわ
うちの前は国道なんでふだんは車やトラックがばんばん。
それが雪のせいで交通量が減ってます。

いつもは県の北部にしか積雪がないんだけど、今回はかなり広範囲
みたいで京都の駅伝中継でも雪が降ってたように県中部にもたくさん、
そして南部の神戸方面でも雪がちらついたでしょう。

雪が多過ぎると幹線道路は逆に放置されてしまう。
というのも山あいの生活道路の方が生命線になってしまうため、除雪車は
まずそうした方を重点的にかくことになりますから。

幹線道路も消雪パイプがあって放水されてるから大丈夫と思うかもしれ
ないけど、民家に近い場所では水がかかるということで、そうした設備が
ない場所もけっこうあります。

そうなると圧雪されガタガタ道となり、そのすさまじさたるや・・・
時速も30~40キロ走行になってしまうでしょう。
もちろん時間とともに解消はされるものの時と場合により遅れたりもします。

ですから地元民は通常よりも時間がかかってしまうこと覚悟なので、仕事を
しなければならない人でこちらを通過しなければならない車以外は避ける
ことになるし、大した用事じゃないと出かけないようにもなる。

一番ひどいのになると、車が雪で埋まってるっていうのもあるんですけどね。
とにかく外出は控えめ、家でじっとすることになります。

ただ最近は昔のように1メートル越が珍しくなりました。
子供のころだと150~200なんていう時代も。
ここしばらくはスキー場以外では聞かなくなり、若い人だと道路が完全封鎖され
るような事態もまったく記憶にないでしょう。
今年もなんとかそのレベルにだけはなってほしくないです。 
 

taka1346yu at 22:40|Permalink

2016年06月06日

片田舎の空の下で

先週末から法事、地元の祭りとイベントが続き、たくさんの人に会いました。
友人知人はもちろん、親戚からご近所さんまでそれはもうバラエティ豊か!

そして何より、元気で生き生きした人たちを見ているとパワーがみなぎった
わけですが、そんな中一つだけ思ったことが・・・。

赤ちゃん、幼児、小学生、この辺りは本当に明るく元気。
そんなに悩みもなく、笑顔をあふれる姿は見ているだけで面白い。
最近は子供の声がうるさいなんていうおかしな人たちがいるけど、そういう人は
心が病んでると自己分析したほうがいいかなw
そう思った時点で人間としておしまい!

人類の宝は世界共通で未来を創る子供たち、彼ら彼女らを昔の日本は神の子
とも称したほど大事にされていたと最近聞いたばかりだしね。

そして問題はそこから、これが中学生、高校生になると元気がなくなる。
まあ思春期といってしまえばそうなんだけど、自分を省みても大人に反抗したり、
背伸びしようとしたり、それに実力がともなわないためイライラもしてました。
ただし、高校を卒業すればまたある程度は戻ってきたでしょう。 
それがそう感じない若者が増えた気がします。
 
よくOO離れがいわれるようになり、ちょっと思い返すと、以前の若い子たち
にいろいろ聞くのが好きでした。
趣味、遊び、行動範囲、交友関係、自分は年をとりだんだん無理になっていく
けど、元気のいい彼らの話を聞くと本当に面白かった。
それが今は何を楽しみにしてるんだろうって。 

せっかくの人生、楽しく明るく元気よく!
そのためにもどこで出かけても物怖じすることなく、自由にやれればいいんだけど
なぜか寂しいそうにしてる若者をみて悲しくなりました。

オイラは金も名誉もないけど友達はいるし、八方美人にやらなくても本音で
いろんな人と話せるのも、絶対的な味方いるという自信かなw
プチ自慢も入ったけど、逆にいえばこっちも友人たちの味方でもあるから。

みんなといろんな作業してて考えました。
小さな町に生き、この町で死んでいくんだろうけど、これでいいって!
法事と祭り・・この組み合わせがなかなかの週末でした。

taka1346yu at 23:24|Permalink