健康

2016年04月28日

春は睡眠

最近はすごく体調がいい。
バロメータはなんといっても快眠、快食、快便でしょうw
この中で食欲については食べたいものが特にないというように、
欲求がやや下降気味ではあるけど、おおむね好調。

ちょっと運動すると筋肉痛がやってくるという加齢によるもの
もあるとはいえ、病気を感じることがない。
これは本当にありがたいですね。

食事については安物買いはしないようにしてます。
調味料もいいものを使ってるし、ジャンクフードも極力避ける
ようにしてて、歯のメンテも定期的に!

お金がかかるという人もいるでしょう。
でも実際病気になって病院に行くことになるともっとかかりますから!

これと似たような話では、トイレに流す水があるじゃないですか。
多いともったいないけど、ケチって少の場合は2回に一度にするとか、
そもそも流す水を減らすとかすると、あっという間に汚れてしまう。

これを洗う手間や洗剤を考えるとその方がコストがかかる。
つまり、普段しっかり流しておけば実は安く済むと思うんですよ。

体調管理の中で一番重要なのは睡眠だと思う。
便秘を感じてもよ~く寝ればすぐに便通がするし、筋肉疲労も食欲も
少し長く寝ることで解決されることが多いと感じます。

そのため質のいい睡眠がとりたいと思いますね。
自己診断ではいい感じだと自負してるけどはたしてどうなのか? 
ちょっと調べてみました・・・

質の良い睡眠をとる方法10つ

1、ぐっすり眠れる環境をしっかりと整える
  具体的には、部屋の広さ・温度や湿度・・・

2、睡眠の2~3時間前に食事を終わらせる

3、寝る1時間前までにはお風呂に入る

4、寝る前にストレッチをする

5、寝る前にPCやスマートフォンを見ない癖をつける

6、仰向けで手足を伸ばした状態になる

7、ノンカフェインの飲み物でリラックスする

8、出来る限り部屋を暗くする

9、悩みを睡眠に持ち込まない

10、起きたらダラダラしないようにする

なかなかできてないものあります。
一応気にするようにして少しは快眠にもっていきたいです。

いよいよ連休ですね。
連休明けにだれないように、しっかり休んでリフレッシュ! 


taka1346yu at 23:50|Permalink

2016年01月11日

食べ物とその影響

年末、正月、年始と本当によく食べました、そして飲みましたw

友人たちに話すのは、天下一品こってりがすっかりダメになり、
年末に親戚と行った時には一人だけあっさり。

肉も好きだけど量は減り、昨年はゴルフコンペで高級牛肉を数回
ゲットしながら、少し食べたらダメなくらいになってしまいました。
かなりうらやましがられたというのに申し訳ない。

そんな風に弱くなってきたけど、飲む方に関してはまだ解毒力がある
せいか、大好きな日本酒は相変わらず強いです。
昨日も消防の新年会でかなりの量を飲みましたが、二日酔いとは無縁。

とはいえ異変を感じるんですよ。
暴飲暴食すると肌とか、体臭とかに影響が出るということ。

食べ物が体作りに影響してるのは誰もが納得するところだけど、
ラーメン食べた翌日にどうなるとか、ハンバーグ食べたらどうとか
まで即効性を感じる人はいないでしょう。

でもアルコールは体にかなりのダメージを与えると思う。
肌はかさかさになり、髪の毛もつやがない、血の巡りも悪い気がするし、
先に書いたように体臭というか体の分泌物に影響してるんじゃないかな。
これが風呂に入ってもそうなるんで、入らないで寝ると悲惨w
 
多かれ少なかれ体への影響があり、年とともにダメージ回復も遅く
なっているのをひしひと感じますね。
最近はほんの少し飲んで寝るようになったとはいえ、一般的に
飲むといえるのは週に多くて二日くらい。

そんなだから二連、三連ちゃんとなると無理だし、ダメージ回復が
悪すぎるとさすがにアルコールを受け付けない体になりました。
自分の同年代の人たちも数年前に比べればかなり大人しくなりましたね。
これを無理すると、うわばみといわれた人々も命を削ることになると思う。
 
そしてこうした経験から、やはり食べ物による体作りの大切さを感じ、
ごはん、味噌汁、肉、野菜、魚のバランスを感じます。

そうそうサプリがいいっていう話も、サプリを体内で栄養に変えるのは
負荷を与えてしまうというのを聞いたことがあり、これにも納得します。
やはり自然界にあるものを人間というか動物は何万年もかけて対応して
きたのですから、ここ100年くらいでできたものに遺伝子レベルで対応でき
てるかは疑問でしょう。

よく長寿や肥満が問題になり、いろんな対応策を読むけど、なぜ一番長寿
な戦前や戦中の人たちの食事に目が行かないのかがおかしい。
たぶん商売にならないんでしょうw

自分の体に一番負荷がかかってない、快調なときの前日の食事は野菜が
多く、肉が少し、魚も少々そしてごはんと味噌汁のパターン。
野菜炒めとか八宝菜なんかがいいかな。(油に注意だけど)

2016年はまだまだ厳しい日が続きそうなんで、せめて健康にだけは十分
注意したいですから、そのためにも食事が大切ですよね。
今夜は鮭のかす汁とキムチでいただきました。
明日はごくごく普通の体調だと思います。

今週末から暴飲暴食の予定が続くんで、それまではしっかりと休養。
寒くなりそうなんで野菜たっぷりの鍋もいいかな! 

taka1346yu at 22:36|Permalink

2015年12月08日

劣化

最近は女性にとって残酷になってますね。
テレビも写真も解像度が上がり、ズームアップするとたいへんw

男も下手すりゃ皺が目立ち、悲惨なことになります。
まあこっちには無関係な話なんですけどw 

ネットで目にするのが元アイドルや美人女優なんかが劣化した
という記事で、写真が掲載されていると納得と思うようなことが多い。
でもそういう人たちに共通するのが、スリムだということなんですよね。
 
男にとって細身の女性はそんなに魅力的じゃないんだけど、女性
同士の会話を聞くと必要以上にスリムさを追求してます。
そこまで痩せなくてもと思うけど、聞けば好きな服がどうの、ラインが
どうのっていう何を目指しているのかわからない。

まあそれはそれで邪魔するつもりもないし、若い時期はそれでいい
でしょう。しかし年齢を重ねればある程度は脂肪がついた方がいい。
それというのも最初の話で皺が増え、顔は痩せ落ち、老婆のよう・・・ 

男性から見る女性は顔やスタイルばかりでなく、肌のつやとかふくよか
さもありますから、いわゆる貧相と感じられるようになると女性から
女に格下げし、しまいには人間としても不気味になるw

ちょっと悪口が過ぎたけど、それくらい強調しないと、ダイエットしたがる
病的執着は異常だと知ってもらいたいですよ。

ふっくらとデブの境界はすごく難しい。
もしオイラが判定するとすれば、運動ができるくらいがふっくらで、運動
どころか歩いてふうふう言うくらいになったらデブかな。

ここにたまに書いてるけど、リレーマラソンなんかに参加してると、走り
すぎというか日に焼けシワシワ細身の女性なんて魅力ないなあって
いつも思いますね。この人は何を目指しているのかなあって。

ストイックになっても仕方がない。
女性に限らず男性も、健康的で笑顔が一番じゃないですか!
機会があればダイエットの危険性にも触れてみたいですね。
快食、快眠、快便が人生を豊かにしますw
 

taka1346yu at 21:29|Permalink

2015年09月08日

ワインはやばくない?

ネットにあがってた川島なお美さんの写真をみて驚いた。
なんでもガンを患っていたとのことで、その影響か激痩せ・・・
はっきりいって厳しいとほとんどの人が思ってるでしょう。

ところで彼女といえばワインが有名。
私の血はワインで、なんて言ってたことがあったように記憶している。
そしてそのワインでは奇しくもやしきたかじん、今井雅之両氏とも
有名でしたね。ワインて健康にいいとかいってたんじゃないの?

もちろんアルコールを毎日飲むのはよくないでしょう。
ただワインはイメージがぶどう酒の延長みたいな感じだっただけに
そうなると疑惑は添加物にあるんじゃないかと!

そういうものが内臓に負担をかけたと想像します。
まあ自分自身は飲みませんから、日本酒大好きなんでw

それにしても思うのは金持ちはある意味危険。
金がないのに酒やタバコが好きなのは粗悪品を代替えにしてもこち
らもほとんどの人が長生きじゃないけど、金持ちも節度よくしてない
といくらでも購入できるでしょう。

また食事でもよほど健康に気をつけないと高カロリー食になると
思うし、有名人だとファンから贈ってもらえるなんてこともあり、
ちょっとでも節制する気がないと生活習慣病まっしぐら!

意識の高い人はジムに行ったり、美容の面からダイエットなんかも
してるだろうけど、逆にそんなに太らない体質の人が思ったよりも
危険な感じになってるみたいです。 

今夜はこれからこの夏最後のBBQを地元の仲間と。
台風接近で雨なんでガレージの中でやります。
久しぶりに暴飲暴食して来ようと思いますが、もう食べれなくなって
いますから、美味しいお肉をできるだけ多くw

そして明日からはまた魚と野菜を中心にした食生活にします!
11月のリレーマラソンにもそなえて、この雨が止んだら走りますよ。
とにかく健康、そうじゃないと何もはじまりません。 

taka1346yu at 18:15|Permalink

2015年05月22日

体外菌 vs 体内菌

梅雨を前にしてか、ここのところテレビ番組内で除菌、抗菌、カビ対策の
ような特集を見かけます。
清潔にしようという試みは悪くないけど、そこはテレビやはり行き過ぎだと
思うようなレベルになってきました。

そもそもビジネスは客の不安や恐怖を煽って商売をしている場合があり
ます。国や地域によって外見や生活の価値観が違うもので、当初は気に
もしてなかったことをそれはいけないとばかりに宣伝する。

例えば薄毛に関してはヨーロッパや中東ではさほど気にもされていません。
逆に日本人があまり気にしない歯並びを悪い場合は下流階級の人だと
見なすような国もあります。口臭がどう体臭がどう身長が体形が・・・
いつの間にかコマーシャルに洗脳されていませんか?

オイラは常にすぐに情報に飛びつかないように気をつけるようにしています。
さすがにこの年になると、過去の騙され続けた経験がありますからw
時代によって価値は変わり、時には当時は当たり前だったことが後に完全
否定されるようなこともありましたから。

さてさて最初に戻ると、家のどこどこにカビがあると一生懸命です。
菌を吸い込むと病気やアレルギーが発症すると脅します。
でもよく考えてほしい、自分の周囲でどれだけの人が病気で、その原因の
中に家庭内のカビが原因になってますか?

どちらかといえば食事の内容とか、栄養過多、化学物質、ストレス、運動不足 
のようなものばかりで体外よりも体内の免疫が問題でしょう。
そもそもカビや菌が体内に入っても免疫力が十分なら関係ないんです。

かの養老孟司先生が清潔好き過ぎることの警告にこうおっしゃってました。
いくら除菌や滅菌しようともそもそも人間の体には何兆もの細菌がいる。
自身が保菌しているのに自分の周囲だけ無くそうとするのは矛盾でしょ。
そして人間の体は外敵の菌をやっつけるためにあるのだから、その供え
をするのならいいけど、清潔にし過ぎると別の病気を誘発する危険性がある。

その通りだと思う。
ご存知のように抗生物質が効かない細菌が発生したり、カビや腐敗を恐れ
保存料や添加物を加えることで化学反応を起こし、アレルギーなどの原因
になっているといわれています。

健康や長生きを真剣に考えるのなら、長寿といわれる明治・大正・昭和初期
の人たちの生活を観察するといいでしょう。
清潔な暮らしをしていましたか?サプリなんてありましたか?健康食品は?

うちの亡くなったばあちゃんは大往生でした。
観察してたら規則正しい生活、畑仕事、家の仕事そして簡素な食事でした。
感情もわりと穏やかだったし、のんびりした感じ。

方や母の方は平均寿命の少し前に大動脈瘤破裂で亡くなってしまいました。 
脂っこいものが好きで運動はあまりしてなかったです。
また病気になる前はけっこうイライラしててよく自分とぶつかったものでした。
そいいうのも目の当たりにしましたから健康の秘訣を実感します。

これは想像ですが、綺麗好きな人や健康に気遣う人は部屋とか鏡はよく見て
いるかもしれません。でも自分の排便や尿を観察しているのでしょうか?
便の色は腸内細菌が活性化してるかわかるし、尿の臭いも重要です。
考えてもらえれば健康診断ではそれらと血液検査が主じゃないですか。

いくら身の回りを清潔にしてもメインは体内ということになります。
行き過ぎて潔癖症になったり拒食症、過食症、偏食などもってのほか。
体こそが主人公だと思えば、その他の対策はテレビなんかに頼ることなく
長寿の人たちを観察すればそれでいいんですよね。

時代はもうテレビの情報だけが最善ではありません。
テレビだってネットの情報から引っ張ってきてるくらいですからw
ビジネスで情報発信しているのか、善意で発信しているのか、そこを見据え
て情報というのを考えてみたいものです。 

taka1346yu at 23:35|Permalink