話題

2018年09月18日

強さってなんだろう

山本KID徳郁さん、先日がん闘病を告白したと思ったら、なんと
41歳で死去されてしまった。
樹木希林さんが亡くなったのも驚きだけど、若い人が早逝してしまうのは
何とも言えない気持ちになってしまう。

ただ彼のように格闘技をしてて体を作ってた人が早死にする例はたくさん。
ステロイドや筋肉増強剤の危険性は何十年も前に警告されていた。
彼の場合はたぶん大丈夫とされたものを使用してたかもしれないけど、
もともと無理があるものじゃないかと思う。

またAというのは大丈夫でもBと合わせてしまうとどうなるかわからないのが
食品添加物、栄養剤、薬剤だと思う。
そういう複合の危険性も指摘されています。

彼は強さを求め続けた。
その強さは対人であり、格闘技で人に勝つというもの。
若い頃は自分もそうしたことに憧れた時期もあったし、学生時代は格闘技の
強いところだったので異種格闘技戦とか、格闘術をしたりしてました。

そういう環境になると人間の価値というのは強さばかりになってくる。
気が短くなり、人に何かするも平気になってしまうから怖い。

でも自分自身がもともとそういうのが嫌だったのか、友人にはそうしたものと
縁のない人と仲良くなりました。

いろんな人に囲まれると、いろんな価値観が生まれる。
本当の強さっていうのは何かを探してた自分は、優しさであったり、勇気で
あったり、窮地での精神力、犠牲の心・・・それこそたくさん。

また先輩だから、年上だから、男だから、女だから、そういうのも関係なし。
弱いと思った人が助けてくれたり、老齢の人に知恵を授かったり、かばって
くれたりしてもらうたびに自分の弱さを痛感し、他人の強さに脱帽。

年齢を経ていくと気力と体力は衰え、子供だと思った人たちに次々抜かれる。
一時は張り合うこともあったけど、それもやがて無理になる。
強さは永遠じゃないし、病気やケガをするとなおさら。
そうしたいろんなことを考えさせられる。

山本氏は病気になったとき、どう考えたんだろうか。
自分が飲用してるものが将来的に肉体を蝕むとわかっていたとしたら、それで
も目の前の勝利の方に傾倒してたんだろうか。
仮定の話で本人しかわからない、指導者にも成れたであろうに残念。

taka1346yu at 17:48|Permalink

2018年09月17日

頭に来てもアホとは戦うな

先週の世界一受けたい授業という中に、久々に田村耕太郎氏を見た。
以前、参議院議員だったころは、けっこうテレビ出演しててそれなりの
知名度と人気があったのに政党を鞍替え、これが致命的になり落選。

その後は、実家に関係した新聞社に勤めていたり、海外留学してたのは
知ってたけどまさかベストセラー昨夏になっていたとは驚き。
そして興味津々拝見しました。

その本の内容は「頭に来てもアホとは戦うな」
これって自分もある程度実践してるんで、その論に興味がわきました。

まずアホを三種類に分類。
・工作員型アホ (ウソやデマを流すイジメタイプ)
・ロボット型アホ (言われたことしかしない)
・パワハラ型あほ(権力をかさに理不尽な命令をする)

確かにこういう人たちっていますよね。
個人的に自分がよく遭うのはロボット型が多いかな。
自分の感じでは無気力タイプっていう風に見てます。
進んで協力しようとしないし、ひどい場合は住んでるのに会ったことがないw

こういう人は無視するしかないと思ってて、そういう人に対し
頭に来る自分が損だと言い聞かせています。

彼の持論では戦う奴もアホだと、そう書いていませんがそう受け止められます。
そちらのタイプも三つ。
・正義感が強すぎる
・プライドが高い
・おせっかい
これには納得しました。特に1と2のタイプは注意しても聞きませんからw
度が過ぎると、言うことを聞かないわがままなアホに分類されます。

そう思えば、
・感情的になるアホ
・自分しか見えないわがままなアホ
というのも加えておきたいですね。

そういう点もあり、対処法に関しては少し違和感がありました。
番組内では怒りを書きだす、自分と戦う時間を作るみたいな感じ。
まあ、本を読んでないんでこれだけで判断するのはフェアじゃないけど、
自分としては戦う以前の問題として自分を知るというのが大切だと思いますね。

どういうことかといえば、孫子の兵法!
あの百戦危うからずのもので、彼を知り己を知れば・・・。
戦うならまず自分というのがどういう人間であるかということ。

いくらアホを無視し、マイペースで生きていこうにも実力だったり味方がいない
人間は孤立を招き、最終的には破滅すると思います。

自分の場合は絶対的な味方となる友人知人がいるというもの。
独りになってもどうにかして生きていけるだろうという思いなど、そういうのが
ないと戦えるとは思えません。

つまり、アホと戦う前に自分と戦えは正しいと思いますが、それは自分自身が
他人からアホとみられるような人間じゃないのか。
そういうのも知っておく必要があるでしょう。

本をきちんと読んでないんで勝手に書きました。
次回はきちんと読んでから書いてみたいと思います。


aho


taka1346yu at 23:32|Permalink

2018年09月15日

想弱調弱

多くの人にとって許せないのは正直者がバカを見ることではないで
しょうか。国や行政その他の分担金や負担金をきちんと支払ってる
のに一部の連中は無視しており、徴収側も無視している。
そうなると真面目に払うのがバカバカしくなってしまう。

その怒りの矛先は不真面目な者よりも徴収者にいくのは仕方がない。
そちら側がサボタージュしてることになりますからね。

さてさて、そうした見過ごせない中に自動車の自賠責保険=車検がある。
こちらも普通は真面目にやってると思ったら、300台に1台の割合で不届き
者がいるのだという。

もし万が一事故を起こしたら、その賠償だけでもすごいのに車検もせず、
無保険なんてなったらどれほど恐ろしいか。
しかも実際にはそうしたいい加減な者の方が事故を起こす確率が高い。
そりゃあ遵法精神が欠けているんだから当然。

警察も取り締まりしてたようだけど、やはり厳しい現状。
そこに朗報が飛び込みました。
新兵器が登場したみたいで、今後はかなり摘発が捗りそう。

【車検切れ 取締り強化】
ナンバー自動読取装置導入で300台に1台が検挙される?




少しでも違反者が検挙され、真面目な人たちがバカを見ないようにしてほしい。
 
 
ところで事故といえば元モー娘の吉澤容疑者が話題になってる。
気になるのは唯一、なぜ吉澤メンバーじゃないのかw
個人的には逮捕されたのだし、後は法的機関に任せるとしてああだこうだ言う
気はない。けど、別のことで言いたい気持ちになった。

それがクリス松村氏と尾木ママこと尾木直樹氏が事故動画を見て、引かれた人を
誰も庇わない、それはイジメに似てるだのトンチンカンなことを書いてる。
もうね、呆れるというか、こういうのが知識や見識がないくせに立派なことを
言って自分に酔ってる典型だと思う。

お前らの酔いは基準値をはるかに超えてると言ってやりたい。
これが現場にいた目撃者とか、動画の後の方にも記録されていたのならわかる。
しかしほとんどの人がが見たのはあの数分しかないんだから。

自分はバイクに乗ってた頃から事故にかなり遭遇しました。
自身も事故った経験もあります。
今は救命救急の資格もあるから、何かあれば首を突っ込むんだけど、
そうした経験で数は少ないかもしれないけどわかったことがある。

まず、事故現場に遭遇した経験のない人は身動きが取れない。
非日常の出来事が目の前で急に起こればパニックになる。
それは学校の先生も同じだった。
学校で火災が発生したときに動けた先生は少数・・・

けれども一度は体験した者は動ける。
経験は本当に重要で思考と動きがバランスよくできる。
ただし予備訓練や予行演習してたとしたら、まだ動けるでしょう。
だからこそ避難訓練も運動会もスポーツも練習や事前訓練が大事!

今回はまだ被害者が無事だったけど、血まみれなんて見たらどうなることやら。
まず下手に動かすのはご法度!
やるべきは救急車と警察の通報を頼み、現場の安全を確保すること。

この現場の安全は最近馬鹿が多くて、事故の検証のため動かすとよくないと
思って、そのまま放置するのがいる。
車が動かない場合は仕方がないけど、動かせるなら移動させないと二次災害
の原因となったら、また負担が増えるだけ。

つまりは下手な知識がない者が被害者の様子を伺い、処置をしようとするのは
危険で、特に頭を打ってたり意識不明の場合には手出ししない方がいい。
ただし真上を向いて息をしてないとか、吐しゃ物がある場合を除いて。

今回の件では中学生が通報し、バイクの人が追っかけたという情報があった。
サラリーマンはいなくなったというが、仕事をで急ぐ人はそんなもん。
特段被害が少なければ現場を後にしがちなのも普通のこと。

だから、とんにちんかんな感想、特にいじめに結びつける愚かな言動には
本当に教育界にいたのかと問いたい。
お前は偉そうに言うくせに高額な講演料をせしめてくるくせにとw

こういうのを想像弱者、調査弱者と呼びたい。
自分みたいな無名人でさえ気を付けるというのに、著名で影響力ある人が
想像力もなく調査もしないなんてバカでしょw
最後の一言は、そんな奴が口出しするな、ですね。

taka1346yu at 11:26|Permalink

2018年09月11日

第四の権力終了?

たぶんメディアの側はまだまだ一般人よりも上もしくは優遇されるべきと
思ってるんだろうけど、それが勘違いレベルになってるのに気づいてない。
そう思える事例がこの数年で確実に増えてきてると思う。

一時は花形産業で就職ランキングでも上位だった。
テレビ、新聞、週刊誌をはじめとしたマスコミそしてメディア。

でもよ~く考えてほしい、同じように銀行、証券、損保がそうだったし、
それ以前は鉄鋼、造船、生糸の時代もあった。家電メーカーも人気だった。
現在それらをみてどう思います、そう考えればマスコミもそうなんですよw

第四の権力といわれたのも無謬性や正義があってこその話、今では彼らに
そんなものがあるなんて信じる国民は少ない。
そもそもスポンサーがついていれば絶対に無理でしょ。

記事が上がるとネットで検証され、そのたびにため息をつく。
ああ、この人たちは平気で嘘をつくんだ、自分たちの都合で書くんだな。
そう思われたらお終いでしょ!

テレビのグルメ番組一つとっても信用できるものなんてない。
初期のころは確かに人気や流行を先取ってたけど、年月が過ぎネタは尽き、
そのうちクレームがつかないように慎重になれば情報の価値は無し!

先日のニュース解説ショーでは政権批判を子役を使ってやってたなんて暴露
され、公平公正の放送法といわれているのに反原発、反基地、憲法改正には
まったくのアンフェア!

反権力なんて言っていながら、やくざシステムのような芸能事務所の力関係
には無力で、ノイジーマイノリティにも何も言えない。
書けばキリがないんでこのくらいにするけど信用は地に堕ちた!

とはいえ、彼らの方が一般人に比べ頭はいいし、取材能力や文章力、表現力
など圧倒的に優れているのは紛れもない事実。
ただしそれを素晴らしい方に向けてくれれば愛され、怖れられ、尊敬される
べき存在になるのに国や社会ではなく会社しか見てないからバカにされる。

大本営のように賢くても敗戦に向かわせ責任を取らないのはバカにされても
当然だし、日本の官僚がいくら優秀でもこの日本の現状をどう説明できる?

さてさて実際にどんなことが出てきだしたのか。
まず被災地における報道ではヘリコプター取材が蛇蝎のごとく嫌われている。
ご存知のように音が捜索の邪魔といわれてるんだけど、これでも取材の方が
効果的だと思われればそんなことはいわれないでしょう。
そう本当に邪魔なだけw

また被災地のガソリンスタンドで割り込んできた、取材だからと大型施設の
駐車場に無許可で止めていたなど、本来なら文句を言われることもなく進んで
協力してくれたであろうにクレームが起き謝罪する羽目になってる。

そしてこの度では「報道陣にご飯ないですか?」で炎上w
これなんかもちょっとした言葉のあやだと思う。
「すみません、報道なんですか、分けてもらえるぶんがありません?」とか
「余っていたら分けていただけませんか?」と低姿勢なら違っていたと思う。

相も変らぬ上から目線が怒りをかっている。
でも一般社会の常識からかけ離れてるんだから仕方がないw

今回の被災ではまた発電や送電をめぐって議論が起きてるわけだけど、その中で
ひときわ目についたのが朝日記者のツィート。
これが日本がもっと再生エネルギーを重視しないからだって。
これにより常識ある日本国民から猛反論。

特に北海道という地は雪が降るし自然の猛威が厳しい地であることから、風力や
太陽光に不向きなのに何を言ってるんだというのが多い。
そもそもそれらの発電が無力であるということもいわれているし、国内の災害に
すごく弱いと指摘する人も多い。

マスコミなら自分たちの理想の発電方法を誘導するのではなく、まずどういう
ものが実現可能であるか、またどういう研究がなされているのか、専門家はどの
ように考えているかなどを調査レポートし、多くの人に知らせるべき。

何も知らないような連中が偉そうに自然エネルギーだけが素晴らしいと宗教の
ように言うのは彼らがよくいう多様性とは言えないでしょうw
ほんと矛盾の多いこと!

また自分たちは報道する専門家であっても理科学の専門家ではない。
そこを自覚してない上に感情論で扇動しようというのもメディア離れの
要因になっていると思う。

そうテレビのワイドショーと同じく、専門じゃない連中がそのくせ一般社会と
も隔離してるくせに、偉そうに講釈を垂れ流すのは写し鏡。
それよりも一般人が広く浅く情報を流し、そこにこれまた一般の中にいる専門知識
の人が解説してくれて、その真偽を再確認するネットの方が信用性が高い。

記憶をたどってもニュース解説で感心したものは、ほとんどがメインストリーム
から外れたネットやラジオの番組くらいのものです。

masugomi

北海道大地震の被災地でも救助活動を妨害する大迷惑なマスコミ

●「被災者を載せている」、「緊急車両だ」などと嘘をついて緊急車輛
 専用道路を通行し、救助活動を妨害!

●NHKがスーパーの営業について誤報(デマ)を流す!

●被災地の近隣に違法駐車し、被災地を大混雑に!

●近隣の宿泊施設がマスコミ関係者で満室に!

●テレビの女子アナが、液状化した泥に入り出られなくなり、
 6時間半かけ救助される! 

●食料不足の被災地に押し寄せたマスコミが「報道陣にご飯ないんですか?」
 被災者が激怒!


taka1346yu at 23:43|Permalink

2018年09月06日

国連の異常集団!

ネットでは国連ではなく、国連のほうから来た連中と揶揄されてる。
そりゃそうでしょう、あまりにも異常ですからw

特に日本を敵視してるのが人種差別撤廃委員会、なんやこれ?
ちょっと調べたら別に権限もないみたいだし、よくわからない機関。
しかもやたらと中国、韓国そして日本からも反日活動団体とおぼしき
ところの人間が登用されていた。

彼らにありがちなのがこうして組織の内部を自分たちのシンパで占め、
目的のためには手段を選ばない。
似たようなのが日本国内ではメディアとアカデミズム!
そして現在、両者とも解体すべきという方向になってきた。

だからなのか、さらに過激化してる感じ。
それがさらにさらに多くの人を不愉快にさせ、多くの怒りが向いている。

一部の人は留飲を下げるかもしれないけど何の得があるんだろう。
怒りと憎しみは離間を生み、友好や交流を遠ざける。
挙句の果ては資本提携、工場誘致などの経済活動まで終わらせる。
本当にアホな行為だと思う。

今回の国連の件でも河野外務大臣がきっぱりと反論してくれた。
安倍首相以降、こういうのに動じる日本政府の姿はない。
だからこそ反安倍が無様な姿をさらして過剰反応してるともいえる。

そしてとうとう大人しい日本が分担金を渋る事態になり、安倍支持は
逆に上がりメディアは発狂w
メディアと官僚は揉め事が好き、それしか存在意義がありませんから!

ところでアメリカは日本よりも先に支払いを渋ったわけだけど、原因は
イスラエル・パレスチナ問題にあると言われる。
自分も少し前まではイスラエル=強者、パレスチナ=弱者という感じで
アメリカに対し疑問に思ってたけど少し調べると変わってきました。

この感じはわかりやすくいえば日本の反原発、反基地問題とも似ていて
つまりそうした人たちは弱者であり、応援すべきだというものに通じて
いるけど実態にはきな臭いものがあるじゃないですか。

この中東問題もよくよくみると攻撃の被災者に子供や女性、病人が出てくる
のをおかしいと思いませんか?戦火の激しいところにそれらの人々がいる
不思議、ふつうは疎開させますよ。

また今年もアメリカ領事館の移転で衝突があり、子供が犠牲になってました。
でもね、そもそもそうした場に子供を行かせますか?
つまり、弱者を利用し、国際社会に訴えるために利用してる卑劣さがあると
レポートされてる部分があるんですよ。つまりは被害者ビジネスの一つ!

もちろんそちらも解決は急がれるし、それと同時進行にウイグルやチベツト
の問題、アフリカの貧困、中南米とかも深刻になってます。
なのに70年以上前の慰安婦?
言いたいことは山ほどあるけどそれは置いといて、とにかくおかしすぎる。

自分たちの主張のためには何でも利用する。
そのくせ本当の敵、巨悪についてはスルーもしくはそういうところが資金源。
それが国連の実態のようになってきた。
こういう組織は必ず滅びの方向にむかうでしょう、いや滅びるべき!
 
 
 
ここしばらく日本列島は天災が続いていますね。
まず言いたいのは今回でもわかったように地震予知はできない!
日本のインフラには欠陥があるってこと。

つまり行政はまだまだ発展途上であり、信用できないと思う必要がある。
特に科学技術が進歩してもヒューマンエラーは確実に起きますから!
行政マンの判断、決断、行動は法律で縛られ過ぎており、それ以上に権限と
責任はあいまいな状態になっています。
そんなところが住民の命を守れるわけがない。

彼らに出来るのはすべて事後処理しかないんです。
そう思って行動するしかないのが現時点での日本でしょうね、残念ながら。





taka1346yu at 18:59|Permalink