スポーツ

2019年10月20日

JAPANラグビー終了!

 


ノーサイドの笛が鳴り、日本の敗北が決まりました。

前回破った南アフリカは雪辱に燃え、全力でやってきたと思います。
遠い地、南半球からそして日本のホームという逆境ながらそれでも強さを
発揮した彼等には脱帽でした。何もいう事がないです。

日本もかなり研究したでしょう。
しかしそれ以上に南アも日本を研究してた感じでした。

日本の良さを殺し、自分たちの良さを最大限発揮し、一時は日本も善戦した
けど、自分たちの戦略を信じて日本を疲弊させ勝利につなげました。
一切妥協のない攻撃にJAPANが得た収穫も多いでしょう。

それにしてもこれだけラグビーを熱狂させたというのはすごい!
前回は五郎丸というスターが目立ちましたが、今回は誰というのじゃなく
チーム一丸というのも良かった。
これを機にその人気が持続するのを願います。


日本人は日本を好きになってくれる人を嫌いになるはずがない。
よく今の嫌韓を揶揄するメディアがあるけど、そもそも解説者と
して出演する人はほとんどが韓国人か在日の人でしょ。
嫌ってたらそういう方の出演はないと思うんだけどねw

具智元選手、お疲れさまでした。
そして、ありがとう!




taka1346yu at 23:52|Permalink

2019年10月18日

日本の夏は地獄

【IOC会長と組織委合意】
五輪マラソンと競歩、札幌開催が正式に決定

東京五輪でマラソン及び競歩が札幌になるという。
こっちはへ~そりゃそうだろうって思っただけ。

それを長い時間割いてああだこうだのしたり顔。
そこには選手ファーストはなく。
・急に言われた、もっと早く言ってほしかった。
・準備してたのに今さら、しかもIOCの上層部のみの決定
・すでにインフラ整備(道路舗装)に大金が使われた
・暑さ対策をしてた選手はがっかり
・チケットの払い戻しはどうなるの

tok

こうしたことがどうしたと言うんだろうw
そもそも節約コンパクト五輪で嘘をついたのはどこだ!
会場のゴタゴタから国立競技場、シンボルマーク、ボランティアの服
など、それこそ周囲はIOCの決定より酷いと感じてたと思うわ。

急にだの、もっと早くって、それは世界陸上ドーハ大会の反省でしょ。
あれがあって夜開催もやばいしってなったのくらい誰でもわかる。

中には東京の街並みを走ることで世界に発信っておいおい五輪をCM
にするのは理解はするけど、そこで選手の命は二の次なのってw

あちこちは見てないけどモーニングショーが印象的。
なにせここは甲子園大会に絡む局ですから!

そして最悪だったのが都知事の発言。
東京はまったく何も聞かされなかった、相談もなかった。
そんなに涼しいところがいいなら北方領土はどうか。
ちくりとやりたかったかったんだろうが空振りもいいところ。

そもそもてめえらが考えた暑さ対策が何一つ科学的に納得できるものが
なかったことが最大要因でしょ。
もっといえば8月の大会を知りながら手を上げ、大丈夫だと騙して誘致
したんだからIOCに言える立場かよw

マラソン開催地変更は「かぶる傘」「打ち水」が引き金? 
建築エコノミスト・森山高至氏が裏話暴露 - Yahoo! JAPAN
これを読んだら笑えました!

ま、今後のオリンピックはこの8月開催を考えたら地域が限定される
ことになるは必至だろうね。



フクロウの赤ちゃんが生まれて初めて「雷」の音を聞いた際の映像がこちら。

ペットで飼われているワンちゃんやネコちゃんが怖がるのはなんとなく
分かりますが、野生の動物でもやっぱり怖いんですね。

人間の赤ちゃんも初めて聞く時は怖がるのでしょうか...?


taka1346yu at 23:47|Permalink

2019年10月16日

タジキスタン戦

昨夜のタジキスタン戦を見た方はいかがだったでしょうか。
自分はあまりの不甲斐なさにかなりの方々が今の日本代表を
見放したと思ってます。

特に監督の選手の起用方法がまったく理解できない。
現在国外国内リーグで活躍してる選手を招集し起用するのはわかる。

ただ素人目にも世界レベル、アジアレベル、Jリーグレベルの三段階
があると思う。ただ全てを海外組にするというのも日本人的仲良し
思考ではなかなか出来ないんでしょうw

特に長丁場の予選では強豪国でも最初から世界レベルのみを使わない
はず、しかし本選では確実に偏りますけど。

こんなの少し考えればわかります。
例えば地元の兵庫県ですごく活躍できても近畿大会、全国大会となれば
まったく違うくらいわかりますよね。そして全国大会クラスを上手に
招集し、指導し、差配するのがトップの指導者でしょう。

そういう目で森保監督を見たとき、さっぱり理解できないんです。

どんなサッカーをさせたいのか、目指しているのか。
選手自身もそういう戦略、戦術のもとやっているのか。

いまラグビーが俊敏性、持久力、展開力を生かした戦術を考え、そこに
当てはまる選手を招集し、それに合ったトレーニングをして準備した
結果が勝てるラグビー、見てて面白いラグビーになっています。
(これらによって五郎丸など外れた選手がいるとも)

過去の日本代表でもそこそこ成果があった監督は明確な戦術、戦略が
あったように思うんですよ。
中でもオシム監督は最高だったし、岡田監督は追い込まれると発揮する
不思議なタイプの人でもありました。

そうやって最近の試合を見てると本当につまらない。
今回も途中交代で浅野選手を使った理由が謎。
というのも相手はがむしゃらに走るけど、守備は引いてない。
引いた守備の裏に走る選手なので真価が発揮できないと思う。

吉田選手の体力、酒井選手のテクなど、そろそろ不安になってきてる印象
があり、次を考えるべきではないか。
彼らは一試合で必ず数回ポカをしでかす。
富安選手の台頭はうれしいけど、彼がケガで休むと酷い内容になりました。

今回は鎌田選手がスタメンから起用されたけど、なぜワントップ?
彼は本来トップ下だそうだ、そのせいか大迫選手のように残ることを
しないから相手守備がライン調整を余裕を持ってやれてたように感じた。

しかもシュートチャンスではパスを出すという新加入選手にありがちな
プレーに悲しくなってしまった。
こういうのがラグビーとの差、どん欲さがないように見えてしまう。

そして堂安、柴崎、中嶋選手たちは特に悪くないけど、結局周囲の動きが
劣ると真価が発揮できないんだと思う。
トップリーグの選手ならではの苦悩というか・・・

そういう点では久保選手は別格だった。
やはり、彼はケガさえしなければ今後3大会は彼中心でいく必要があると
思うレベルにある。

というのも年下ならではの遠慮がないのはもちろん、ポジション取り
テク、連携などほんの数分しか出てないのにかなり目立ってました。
早く彼を使い、彼の思い通りのチームにしていくべきじゃないか。

もしそれを監督が年功序列、国内海外、チーム、スポンサーに気を使って
出来ないというなら辞めてほしい。
そう思ったのが今回の試合の感想でした。



『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編 - YouTube




ついに公開が決まったようです。
2019年12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペース他全国公開

自分が見れるのはいつの日か。
一応原作はわかってるけど、動くりんさんは楽しみです。


taka1346yu at 23:15|Permalink

2019年10月05日

サモアに勝利

最初はいける。
途中でやばくない?
後半からはやや落ち着いては見れました。
それでもドキドキでしたね。

日本のラグビーを見ててつくづく思うのは役割分担がきちんと
できてるってこと。
大きいの小さいの重いの軽いのとバランスよくいる。

他の国はほとんどが重量級の中、そこの土壌に行かず日本流を作り
上げたことが勝因の一つだと思う。
これは以前にサッカーや他の競技でも触れました。

今までの日本のスポーツは強い海外と同等になることばかり目指し、
そのためには海外の選手と同等の体格こそがその必勝法であると。
それが徐々に崩れ、科学的に研究された結果、日本人に合った戦術と
戦略が築き上げられ、その成果が徐々に出来上がってる感じです。

今回も見ていて感じた人も多かったろうけど、重量級のサモアは後半に
なれば必ず息切れすると見たでしょう。
自分も格闘技なんかで大きい体格の者とは持久戦に持ち込むというのが
当たり前にしてたのを思い出します。

まだ科学的なアプローチがない頃、競技別の適任体質を考えました。
100メートル、400メートル、800メートルそして長距離。
これらが得意な人はその他では奮いません。

そのことからそれぞれの体質でどの競技に適しているかを考えるのが
好きでした。最近はもっと進んでDNAでやってるみたいです。
野球では400メートルが得意な体質の人がいいみたい。
サッカーでは800メートルなどの中距離走タイプ、格闘技は100の瞬発
とか、そういうので好きな競技と得意な競技を分けると面白いですよ。

話はそれました。
ラグビーでは他の競技とは違い、混在しているのが興味深いですよね。
フロントとバックス、そこからさらに分かれています。

この先には体格はでかい上に俊敏で経験値も高い相手が来る。
そういう相手と戦うことで次の戦略がどうなっていくかも楽しみ。

ラグビーをずっと見てた人ならあの屈辱の大敗から、南アの番狂わせ
までの道筋を忘れないでしょうから、その成長ぶりはまだまだこれから
と期待してると思う。

ただ一つ忘れてはいけないのが、この屈辱からジャパンラグビーを
復活させようとした功労者の一人平尾誠二氏の存在。
彼無くして今のジャパンはなかったと思います。

今回の三連勝にも神がかり的な力を感じる人がいたらそれは彼の・・・




taka1346yu at 21:25|Permalink

2019年09月28日

JAPAN 勝利に湧く!

あの南アフリカ戦以来のジャイアントキリング、興奮しました!

アイルランドVSスコットランド戦を見た後だけに、日本が勝つのは
相当難しいと思ってました。
あとはどれくらいの戦い方が出来るか。

選手には申し訳ないが、勝利を信じる日本人はラグビーを知れば知るほど
ほとんどいなかったと思う。
ラグビーほど番狂わせが少ない競技はないとも言われてますし。

でもやりましたね。
試合内容も申し分なく、奇跡という言葉が似合わないくらい実力の伴った
勝ち方に異議なし!

その証拠がこちら
アイルランド主将の弁

※アイルランドキャプテンのロリー
・厳しい試合になるのは分かってたよ。
まさかここまで強いと思ってなかったから皆びっくりしてる。
・ゲームプランも練って準備万端だと思ってたんだけど、日本の強さを認める。
うちはミスもしたし。
・今日の日本は本当に強かった。いろいろ難題を持ちかけられたけど、
残念ながら正しい答えを出せなかった。
・ホスト国が相手だといつも大変だよ。日本みたいなチームは。最初は
勝ってたのに、後は影を追いかけるだけのようなプレーで。
・日本は次から次に攻撃してきた。自分たちのプレーには満足してないよ。
・プライドを捨てて精進しなくてはいけないね。

素晴らしいインタビュー。
ラグビーのノーサイド精神といえる。



まだまだ続きます。
今後の試合にも期待したい。


全然違う話になるけど、このニュースにほくそ笑んでますw
東京五輪チケット、不正IDで大量購入された6900枚(1億8000万円)を
無効化へ! 払い戻しはしない方針


こうした不正行為がなくなり、きちんとした値段と正規方法で購入できる
ようになってほしいです。



 

taka1346yu at 23:36|Permalink