ニュース

2018年09月12日

台湾旅行法

日本の報道バラエティはせっせと安倍批判、トランプ危機のことしか
やらない。でもある層には確実に浸透してるから恐ろしい。

先日も友人と酒席で総裁選の話をしてて、いつものように石破氏批判を
してたんだけど、そこで安倍首相のどこが良いのって聞かれた。
へ?となり、そりゃあ失業率は下がって、GDPもあがり、税収も増えて
円高株高、中韓への毅然とした態度そして最高なのはパチンコを潰して
くれそうだもんって早口で言ったw

まあ説明すると長くなるからこのくらいだけど、逆に何がダメなんって聞いた
ら、当然のように「モリカケのあれなんか酷いですやん」だって・・・沈黙。
この時点でこの話題は話さない方がいいと判断、情弱の人には何を話しても
無理だし、そんなことでケンカしてもしゃあないしね。

しかも自分が本当に評価したい部分を言いたかったんだけど、相手の職業に
完全に関わる話でもあるんで、さすがに酔っててもふれないのが大人の対応
ってもんでしょう(自分で言うかw)

自分の周囲はネットに触れてる人が多いから、彼のようなことを言う人は
ほとんどいないだけに逆に新鮮でした。
やっぱ地上波の影響はバカに出来ないんですねえ。
ま、時間の問題だとも思うんだけど。

さてさて、トランプ特集をすると必ずネガティブなものしか流さない。
先日もテレ朝だったと思うけど、最近の暴露本を用いてやってました。
これなんか最低ですよw

自分たちは取材しない上に、ただただ本の内容が正確かどうかもわからない
のに事実のように叩くなんてそんなのが通用するんだなあ。
別のネットやラジオ番組ではその本について匿名の情報源だったり、
トランプ氏の周辺が完全否定しており、信ぴょう性が危ういというものでした。

日本でも安倍叩きをしたいマスコミが情報源があやふやなものをあげているんだ
けど、さすがに関係筋だとか官邸幹部、自民党有力政治家みたいなソースには
突っ込みが殺到してる。そんないい加減なもので記事を書くなと!

さてさて前置きが長くなったけど、自分が言いたいのはトランプさんは凄いことを
やってますよって!先日は米議会の中に中国の工作があるというのが問題になって
きてるニュースにふれたけど、さらにすごいことをしてました。
米国議会の報告書が暴いた中国共産党の実態…
各国への内政干渉は「最大の脅威」


それが米議会に強固な台湾擁護法案が提出され、北京は大あわてというもの。
ひとつの中国という原則には拘らない」とするもので、「台湾旅行法」を制定し、
政府高官の相互公式訪問 を合法化。

蔡英文総統の訪米ではNASA視察許可、ロスアンジェルスの台湾コミュニティに
おける講演会開催など政治活動を認めるという 歓迎ぶりを明確に内外に印象づけた。

しかし中南米並びに南マイクロネシア、ミクロネシア諸島の島嶼国家では、8月の
エルサルバドルの台湾断交につづいて、中国 との国交樹立への動きが急だ。
 米国務省はエルサルバドルの台湾断交に際しては、「深く失望した」とする
異例の声明を出している。

上院議会が動いた。
9月3日、上院の超党派議員グループは、「台湾と断交する国々に対して、軍事上の
財政支援、環境保護援助などを停止する権限 を国務省に付与する法案
(「台湾同盟國際保護法」を提出したとした。

「中国の工作に従って、今後、台湾との外交関係を断絶する国々に米国政府は関係
レベルの降格をなす」という、嘗てなかった 台湾擁護姿勢を鮮明に著した動きと
して、大いに注目される。 この対象にはバチカンも含まれるようである。

すごいでしょう。
完全に中国敵視政策ですやんw
そしてご存知のようにこれにプラスしてるのがウイグルへの人権弾圧に対する
米国務省、中国のウイグル族弾圧に「深い懸念」 制裁を検討 | ロイター

こんなんもうアメリカさん最高って言いたくなる。
ようやく中国の覇権主義に気づいたのねってw

中国が豊かになれば徐々に自由主義に傾倒していき、多くの人民も幸せになれ
ると信じていたら、実際は金儲けに成功したら、軍事を増強し、拡張主義に変貌。
しまいにはアメリカの庭先まで食指を延ばし始めた。

彼らの常套手段はトップや影響力のある人間に対する賄賂などの工作。
こんなことをして誰が得なのと思うような政策を篭絡で勝ち取る。
そりゃあ数億でも握らせばおかしな奴はすぐに落ちるでしょう。
国民のことなど知ったこっちゃない指導者や上層部なら簡単ですわ。

そういうのをきちんとやるトランプ大統領、工作が続くアメリカ国内では
反対運動が根強いのも安倍首相と同じ構造だと思う。
ていうか、そういうのをレクチャーしたのが安倍首相じゃないかとも思う。
フェイクニュースの根源には確実に中国がいると!

これを発端に国連の方もかなり工作されてるみたいだからがんばってほしい。
平和や戦争反対の名のもとにまた人権を用いて世界を混乱に導いているのは
誰か、そういうことで利を得てる連中の息の根を止めるのが本当の世界平和!
自分はそう考えます。


taka1346yu at 22:25|Permalink

2018年08月31日

爆走死

夏休みも残りわずかだからかバイクでの死亡事故が起きた。

一つは逃亡犯がいる大阪で、警察があちこちにいるというのに蛮勇暴走した
結果、バス停に突っ込んだ。
ちなみに大阪ではひったくり事件が激減中という。
街中張り込みだらけだというのに。

もう一つは男女入り乱れて暴走した結果の自爆死。
8人中6人が亡くなるという悲惨なもので、他人を巻き込まなかったのが
不幸中の幸いと言っていいでしょう。

それにしてもこういう事件が起きても騒がれなくなったですよね。
一昔前は警察の追跡がどうの、あまり厳しいことを言えない雰囲気など及び腰
だったものの、今やネット上ではしゃあねえなあで終わり。

こういうのの曲がり角になったのが玄倉川の事件でしょうか。
数組の家族が河川の中央でキャンプし、天候不良からダムの放流が行われる
というのにまったく警告に応じず、挙句の果て子供を巻き込んで死亡。

悲惨な事故ながら同情は少なかった。
そして動画も残っていたことから、助けようとする人たちへの暴言から何から
見ていて頭に来るものが多く、これ以降死亡事故が起きてもみんなが冷静に
判断するようになった感じ。

今年もあったのが河川でBBQし、酔っぱらって川や海に入り亡くなったのや
相変わらず自然をなめて登山し命を落としたものなど。
こういうニュースが流れても可哀想よりも、自治体や救助隊、ボランティアの
方々がたいへんだなあっていう意見の方が圧倒的になってる。

ネットが発達するまで死の写真や動画は滅多に見られなかった。
一部マニアックなビデオや映画でなかにはフェイクもちょこちょこ。
それが今では海外の処刑、拷問、殺人、事故なんでもあり。

ちょっとした衝撃動画サイトに行けば、グロとまではいかないけどいくらでも
簡単に見ることが出来る。
そういうのを見てると自分は大丈夫なんて思えないんだよなあ。
だからドライブレコーダーを買ったんですけどね。

暴走する彼らはそういうのを見てないんだろう。
事故で体が真っ二つになった死体や、手足がちぎれぼろ雑巾のようになったもの
バイクで吹っ飛んで首がなくなったものなど、そりゃもう悲惨のひとこと。
やんちゃな子たちにぜひ見せてあげたらどうだろう。

話はそれるけど、バイク泥棒は本当に許せん。
自分は若いころバイクフリークで仲間も多く、ツーリングを楽しんでいただけに
盗まれてどうこういうのがたくさんあった。
最終的には自分も盗まれました。

そういうのがあるたびに、盗んだ奴は死ね!ってみんなで言ってましたよ。
尾崎豊の「盗んだバイクで走りだし」っていうのもバイクに乗る者からすると
到底許されない歌詞で、「盗んだバイクで走った奴は死ね」って言ってました!

バイクにしても車にしても買うまではみんな苦労してる。
いい車に乗っててうらやましいと思ってよくよく聞くと、他の趣味は捨てて
それに一生懸命費やしてるとか、長いローンを組んでたりいろいろ。

自分もバイクを買うときは必死にバイトしてその結果でしたからね。
そういうのを何も感じないで他人のものを盗んでも何も感じない・・・
それどころか個人的には他人のものを平気で借りれる感覚も疑う。

以前あったんだけど、貸してやったら転倒させ壊した。
いい人なら弁償してくれるんだけど、壊したまましなかった奴がいた。
やはりそういう不誠実な人は数年後には別のことで絶交しましたね。
人間性っていろんなところで表れるものですよ。

とにかく、世の中を乱す奴が死んだとしても同情しない。
死刑の件なんて話すにも値しない。
ふつうに真面目に生きてる人にはね。

ただし真面目にしてて巻き込まれたり、過失があったなんていうのには同情
してくれるのもまた世間様ですわ!
厳しいようだけどそれが現実社会!

taka1346yu at 14:47|Permalink

2018年08月05日

中国の終わり

どこもかしこもボクシング連盟の話題。
これはこれで面白いし徹底的にやってほしい。

でも、目立たたないけど大きなニュースが入ってますね。
中国の株式が暴落し、3位だった日本が2位に!

瀕死の習中国 中国国有企業の「負債はケタ違い」 衝撃の欧米リポート
中国国有企業2100社倒産
負債総額がGDPの159%に到達 約1396兆8750億円


こんなんもう完全にアウトですやん!
原因はご存知のように米中貿易戦争。
勝ち目のない中国が面子のため追加制裁を言い出してるけど完全に無駄w
誰がどう考えても勝てるわけがない。

しかしあの国は一党独裁であり、中国共産党が世界屈指の素晴らしい国を
築いてるというファンタジーがあるんで下りられないんですよね。

それにしてもなぜこんなになってしまったのか。
本来アメリカは日本よりも中国に傾倒してたし、それはオバマ以前の民主党
政権の時代から長年続いてきたのは有名。
中国の対米工作は巧みで、日本はジャパンパッシングを何度も受けました。

いくらトランプに代わったからといってもねえ・・・
そもそも彼はアメリカファーストで他国に干渉しない印象だったというのに!

個人的に思うのが安倍首相の存在。
彼との話し合いの中で中国の危険性を教えてもらったように感じる。
もちろんトランプ自体に脱オバマ戦略もあったんだけど合致したんじゃないかな。

専門家によればトランプが北朝鮮をどうにかしたいという思惑があった。
そのためにはどうしても中国の協力が必要。
しかし中国は朝鮮半島のバッファゾーンに手を出したくない。
トランプ訪中の際には大歓迎姿勢を見せたが、その後は非協力的でした。

また、中国の情報筋の判断もあったという。
こちらもアメリカリベラルメディアの執拗なトランプ叩きを静観。
日本でもオールドメディアの報道だけだとトランプは人気がないはず
しかし実際は支持率が高い。これはまさに安倍政権の報道ぶりと同じ。
結果、中国は舐めたんですねw

日本においても一時安倍バッシングがあったとき、バックに中国がいたと
いわれ、安倍おろしを画策したといわれてます。
その後は安倍をスルーw
その御仁が世界的なリーダー格になるとは大誤算だったんでしょう。
その安倍首相がアメリカリベラルの後ろに中国ありと言った可能性もある。

習氏は安倍首相に対し一度目は冷たい態度をとったのに、二度目は引きつっ
てましたよね。もう無視できない存在になってしまいビクビクした印象。
いまのボクシングの会長じゃないけど器の小さい奴ほど恫喝したがるからね。

そういうのもあって本当の情報が中国中枢に行かなかった。
(独裁者ほど不都合なニュースは聞き入れませんし)
トランプを無視してたら大激怒、そして現在に至ってると思われます。

中国の増長ぶりはついに2050年だったか忘れたけど、アメリカを抜いて世界の
強大国になると宣言したのがお終いの始まり。
これが完全に虎の尾を踏んだと思われる。

さすがに反トランプであってもアメリカが中国の後塵となることは許さない。
なんやかんやいっても中国攻撃は全会一致になった気がする。
アメリカ国内で貿易戦争の批判が少ないですもん。

中国はアメリカの国債を売るんじゃないかという人がいるけど、こういう人の
情報はどうなってんのかな?
もうかなり売ってて、その大半を日本が買って保有率が中国と逆転したやん。
ほんでもって危機的なほどの売りをすればアメリカの容赦ない法律が待ってる。
つまりアメリカ国債は武器でも何でもない。

我々が望むのは中国の内部からの崩壊。
国内の物価が上がればさすがの民衆も黙ってないでしょう。
その昔の中国は衣食は足りずとも食を満足させていれば大丈夫っていわれて
ました。そういうのもあって食に限っては圧倒的に優れていたんです。

最後の砦である食で満足させられなくなったら終わるでしょうね。
退役軍人のデモもかなり広がってるというし、中国共産党を引きずりおろして
ほしい!そして台湾とか香港のような中国になればと願ってます。

P・S AIIBや中国投資を進めてた奴らは息してるのか!

<AIIB参加支持派 まとめ>
二階俊博(自民党) - なるべく早いほうがいい
福田康夫(旧首相) - 反対する理由なくなった
河野洋平(旧自民党) - 中国の李首相とAIIB参加について会談
石原伸晃(自民党) - 最初から入った方が得だ
辻本清美(民主党) - 最終的には参加すべきだ
藤井裕久(旧財務省) - 日本のインフラ産業にプラス、産業界は期待
岡田克也(民主党代表) - G7の歩調が乱れた
蓮舫  (民主党) - 日本は努力していない
江田憲次(維新の党) - 今からでも遅くない
小沢鋭仁(維新の党) - ADBと補完関係でやっていくのは悪いことではない
志位和夫(共産党委員長) - 今からでも参加すべき
孫崎享 (外交官、評論家) - 愚かにもチャンスを逃した、最終的には参加すべき
天木直人(外交評論家) - いまごろ議論するこの国の救い難さ
田中均 (旧外務審議官) - 早く参加し透明性ある銀行に
姫田小夏(中国情勢ジャーナリスト) - したたかに加わるべきだった
瀬口清之(キャノングローバル戦略研究所 主幹) - 日本経済にもプラス
古賀茂明(旧通産官僚) - AIIB騒動で負け惜しみを言うだけの政府
莫邦富 (中国人ジャーナリスト) - 日本は流れを読み間違えた

謝罪したなら許せるけど、そんな人いないでしょw
この人たちの言うことは信用できない!


taka1346yu at 22:44|Permalink

2018年08月03日

いまだなき推定無罪

これだから死刑存続って確信的に言えないんだよなあ・・・

栃木女児殺害事件、2審も無期懲役 
東京高裁、1審の裁判員裁判判決は破棄 - 産経ニュース

栃木の女児殺害事件の東京高裁の判決というより、その内容を知ると
心底そう思う。日本の裁判つうのはまだまだ滅茶苦茶なんだなあって。

殺人という犯罪の中でも一番罪が重いものを裁定しようと思えば、
被告人の動機、証拠、証言の三拍子が必要。
中でも証拠がなければ後の二つはどうにでもなるため、とにかく証拠が
ないというのは話にならないはず。

なのに、この裁判では三拍子よりも状況証拠という何とも間の抜けた
もので無期懲役を言い渡すんだから酷いなんてもんじゃない。

人一人の人生よりも検察の有罪率とか警察のメンツなんかの方にしか
向いてないような裁判所なんてどうなんだろう。
日本国内における最後の正義の場所といえるのがこんな状態だと、そりゃあ
死刑は存続した方がいいと思っても揺らいでしまうわ・・・

法律家でもない一般人でさえ、推定無罪の原則とか、疑わしきは被告人の
利益にくらいは知っている。
また無罪の証明は難しいため、慎重になされなければ魔女裁判になってしまう。

本当に罪を犯したなら、償ってもらわなければならないけど、冤罪だとしたら
罪をかぶせた者たちは将来必ず地獄に堕ちるだろう。
自分は永遠の焦熱無限地獄に行くことは絶対ないという覚悟はあるのか!

先のようにメンツだとか、個人のプライド、組織防衛の論理でやってるのなら
いつか必ず子々孫々にわたるほどの災いが降りかかるだろう。
人の生死を裁くものはそのくらいの重責があると思わないと!

心にとめておきたい4つのこと | 裁判員制度 | 日本弁護士連合会




taka1346yu at 22:47|Permalink

2018年07月26日

なんでだろう、なんでだろう?

テレビのニュースはどのくらい流してるんだろうか。
ラオスで韓国のSK建設が建造したダムが決壊し、かなりの被害が出て
いるというニュースに驚くばかり。

ネットで見るその後の情報では、まず日本に救援が来ている。
そして韓国は相変わらず責任逃れがはじまり、決壊だ、決壊じゃないと
揉めているのがあの国らしいw

こういうときこそ国の威信であったり、評価を高められるときでもある
のに、その逆の評価を生み出そうとする姿勢に唖然。

そもそもの原因は5か月前倒しすれば多額のボーナスが出るという
ことで、目先の金目当てにやらかしたんじゃないかという情報も。
ま、この辺りはまだ検証されてないんでデマを流すのもよくない。

ところで元に戻ると、日本のニュースはどうなんだろう。
六つの村を飲み込み、数百人が行方不明で6000人が家を失ってるという。
こんな大惨事を報道しなかったらあまりにもおかしい。

海外のニュースだからっていうなら、なぜタイの洞窟では現地に張り付い
てまでやってたんだろうか。
タイの方は子供が数名、ラオスではすでに数百名の死者、情けない・・・
 
 
またまたオウム信者の死刑執行がありましたね。
今回はメディアのなぜいまこの時期には少なかった。
それこそなぜだろうと。

上川法務大臣は前回の執行後、精神的に不安定になった者がいたからという
ご説明、真の意味の宗教者なら動じないと思うがやはり似非だったかな。
超能力をうたいながら結局は煩悩にまみれた結果なんでしょう。

多くの人と話すと、出てくるのは女性政治家への不信が続いた中、こういう
人もいたんだという驚きと尊敬の声。
メディアに叩かれ、信者から追われるというリスクはもちろん海外からも
批判されるというのを知りながら英断した心境はいかほどだったか。

口では何でも言える。
しかし本当に実行するというのは難し。
死刑執行に賛否はあれど、そうした行動力は75年経ち、世界情勢が大変化し
国民が拉致されても他人事のように波風立てないことが素晴らしいとする
井の中の蛙的思考に一石を投じたと思う。
 
 
最後に話は変わって、何度も紹介してる「この世界の片隅に」。
この完全版が2018年12月に封切りされると発表されました。
楽しみが増えましたし、ぜひ見ていただきたい。

 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト



ロングラン上映を続けているアニメ映画「この世界の片隅に」に、約30分の
新規シーンを追加した別バージョンが、今年の12月に公開される事が決定した。
タイトルは「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
片渕須直監督によるタイトル案を、原作者・こうの史代が快諾した新タイトル

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」
12月公開。30分新規シーン“もう一本の映画” - AV Watch


taka1346yu at 18:27|Permalink