ひとりごと

2017年07月17日

立法府の住人たち

立法府、すなわち日本国内の法律を作る三権分立の一つは国会。
我々は小学校のときにそう習います。

読んで字のごとく日本という国がよりよくなるため、より便利になるため
選挙に選ばれた国会議員が民主主義に従い法律を作る会議をしてる・・・
はず?

そうはずなんですよ、していると断言しずらい。
その歯がゆさを示したのが近年の国会の流れだと思う。

もちろん重要法案はいくつか通りました。
ただしそれらの議論は意味不明な反対論にかき消され、枝葉末節に終始する
あまり、全体像がうやむやになってしまい、時間通りにも関わらず強行採決
なんていわれる始末。
挙句わかりにくさだけが残るという反対派の戦略にはまっています。

そして時間のほとんどがワイドショーなみの問題ばかり。
違法でもなければなぜどこがいけないのかその説明すらない。

疑惑、説明不足、不透明という言葉が躍る空虚な立法府。
官僚の提出する証拠書類が黒塗りばかり、じゃあなぜそうさせない法案を
提出しないんだろうか。
相変わらず続く献金問題、それならいっそ廃止にする法案を!
国会議員の戸籍開示が差別?それならきちんと開示するあるいは必要なし
っていう法案を作ればいいのに。

今回これだけ長い時間をかけ不毛な議論が続いたのに、新法案の置き土産でも
あれば少しは税金の無駄とは言われないというのに、完全な無駄!
あそこにいる人たちは一体何しに出てるんだろう。

そのイライラが一番向くのは与党自民党ですね。
支持率が低下したという理由でその後の動きを決めている。
その世論調査は新聞社とかテレビ局でしょ。
そういうのを大手メディア以外で独自調査してくれる機関はないの?

サンプルだってたかだか2000人前後やん。
その結果で日本国の今後の方針に影響が出るなんて本当に情けないことだと思う。

都知事選での自民党への批判はブラックボックスでした。
そこを上手に都民ファが利用して風に乗ったけど、こちらもすでに密室政治が
行われはじめてることに批判がないおかしさ。

またほとんどの自民党支持層、一番多い中間層も自、公、維、都民などの保守層
さえ堅持されれば、特に問題がないと感じていると思う。
これがそれ以外のグループが大躍進したとしたら別だけどねw

選挙民は大局的にみてる。
じゃあ自民党が慌てるのはなぜかといえば選挙!
もっといえば自分一個人の当選w

悪いけど、どこで何をやってるかわからないような泡沫自民党員なんてどうでも
いい存在、ただの数合わせ程度。そういう自覚を持てってw

部会にも出席せず、出ても意見を言わず、質問や答弁にも立たず何してんの?
そのくせちょっと何かあればびくびくし、風ばかり見て自分はない。
その風も東京一地区のメディアばかりのもの。

逆に聞きたいのは、今のこの時期で支持率が上がるようなことってあります?
いや上げるように情報発信などの努力をしてますかって。



taka1346yu at 22:08|Permalink

2017年07月08日

懲りない投資脳

たまにひと昔前の事件特集みたいなものが流れます。

未解決事件だったものではスーパーナンペイ、警視庁長官暗殺未遂、世田谷
一家殺人事件があるし、冤罪事件、話題になったものなどいろいろ。

ただ思った以上に少ないのは詐欺に関係したもので、何だろうやっぱ数字が
取れないんでしょうか。

未だに続く詐欺事件、ただ一つの条件は金を持ってるということw
だってない人はそもそも払えませんよ!
ただし一部には借金をしてまで大金を求める人もいるみたいですけどね。
もちろん加害者側はよ~く調べて探し出しているでしょう。

ただ金持ち被害者でもいろいろで一概に欲が深かったなんて言ってはいけない。
元々金を持っていてさらに財テクで成功してる人、年金や退職金をコツコツ
貯めている人、節約しながらとか、一攫千金とかいろいろ。

それ以上に騙す方が巧みで、狙われたら余程の知識や自分の周囲に味方が
いないと難しいでしょう。

今回言いたいのは、詐欺とまで言わないけど、過去に儲かったような事案が
あったかどうか冷静に考えたいということです。

相場からはじまり株式、金、不動産、為替・・・最近ではFXなんていうのも
話題になりましたよね。そもそも基本的に儲けている人は投資資金の桁が
段違い、また少々損をしても痛手が少ない人だと思うんです。

自分が知る賢い投資家は安定株を買い、株主優待とか上手に利用して、堅実に
やってる感じの人がほとんどかな。
利率がいいとか、リターンが大きいとかは、先のような痛手がない人のやる
もので一般的には止めた方がいいと感じます。

ただ悲しいのは、どうしてやる人というのはそんな理屈は聞いてくれませんw
宝くじでも買わなければ当たらないというように、まずは投資!
わかるのはわかるんですけど・・・

宝くじでも買いたいけど今は嫌だという人の多くが、一等6億なんていうよりも
2000万円が30人に当たるっていう方がいいと言いますね。
またオイラは何度か書いてるけど信用性を疑ってます。
あのデジタルで矢を当てるのがどうも・・・ああいうのはアナログがいいw

そして最近耳にするのはビットコインなどのような仮想通貨。
これほど怪しいものはないと思うんですがw
ただ便利だからと利用する分にはとやかく言いません。

海外にいてとか、ゲームをやってると必要とか、そういうレベルならね。
それが投機的になると話は変わってくると。

そもそもネットでっていうのが怖い。
以前も一度破たんした事件があったし、先日もどこかのものがハッキングされた
とかあったし、安全度を考えても大金をつぎ込める環境じゃないでしょう。

ただ投資したい人は銀行も株も為替もなかなかの時代ですから、何かないかと
情報を求めているでしょう。
先に書いたようにFXも言われなくなり、金がどうとかいうのも中国や北絡みの
ような話だし、ビットコインもどうも中国やロシアのような国の金融が不安視
されてるような国が主導みたいなイメージですからちょっと・・・

ここで最初に戻ると事件特集には豊田商事、住専、商工ローン事件、オレンジ共済
円天、天下一家などのねずみ講・・・時代ごとにいろいろありました。
ビットコインなんかは円天を思い浮かべてしまいます。

今の時代は贅沢せず、悲しいけど粛々とやっていくしかないでしょう。
夢がないという人もいるでしょうが、世の中金をかけなくても楽しくやっていける
方法がいくつもありますよ。それを探し出すのが人生経験や知恵だと思います。

もし見つけられないなら金の無さよりも、そちらの無さを嘆くべきかな。
いつか必ず楽しい時代がやってきますから、それまで何とか!

taka1346yu at 22:52|Permalink

2017年07月06日

このままだと左派は終わる

政治の流れを見てると確実に存在し、絶対的影響力があるのが利権。

選挙の投票率を観察していると、投票に関係のある人とない人の差が
数字に現れているんじゃないかとも思います。

特に違法行為までしてあれこれしようとするのも、自分のポケットに
関係しているからで、そうじゃなきゃ必死にもならないでしょ。

もちろん理想を持ち、イデオロギーにとらわれず善意で投票する人も
いると思うけど、今のような状態にはたぶん幻滅してるはず。
それくらい異常で閉塞感のある状態が続いていると思う。

いくら選挙が民主主義の基本とはいえ、小選挙区制度や死に票の多さ、
立候補者への不満など嫌になってしまう。

先日のある調査で東大生や若い世代の多くが自民党を選択しているという
データが発表されていました。
これについて野党は驚きを隠しきれなかったようです。

多くの年寄りは若い時期というのは反抗的であったり、反権力の傾向がある
と信じているし、それにも増してインテリは現状を打破したがるものという
イメージもあるから、保守的な若者というのは意外に思っているんでしょう。

自分が最近感じている政治問題の本質はそこです!

ひと昔前の進学状況を考えたとき、勉強ができれば家庭環境が厳しくても
奨学金とかで何とかいける時代という印象がありました。
公立からも難関校にたくさん行ってました。今の中年以上の高学歴者の家庭
を調査すればごく普通という率はかなり高いと思う。

奨学金は今でもある制度ですが、返せないことが問題になってますよね。
昔は仕事の心配をすることもなく、少しずつ返すというなら誰だって
借金ができた時代、でも今はどうでしょう。

自分の若いころを思い出すと、ビデオデッキさえ軽く15万円くらいしてもので
エアコンや冷蔵庫のようなちょっとした商品も高額だし、仕方なくローンで
購入したものがたくさんありました。

それでもアルバイトでいくらでも返せる時代で、ちょっとした贅沢が可能な
時代。バブルの恩恵は直接受けられなかったけど、先行きへの不安がなかった
ことは今よりも確実に良かったと思います。

それに対して現在の状況は日本のトップクラスの大学は裕福な家庭じゃないと
ほとんど無理というデータをちらほら見ます。
学生生活もアルバイトの状況などはデフレで厳しい。

友人、知人いろいろ見聞きしても教育費への莫大な投資を考えれば、生活
で精一杯の人が子供の進学をどこまで手厚くできるというのか。
子供も安いバイト代では家賃とスマホ代などの生活費に終始しているのかも。

ただ普通に大学に行かせるのはそんなに厳しくない。
若者の人口はおよそ半分ですから、テストの難しさは昔ほどではないぶん、
難関校への切符がある意味投資で何んとかなるようです。
行くは容易いが、行ってからが地獄・・・

野党なんかには東大出身の率が高いようですが、彼らの思うリベラル思想
と現状の家庭環境は今後どうリンクするのか。
そもそもリベラルは富の分散や機会均等でしょ。

加計学園の追及でも貧困層への救済というものじゃないし、森友も私立の
学校だし、そもそも最近の野党に弱者救済の案が出たなんて記憶にない。
旧民主党が消費税増税を後押したに至ってはもう不信の塊りですよ。

非正規を正規雇用に、最低賃金アップ、労働環境の整備、ベアアップなどを
労働組合に進言したのが安倍政権というのなんて、野党は何をしてるんだと
しか思えないしね。

本来は恵まれなかった不満層の受け皿になれそうなのに、自分たちの選挙の
生き残りしか頭にないと見透かされ、終始政局ばかりしか言わないんだから
そりゃあ人気が無くなりますわ!

今は景気が回復傾向にあるとはいえ、地方は疲弊したままだし、先日はキー
ワードとして日本人以外への手厚い補助にかなりの不平不満が鬱積してると
書きましたが、それも主にやっているのは野党だしね。

人間には超能力があると思ってます。
多くの人が念じればそのような方向になっていくと・・・
であるなら、滅びるべきはどこの誰になるのかは自然の流れでしょう。

taka1346yu at 22:35|Permalink

2017年07月03日

キーワード

都議選後の報道で目立つのは自民大敗北。
確かにその通りで異論はなし、ただ安倍政権と今回の敗北は別だと思う。

思い出すのは東京五輪に関し、エンブレム問題から始まってその選考過程や
徐々に膨らむ費用問題。当時の与党だった東京都連自民党の悪度合いもさながら、
都知事だった舛添氏の韓国との連携、ボランティアウェアのデザイン、挙句は
学校用地など都民じゃなくてもいらいらしたものです。

この時、安倍政権が関係するとしたメディアはいました?
また安倍政権が何とかしなければならないといった意見は?

もし関係があるとすれば敗北の責任は安倍政権にありでもいいでしょう。
そうじゃないから増田氏が敗北し小池氏が当選したんだし、その流れから
今回に至ったのも特にどうってことないものだと感じます。

ただ二人の女性議員について、特に稲田氏については猛省すべきでしょうが、
加計とか籠池でどうこういうのはちょっとねw

ところでいろんな批判の番組を見てるけど、どれもこれもが見落としていると
いうか、そこをわかってないと思う点を偏向ばりばりで指摘したい。
そのキーワードは先にも少し出たけど韓国です。

ある意味、中国と北朝鮮も入るけど主にはやはり韓国でしょう。
なぜなら表立っての交流はそちらが中心ですから。

いろいろあっても安倍政権へのダメージは少ないし、一定の支持がある。
メディアはこぞってなぜを繰り返すけど、完全に韓国でしょって。

ポスト安倍になかなか名前が上がらないのもそこだし、アンチ安倍が
凄まじいのもそこを理解すればかなり見えてきますね。

個人的には何度も書いてるようにエネルギー問題、経済、増税の心配など不満が
いくつもありながら、彼に変われるような人がいないと思ってしまうのもそこ。
名前の挙がる岸田、石破、谷垣氏といましたがどうです?
たぶん3人とも韓国相手には期待できそうにありません。

日韓合意なんてかなりのトラップだと思います。
当初は保守層が大反対し、リベラルがもろ手をあげて喜びました。
それが今や日韓スワップ協定をはじめとした交流の話し合いを欲する韓国がこの
合意が履行されない上に、新たな像まで建ったということですべてがストップ!

日本は話し合いに応じてほしいなら大使館前の像を撤去してよと言うのみ。
通常なら話し合いの場につけと言うリベラルもさすがに言えないw

韓国は平昌五輪でかなり迷走してますが、こちらについても本来は日本の協力を
求めるあるいは約束されていたのかもしれないけど、完全に無くなりました。
たぶん政権中枢は反日ドラッグの副作用を今さらながら悔いているでしょう。

ずっとゴールポストが動き、煮え湯を飲まされてきたことに終止符が打たれた
ことはすごく大きい。そして同じく似ているのが小池氏です。
彼女は舛添氏がやろうとした韓国系の学校に土地を提供しようとしてたのを中止
させ、ボランティアの服のデザインがどうも・・・っていうのも止めさせました。
これらは本当に痛快!

思うに日本人として五輪の無駄使い、豊洲移転、加計や籠池などいろいろあって
も、それはとどのつまり日本国内でのこと。
お金だって誤解を恐れずにいうと、誰かが儲けてもその儲けは日本の誰かに行く。

しかし日本国民以外に日本国民の血税が使われるというのは話が全く違う。
まして日本人を嫌い、蔑み、足を引っ張る人たちに好きなように使われるなんて
我慢しろというのがおかしいですよ。

もちろん、外国だって親日で日本を好いてくれる人々であれば、それもめぐり
巡って日本人自身にいいもので返ってくるものですから同じではないですけど。

過去にも書いたように韓国には3回行きました。
その全てはすごく良くて親切にされたこともあり、たぶん日本の中にいる人の中
でも韓国に理解のある方だったと自負します。
が、それももう完全に変わりました。

自分以外でも韓流で好きになったけど、先のようにリベラルでも日韓合意以降も
ゴールが動くことで嫌になった人など変わった人は多いんじゃないかな。

一番嫌気がさしたのは両国の不幸な過去の話になっていき、当事者もいなく
なれば少しずついい方向になっていくと思っていたのが、歴史をねつ造し出
したのには驚き以上に卑怯だと思いました。

また歴史を検証するのに韓国人自身が漢字を捨てたことで出来なくしてしまっ
たこともやばいなあって。ただでさえ感情的で他人の話には耳も貸さない人が、
科学的な証拠や検証が理解できなくなるんですからw

他国の悪口は言いたくないけど本当に残念。
ただ日本に来てくれる韓国人はそんなに反日じゃないと信じてるし、来日で
少しずつ考え方を変えてくれる人が出ることも期待してます。

そうじゃないと安倍政権及び次も似たような人が成るでしょう。
また韓国に媚びるようなことをいう政治家も淘汰されるし、メディアも
そういう方向のものは徐々に駆逐されて行くはずです。

ほとんどの日本人は他国といざこざを起こしたくありません。
ただし、いつまでも頭を踏み続けていれば誰だって怒りますからね!

taka1346yu at 22:15|Permalink

2017年07月01日

反対の根っこ

都議選の応援演説に安倍総理がやって来たところ、それに対し「一部の」
反対派が帰れコールをしたことが話題になってます。

これを聞いたときどう思われましたか?

民主主義の基本は多数決に従うこと、少数派や反対派の意見も耳を傾ける
にあると思ってます。つまり気に入らない意見も多数の意志なら従う。
その中でもすぐに決めるのではなく慎重に広く意見を募る・・・

だからオイラは反対派が何に反対してるのかが知りたい。
そのために記事とかニュースとか見聞きするようにしてるんですが、そこに
あるのは「安倍一強のおごり」「独裁」「急ぐ憲法改正」「戦争がしたい」
「強行採決」などの言葉で具体性に欠けるものばかり。

まず安倍一強についていえば、それは支持率にも表れている通り、そこそこ
高いんだから多数に支持されているのは理解できるでしょう。

また最近は少し下がったにしても野党が評価されたのではなく、支持なしが
増えたということは、与党がもっとはっきりした意思表示をせず、だらだら
野党に付き合う姿が批判されたものだと判断しています。

日本人は他国と違い、ケンカでも両成敗という意識が強いように片一方の落ち
度を批判するのではなく、双方が悪いという風にしがちですよね。
もし与党が悪いのなら野党に、野党が悪いなら与党に振れるはずなのに中間が
増えたというのもそれが理由じゃないかな。

独裁については言うまでもない。
本当の独裁を経験してない日本の日本人の甘さというかw
もし独裁政権なら自由に物は言えないし、発信はもちろん出来ないし、秘密警察
がいて連れていかれるだろうし、何より命が危険。

いやあるよってっていう人は、そもそも反日性向が強くて、同じ日本人からも
監視してほしいようなレベルw
しかも違法、脱法の反対運動ばかりで同調したくなるようなものがほとんどなし!
いわば強行反対運動。

憲法改正についてはいろんな世論調査があるけど、最近はそれらへの信ぴょう性が
問題視されているように信用できないと思う。
世の中がスマホ全盛時代にも関わらず電話で調査じゃあねw

個人的な肌感覚では5割が賛成、3割がよくわからないか慎重論で残りのわずか
1.5~2割くらいが反対じゃないかな。
もし自分の周囲は反対が5割なんていう場合は、特殊な環境や組織に所属し、一般
社会とはかい離してると言いたい。

戦争がしたいんだっていうのは暴論の最たるもの、よく言われる理論の飛躍であり、
確かに縛りを解くというのは間違いではないにせよ、徴兵制もご存知のように近代
戦争では無意味だと言われているし、日本のように人口の多い国では必要がない。

もし戦争を考えるなら、事実を伝えないメディア、上司に反論できない企業体質、
ムラを構築する企業や同業者の寡占、同調圧力などの方が余程だと。
たかだか首相や一政党だけで戦争に向かうことは絶対にない。

強行採決は言うまでもなくですから触れませんが、ここまでで彼らの反対理由に
同調できるような内容がまったくないんですがw

外交は過去の土下座姿勢から上手くやってると思う。
領土問題とか拉致も基本姿勢を表明しているし、経済はいいとはいえないながら
あの暗黒の10年を考えれば及第点ですね。

個人的な反対はまず消費税を増税したこと。
5から8%にしたのは本当に手痛い。
もしも10%にするというなら、安倍政治はそこで完全に終わりでしょう。

他には原発をどうするかをはっきりしないこと。
重要なエネルギー問題の先送りは、どうも周囲を財務省閥より経産省閥を重用して
るとことにあるんじゃないかと思ってます。

あとここまでの国会でイライラしたのは証拠書類の提出が遅かったり、処分とか
の隠蔽体質いわば情報隠し。これについては役所の書類の管理をはっきりさせる
べきだし、文科省問題の本質にあった天下りを禁止、相変わらず問題が多い企業
献金の廃止などが出来ないこと。

こちらについてはそもそも民進党も共産党も対案として出してこないんだよね。
そこが野党が支持されないところなんだけどw

ここまで書いて反対派に対して同調できない理由。
逆にこちらが想像する反対派の本音は中国や韓国もしくは北朝鮮の代弁。
彼らの反日運動とほぼ同じような内容ですし、そういう運動団体がほとんど横並
びにあそこもここも入り込んでいる。

また安倍首相が歴代首相と一線を画すのが、様々な利権にしかも人権利権とでも
いうか、そういうのに手を突っ込んでることにあると思う。

憲法改正について表立っては9条ばかり。
でも本当のところは公務員改革だったり、外国人関連の利権打破にあると睨む。
というのも過去に問題になったそれらへの反論のほとんどが憲法。
職業選択の自由であったり、国民は平等に・・・ですから。

でもご存知のように現行では正直者がバカを見て、ごねて金をもらってるものが
反対運動家に多く、ごく普通の人々の本来反対運動をしなくちゃいけない人の方
が黙って日常の日々を淡々と過ごしていますよ。
そもそも金も暇もない人は運動に身を捧げられませんからw



taka1346yu at 19:39|Permalink