オカルト

2017年08月17日

透視能力なんて嘘

またアンビリーバボーでやってましたなあw

自分はオカルトファンなんだけど、インチキなそういう番組が本当に
頭に来るんですよ。この間もある番組でコラの写真を心霊写真だ!な
んて言ってた霊能者が笑いモノになってたでしょ。

ずっとウォッチしてきたけど、的中したというのは湖畔で死体を発見
したクロワゼットただ一人!
それについてもいろいろ言われてるけど、まあ当たったということで。

テレビの歴史も半世紀以上になるけど、たった一人ですよw
その間に何人も登場してきたというのに。

こういうのは必ずパターンがある。
まず我々の知らない外国の国では有名な人物だと紹介する。

次にその国の捜査当局で信頼され、捜査協力をして一定の評価を上げ
てるとか、メディアで特集されその能力をいかんなく発揮したとかw

これ調べてみると全部インチキなんだよなあ。
よくFBIやCIA、時にはスコットランヤードなんかも出るけど、
調べた人が聞いたらそんな契約もなければ依頼もない。

当たったといわれるものも、そのほとんどが素人でもある程度わかる
ようなものが、たまたま当たったというのを大々的に宣伝してる感じ。

日本では青森で起きた消費者金融放火事件の犯人の似顔絵がけっこう
似てたというのがあったけど、あれも犯人が絞られてた中だったんで
番組制作者がこっそり流したか、事前調査でわかってたと言われてますから。

透視ではなく霊視っていうのもある。
これも宜保さんをはじめ、いろんな人がいて、自分は録画しまくってたから
何年後かに結果を見たらまず当たってるのはないw
贔屓目に見て的中率は10~20%くらいでしょう。

面白いのは霊視される相手にB級、C級が多いということ。
たぶんA級の人は芸能サバイバルには確実に残るから、後々検証されると
当たり外れがはっきりするじゃないですか。
それがB、C級は数年後には消えていたり、半年後でさえわからなくなってる。
その程度のものですよ。

心霊写真や心霊動画に至ってはオワコンになりました。
それよりもいかにそういうものが作れるか、クリエーターの勝負になってて
でもそのほとんどがまだまだ下手くそなんだよなあw
(一部の霊能者は騙せたけどねw)

しかしネットにはかなりいろんな番組というか、特集があがってますよ。
テレビがコンプライアンスでいい加減になってる反面、こちらは玉石混交で
面白いものがけっこうあります。

怖い話というのは、ある意味有名になる近道かもしれない。
最近はもう一つ有名になれないお笑いタレントが続々参戦してます。
それでも地上波よりはマシだなあ。

アンビリも昔は心霊写真特集がよかったんだけどなあ・・・
とにかく透視なんてものはインチキ、予言もありえない、霊視もほぼ嘘!
そういう前提で楽しんで見てください。

taka1346yu at 23:57|Permalink

2017年01月22日

曇りなきまなこ

幽霊とかUFOとかでこんなことを言う人は多い。
「見たことがないんだから信じません」てやつ。

自分もそれは正しいと思う。
いや、そう思っていました、今回の話を聞くまでは。

それは何かといえば蒸気船で有名なペリーの来航がありますよね。
あんな大きな黒い船がやってきたのに見えない人がいたのだとか。
「おいおいそんな船どこにあるんだよ」「そんなもん見えね~」ってw

どういうことかといえば、人間は自分の脳内で整理できない未知のものを
見ると、現物がそこにあっても見えないのだという。
わかりやすく言うと、江戸時代にタイムスリップしてそこでスマホを見せた
としても見えない人がいるということ。

だからUFOは飛びまくってるっていう話もあるんですよ。
現代の我々の常識が邪魔をして見えなくしているという説もあり、それが
あるとき新常識が受け入れられたとたん目の前に現れるなんてことも・・・

夢もあるけどなんだか怖い。
でも生きてるうちに不可能だったことが可能になっていくのもロマンがある
し、そういうのを見てみたい気がする。

オーラが見える人がいるとかいますよね。
ひょっとすると本来は見えるもので、見えない方がおかしいのかも?
ま、そこまではよくわかりませんが、少しでも常識というフィルターに捉わ
れ、真実が見えないっていうのも損した感じでしょう。

もののけ姫の中でアシタカがこう言います。
「曇りなき眼で見定め、決める」
自分の目ははたして!
 

taka1346yu at 23:58|Permalink

2016年04月05日

オカルトか?本当か?

気になるネットニュースがたくさんあるんだけど、あまり表沙汰に
ならないんで忸怩たる思いがあります。
ただしとんでも?マジ?嘘でしょ~といろいろw

ここ最近見つけたオイラの気になってるニュースを紹介します。
まず一つ目はポールシフトが進んでるという話。
ポールシフトとは地軸のことです。
以前のとんでも話ではこれが90度変わるといわれていました。 

もしそうなれば地球の磁場、天候は大変動を起こし、たいへんなこと
になるのは明白なんですが、これが2016年の6月~8月に起こり、地球
上の70%の生物が死ぬのだとか・・・
地球の磁極が反転する「ポールシフト」が迫っている可能性(NASA)
カラパイア

にわかには信じられないけど、実際 少しずつ動いているのだという。
その影響がここ数年増えてる地震や火山の噴火など。
2013年に入ってからのわずか半年間で地球の地軸が250km以上も動いた

こういう話はちょくちょくあり、先日も大地震が起きるという予言が
ネット上にありました。
こちらについてはノストラダムスで懲りてるんで相手にしたくもない
話だけど、NASAが絡むとちょっとは信憑性が増すかな。

でもNASAといえば地底人の話もあるからなあw
 NASA 地底人でググるとかなり出てくるけど、なぜこれがとんでも
情報に入りそうで一線を画してるのかといえば、ロシアに亡命した
元CIA職員スノーデン氏の暴露にあるんですよねw
5/30の深発地震は地底人のしわざ? スノーデン氏が地底人の存在をリーク
こちらは1年前の記事になるけど。

オイラも眉唾で読んでたのに、なぜ今になって電波をキャッチなんて?
また最近は矢追さんが地上波には出てこないんで、ほとんどの人がUFO
を忘れてると思うけど、スマホ時代になってからかなり撮られてます。
NASAも宇宙人に関する情報をかなり出してます。
こちらもググるとかなりのものが出てきます。
 NASA、地底人の電波をキャッチ

 と、ここまでは恐怖あり、ロマンありの話なんだけど、現実の話で
いくつか紹介したいニュースもきました!!! 
ずっとやばいやばい言われてた中国が、ついに黄色から赤信号。
しかも日本以上にやばいと名指しされた国も!
 米有力紙誌が中国に“死刑”宣告 1~3年以内の債務危機確率1位

 驚きなのが、あおりを食う国の順序で中国、オーストラリア、スウェーデン、
香港、韓国、カナダ、ノルウェーとなってます。
ん~オーストラリアは確かに中国に傾倒してるとはいえ、スウェーデン
とノルウェーが意外ですね。こちらはもう少し調べてみたい。

また良いのか悪いのかよくわからないニュースが今日出てきました!
円高が進むと株が安くなりますよね。
ここ数日、これが加速してきたと思いません?
その原因とされてるニュースがやばい!

簡単にいうと、世界中の金持ちの隠し財産が暴露されつつあるんだって。
詳しくは自分も調査中なんだけど、ドイツの逆襲、EU崩壊っていう
ことがあちこちに書かれています。
 オフショア取引の闇を照らす「パナマ文書」の衝撃

この影響がどうなるのかが、まだ不透明ながらかなりのものになる可能性
が、ここ数日の円と相場の動きだと思います。
地上波ニュースは特に原因を言わず、とにかく安倍政権のせいにしたい
というのが見え見えですからw

知らない間にいろいろあるのが恐いなあ・・・
 信じるか、信じないかはあなた次第です!

taka1346yu at 23:23|Permalink

2011年12月02日

信じるか、信じないかは・・・

テレビはあまりにも不真面目、おふざけが過ぎるため微妙な話題のものは なかなか放映できなくなってきた。 その中の一つがオカルト関係で特にUFOはめっきり見なくなった。 そうなるとごくごく普通の人はUFOの存在はなくなった、もしくは目撃数が 減ったとい思うかもしれない。 しかし携帯の発達で実はたくさんの動画が録られている。 それ以上にスゴイのはNASAなど宇宙に関係する部門による惑星に生命体が いる可能性というのをかなり高く報じている。 日本ではニュースすら流さないけどNETでは続々あがっている。 よく為政者たちの頭の中が古いといわれるけど、一般の人たちも新しい事実や 事象、現象を何も考えずに否定する人は多い。 そういうのが震災でもそうだったけど、地震は起きない・火山の噴火はないな んて根拠もなく言う人に見られると思う。 科学は日々進歩し、今まで不透明だったものがかなり解明されてきた。 それでもUFO関係はまだまだ未知の世界、しかし証拠が増えていることを 知っておくべきだと思う。 これは何だ!? 多くの人が見守るなかウネウネと飛行を続ける「謎の発光体」 米オークランドで激写されまくった謎のUFO 撮影者はカメラ片手に追跡&ズームでドアップ撮影に成功!

taka1346yu at 23:23|Permalink

2006年06月04日

祭りの一日

44bfd294.jpg

今日は地元の祭り。
おいらは消防活動の一環で警備のボランティアに行きました。
機関員なので打ち上げ花火の火災予防。
タンク車とともにずっと見ていました。他の人たちに比べるとかなり楽な方です。

最後に菖蒲綱引きという名物の催し物が終われば終了。
山の方にいたので祭り自体がどうだったのかさっぱり。
聞けば年々人出が少なくなってきてるみたい。
イベントがあちこちでありますからねしょうがないかな。

来週は全国かくれんぼ大会。
晴天に恵まれるかなあとやや心配な梅雨の足音が聞こえそうな気配です。
(写真はタンク車、昨年新品で入りましたがぶつけた第一号はおいらでした^^;)



taka1346yu at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)